トップ > アジア > 中国 > 上海特派員 > 【上海グルメ】上海料理ってどんなもの!?夜上海at新天地

中国中国/上海特派員ブログ

【上海グルメ】上海料理ってどんなもの!?夜上海at新天地

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2017年3月30日

初次 见面!皆様はじめまして!
この度、上海特派員として活動することになりました平井裕菜です。
2016年11月末に夫の住む上海にて、中国生活をスタートさせました。
「美味しいものには目がない!」そんな性格を活かして、
上海のグルメ情報を中心に更新したいと思います。皆様どうぞよろしくお願い致します。


記念すべき最初のブログは、お気に入りの上海料理レストラン【夜上海】について綴ります。


YeShanghai_01.jpg


上海観光で欠かせないグルメ観光地、新天地。そこの一角に位置するのが【夜上海】です。
ランチタイムはお得なセットで点心を楽しむことができ、
ディナータイムの店内は落ち着いた雰囲気で、少し高級感が漂います。
土地柄外国人客も多いからか、メニューは中国語の他、英語表記があるのが嬉しいところ。


中華料理は地域ごとに味付けが全く異なることで有名ですが、中でも割と甘口なのが上海料理です。
今回は私のお気に入り上海料理をご紹介します!

<生煎包(シェンジャンバオ)>
28元/約500円(2017年3月現在)

YeShanghai_02.jpg


底の部分のカリッとした食感と、もちっとした生地のコントラストが楽しめる焼小龍包。
中にはアツアツの肉汁がたっぷり入っているので、やけどに要注意!


<蟹粉麻婆豆腐(シエフンマーポードウフ)>

YeShanghai_03.jpg


上海蟹が有名なのはご存知の方も多いと思いますが、蟹を使った麻婆豆腐です。
四川料理のしびれる辛さはないので、辛いのが苦手な方にもおすすめの一品です。


上海料理ではなく、厳密には四川料理の分類にあたりますが、甘辛料理のおすすめもご紹介致します。


<糖醋小排(タンツーリージ)>
45元/約720円(2017年3月現在)

YeShanghai_04.jpg


メニュー表記は糖醋排骨(タンツーパイグー)と表記されている甘辛ソースの骨付きスペアリブ。
一口サイズで食べやすく、ついつい箸が進む一品です。
冷菜としてお食事の最初の方にサーブされるため、お腹が空いているときにこの味はたまりません...!


他にも毎回必ず注文するのが、きくらげの前菜や、胡瓜のにんにく和えなど。
【夜上海】は何を食べても外れがないとは思っていますが、
冒険はせずついつい好きなメニューをリピートしてしまいます。


ちなみにこちらのレストラン、冒頭に「高級感漂う」と記載しましたが、お値段は割とお手頃なんです!
(お酒を飲まない方は一人当たり3,000円にいかないことも...?)
場所、雰囲気、味どれをとってもバランスが良いのにお財布に優しいなんて...
と上海に引っ越してきた当初驚きました。


上海にお越しの際は是非上海料理を召し上がってみて下さいね!


【夜上海】
住所: 新天地北里黄陂南路338号
TEL:+86-21-63112323
最寄駅:黄陂南路(地下鉄1号線)/新天地(地下鉄10&13号線)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Michelle

中国・上海特派員のMichelleが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/上海特派員
名前:Michelle

Michelle

食空間デザイナー/モダンカリグラファー/トラベルライター2016年11月から上海移住。幼少期のNY生活をきっかけに、45ヶ国150都市以上を訪れ、複数媒体で執筆中。趣味のグルメとホテル巡りを中心に、上海情報をお届けします。
Instagram/Blog/HP

上海特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

シャンハイ(上海)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

上海特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 上海特派員 > 【上海グルメ】上海料理ってどんなもの!?夜上海at新天地

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について