トップ > アジア > 中国 > 上海2特派員 > 北京編-レトロ北京な街並みを楽しむ胡洞散歩-

中国中国/上海2特派員ブログ

北京編-レトロ北京な街並みを楽しむ胡洞散歩-

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年11月19日

皆さん、こんにちは!
とても久しぶりの更新となってしまいましたが、ネタ自体は着々と蓄積してきているので、これから少しずつアップしていきたいと思います。


ところで、皆さんは「ビズケーション」なる言葉をご存知でしょうか?「ビズケーション(bizcation)」とは、「business」+「vacation」、要するに、出張にプラスαでするプライベート旅行ことなんだとか。
北京は以前にも来たことがあり、今回はそれほどこの「プラスα」を重視していたわけではなかったのですが、
朝起きて故宮を見に行ったら、この天気!

DSC01112.JPG

やっぱり、街歩きがしたくてうずうずしてくる!
そんなわけで、今回は趣向を変えて、出張にプラスαで訪れた北京の街並みをご紹介したいと思います。


北京には、昔の古い町並みが保存されている地区がいくつかあるのですが、今回、主に訪れたのは、南鑼鼓巷(ナンルォグーシャン)。ここは、故宮からもほど近く、地下鉄の駅からも近くて便利。
地下鉄と言えば、北京の地下鉄の路線図は、上海と違って、碁盤の目のような整然たる配置。
これこそ、かつての都の証ですね(もちろん今も首都ですが...)。


そして、この碁盤の目を構成する縦・横の細い路地が胡洞(フートン)。
北京に8年住んでいた姉に、「胡洞歩きにどこがおすすめか」と尋ねたら、「南鑼鼓巷」との答えだったので、ここを選択したものの、実際にメインストリートを歩いてみると―

DSC01067.JPG

このスターバックスはレトロでかわいいんだけど、
...うーん、なんだか、全体的に、いかにも観光客向けのお店ばかりだし、週末だからか、日本でいうと竹下通りみたいに人でごった返しているし、私はあんまり好きじゃないなぁ...
なんてちょっとがっかりしていたのですが、一歩通りを入ると、それまでの喧騒がウソのように、

DSC01058.JPG

DSC01077.JPG

街並みも生活も、昔のままのような別世界が広がっていました。
この灰色のレンガと、赤い門扉とのコントラストが、オールド北京の建物の特徴。


ちなみに、上海にも、レンガ造りの建物が多いですが、こんな感じで

IMG_0792.JPG

赤いレンガが多いんです。


さて、胡洞の伝統的な建物の構造は、「四合院」といって、中庭を囲んだ「ロの字」型になっているそう。
偶然見つけたこちらのお店に

DSC01063.JPG

「お客さんがいる気配がないけど、営業中かしら?」と恐る恐る足を踏み入れ、

DSC01062.JPG


お茶を頂きます。


DSC01071.JPG


四合院の「ロの字」のつくりは、必然的に、静かな時間を守ってくれるみたいです。


DSC01068.JPG


上海とは違った良さのある北京。機会があれば、またゆっくり散策を楽しみたいと思います。


DSC01081.JPG


☆本文で紹介したお店は、「誰家院」というレストランで、地下鉄「南鑼鼓巷」駅で降りてすぐの通りを北上。左手にある蓑衣胡洞にあります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Tae Motohashi

中国・上海2特派員のTae Motohashiが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/上海2特派員
名前:Tae Motohashi

Tae Motohashi

上海2特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

シャンハイ(上海)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

上海2特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 上海2特派員 > 北京編-レトロ北京な街並みを楽しむ胡洞散歩-

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について