トップ > アジア > 中国 > 上海3特派員 > 【前編】上海四大寺院古刹"玉佛寺"

中国中国/上海3特派員ブログ

【前編】上海四大寺院古刹"玉佛寺"

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年9月30日

上海最大の
禅宗寺院であり、
清の光緒8年(1882年)に
創建された古刹


71DE53CB-8000-429A-994D-630990935CAA.jpeg


玉佛寺


普陀山の仏僧慧根が
インドでの修業から戻る際、
ミャンマーの玉仏2体を納めたのが
寺の起源とされている。


早速入口の
チケット売場にて
香花券購入


8F7EF2A9-0160-404F-9AC0-3BAF60B5AEDD.jpeg


20元(現金のみ)


入ってすぐ
玉佛寺全体図が
掲示されているので


3659D3BF-ECFC-48AF-B4F8-7015BF89373D.jpeg


忘れずにパシャり


2014年から5年計画の
改装工事を終えたばかりで
真新しく、
山門から奥に向かって順に、
天王殿、大雄宝殿、玉仏楼という
主要な建物が
並んで配置されている。


どのお寺でも
やはり圧巻なのが


FC9E08F8-84CA-4A6E-BBCD-BD9EA63F38E3.jpeg


大雄宝殿


主殿。
本尊の三尊仏が置かれ、
その両側に各10体の諸天が
並んでいる。
本尊の背後は
華厳経の故事を表現した
巨大な塑壁になっていて圧巻。


中国では
香炉にコインを投げて
入ると
いい事があるらしいので


F6CBBCC9-81B6-4C43-9554-622E2FA0D82E.jpeg


お試しあれ♡


大雄宝殿の
右後ろにあるのが、


E28D44EB-1544-4772-B484-D7C16C33D963.jpeg


臥仏殿


慧根が持ち帰った
2体の玉仏の一つ"臥仏"は
全長96㎝の
漢白玉石製の釈迦涅槃像。


仏像は勿論
回廊も美しく


D3D176E6-64F6-4E8C-8554-8B1DDF273D24.jpeg


見応えあり♡


更に奥へ進むと
今までの真新しい雰囲気と
ガラリと異なり、
改装前の
古びた趣を残す


48A8A3FF-0EC2-4D87-B18A-E02D4AA436F3.jpeg


焼香区域


ここに
玉佛寺の一番重要且つ
世にも稀な珍品が
祀られている


765CECFE-1147-4748-9CFA-AACC491D00F3.jpeg


玉佛殿


慧根が持ち帰った
もう一体"座像"、
高さ1.92mの玉仏坐像は、
中国最大の玉仏で
体に無数のメノウや翡翠石が飾られ
極めて珍しい。


その玉仏の前に
お供え用の油が1本30元で
販売されていて、
購入すると
係員が玉仏に油を注ぐだけで


35BCC4E1-5834-47AD-B283-B735919DFBBD.jpeg


徳とご利益が増大♡


徳を積むだけではなく
美貌や戒徳等
有りとあらゆる事が
増大するとのこと、
願いを込め1本購入。


境内を
じっくり参拝した後は
敷地内にある
精進料理に


96A9AB28-F115-443E-A83C-8D88760F614C.jpeg

舌鼓♡


レストランは次週
後編で。


「玉佛寺」
安远路170号
通常 8:00〜16:30

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

さくぞー

中国・上海3特派員のさくぞーが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/上海3特派員
名前:さくぞー

さくぞー

2006年12月より上海駐在中の主人の元へ、気付けば上海11年目。学生時代は休みの度にリュックと寝袋担いで世界を放浪、今まで行った国は20ヶ国。現在は有り余る時間を有意義に、上海中を徘徊しグルメ情報や日常生活を綴った“上海でなんとか生きてます”をアメーバブログにて執筆中。 DISQUS ID @disqus_qZ7N84k2Ja

上海3特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

シャンハイ(上海)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

上海3特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 上海3特派員 > 【前編】上海四大寺院古刹"玉佛寺"

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について