トップ > アジア > 中国 > 上海2特派員 > 上海カフェ案内その1-パンがしっかりおいしいカフェ「聚福」―

中国中国/上海2特派員ブログ

上海カフェ案内その1-パンがしっかりおいしいカフェ「聚福」―

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2016年10月 1日

みなさん、こんにちは。


ここ、上海でも、星巴克(スターバックス)やイギリス発祥のCosta Coffeeといったカフェチェーン店が大人気。

特に、大型のショッピングモールにある店舗はものすごい人で、週末のお昼から夕方の時間帯にかけては、
ゆっくりおしゃべりを楽しんだり、読書に没頭したりするどころか、席の確保すら困難な状態です。
また、こちらでは、お客さんたちは、マグカップやお皿を返却せずに、そのまま放置して帰るのが基本ですので、テーブルがしばらく汚れていたりすることも...


でも、上海も空前のカフェブーム。
チェーン店以外にも、まるで雨後の筍のように、次々とカフェがオープンしては、いくつかのお店はいつの間にか消えている、という激しい競争の中にあるためか、上海のカフェのレベルもなかなかのものだと思います。


そこで、このブログでは、不定期に、筆者が実際に行ってみて、おすすめできるカフェをご紹介していきたいと思います。


今日ご案内するのは、地下鉄7号線、9号線の肇嘉浜路駅から歩いて数分の距離にある、こちら、「聚福」(ジューフゥ)。


2-1.JPG


この辺りは、大使館も多く、欧米人が多いエリアです。土曜日の朝ながら、小さい店内は、ほとんど満席。
(この後も入れ替わりでお客さんがやってきました。)


2-2.JPG


ここは、焼き立てパンが自慢です。パンの種類が変わることがありますが、クロワッサンは定番。


2-3.JPG


筆者は、ライ麦のクロワッサンと、紅茶をオーダーして、43元(執筆時のレートで約645円)でした。


2-4.JPG


ちょっとシノワズリなコースターもかわいいです。


2-5.JPG


ライ麦のクロワッサン、筆者は初めて食べましたが、ライ麦の素朴な力強さの中にも、バターの甘みがしっかりあって、これはおいしい!

...と、朝から幸せ気分に浸っていたら、足元のあたりが何だか、モサモサするので、何かと思いきや、犯人はこの子。


2-6.JPG


ポメラニアン君が、私の足元を行ったり来たりしていたのでした。
わんこも入店OKみたいですね。


筆者のおすすめは、開店一番(平日は8時、土日は9時オープン)の焼き立てパンですが、スイーツもありますよ。


2-7.JPG


パンがしっかりおいしいカフェでの朝ご飯なら、気持ちよく1日をスタートできそうですね。
もちろん、持ち帰りもできます。
英語も通じますし、パンなら指さしでもOKですよ!


☆アドレス:烏魯木斉南路394号
☆行き方:7号線、9号線の肇嘉浜路駅下車。2号出口を出たら、正面の大通り(肇嘉浜路)の横断歩道を渡り、烏魯木斉南路に入り、左手2件目。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Tae Motohashi

中国・上海2特派員のTae Motohashiが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/上海2特派員
名前:Tae Motohashi

Tae Motohashi

上海2特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

シャンハイ(上海)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

上海2特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 上海2特派員 > 上海カフェ案内その1-パンがしっかりおいしいカフェ「聚福」―

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について