トップ > アジア > 韓国 > ソウル3特派員 > 2019年2月24日までの江華島ワカサギと鱒祭り

韓国韓国/ソウル3特派員ブログ

2019年2月24日までの江華島ワカサギと鱒祭り

カテゴリー: 投稿日:2019年1月 4日

http://www.kampoo.com/jp/guide/gyj/index.html のカンヨンジュンです^^

今年の1月26日まで,江原道(カンウォンド)の仁済(インジェ)大橋一帯で第16回仁済(インジェ)氷河祭りが開かれる。 祭りの期間以後も2月9日までは,ワカサギ釣りをはじめ,祭りの期間中に行われた体験イベントが楽しめる。 子供から年配の人まで皆,楽しいワカサギ祭りで冬の風に吹かれようと旅立とう。
どこか冬が寒いだけだろうか。 手も冷たく足も凍るし,時には心も冷めるこの冬を熱く暖めてくれるお祭りがあるのに! いつのまにか"冬の祭り三銃士"として定着した仁済ワカサギ。華川(ファチョン)のヤマメ,平倉(ピョンチャン)のマス祭りがその主人公だ。 寒さぐらいは同じ部屋に飛ばしてくれる楽しい冬の魚祭り"三銃士",今ではあまりにも有名になり,平日にも祭り場を訪れた人々でいっぱいだ。 短くは9日から長くて30日以上行われる魚祭りだけでも,子どもの冬休みは怖くない。 それだけではない。 "特別なイベント"を望む恋人たちのデートコースとしても遜色がない。 冬になると新しく輝く江原道の力を追って出発!
好きな場所に席を取るためには,直接氷を空けなければならない。 もちろん,電気ドリルで穴を開ける祭り関係者がいるので,それほど心配する必要はない。 席を取って,椅子をおいて氷の穴に釣り竿を持っていけば,"強太公"に変身!しかし,ここのオカサギ取りがそれほど甘くはない。 初めは余裕を持って椅子に座るが,何の応答もない氷河を探してますます氷上に近づく。
水下に魚の動きを確認するために氷の穴にぴったり張り付いているのだ。 頭から足の先まで完全武装は基本,スキー服のような防水衣類を着こなした彼らは氷上の上に横たわってワカサギ釣りを楽しむ。 風除けが必要なら,テント洞で釣りを楽しむことができる。 ただ,いくら寒くても暖房器具を凍ったまま持っていけば危険だ。 会場の随所に"氷上の炊事禁止"という案内板が貼られている。 釣り旅の醍醐味であるラーメンは欠かせないが,氷上では我慢しなければならない。
おなかすいた場合,カップラーメンのようなおやつから食事と氷料理が味わえるお祭り内の飲食店を利用しても良い。 今年で16回を迎える麟蹄(インジェ)ビンガー祭りの期間は1月26日まで。 ここで終わりではない。 今年の2月24日までは常設運営期間として氷釣りと冬の遊び体験を楽しむことができる。 入場料も別になく,ひとまず負担は少ない。 5000ウォンさえ払えば一日中氷自転車に乗れるため,自宅で簡易椅子と肩を並べるが,準備すればお金の心配なく楽しい冬祭りが楽しめる。 正月の連休に"遊びに行こう"とねだる子ども達の手を取り合って,忘れられない思い出を作るのはどうだろうか。

naver_com_20190104_160955.jpg

naver_com_20190104_161105.jpg

naver_com_20190104_161126.jpg

naver_com_20190104_161200.jpg

naver_com_20190104_161239.jpg

naver_com_20190104_161303.jpg

naver_com_20190104_161359.jpg

naver_com_20190104_161428.jpg

naver_com_20190104_161503.jpg

naver_com_20190104_161523.jpg

naver_com_20190104_161544.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

カン・ヨンジュン

韓国・ソウル3特派員のカン・ヨンジュンが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

韓国韓国/ソウル3特派員
名前:カン・ヨンジュン

カン・ヨンジュン

こんにちは。カンヨンジュンです。私は韓国ソウル出身で軍除隊後、日本に渡り東京で在住しまして東京モード学園を卒業しました。アパレル会社で勤めてから韓国に戻って来ました。日本で12年在住し、私の20代の思い出は日本です。誰もが同じように海外旅行が好きで, 現地ガイドの仕事に憧れました。いつも頭の上にアンテナを立てて新しい所を探すのが趣味です。韓国に帰って日本人観光客のソウル現地ガイドの仕事をしています。母国で日本の皆さんに楽しい思い出を持って帰ることができるように最善を尽くしています。どこにも載ってないソウルのローカル場所をご紹介したいと思います。現地人になった気持ちを感じさせてあげるために努力します。女性お一人様でいらっしゃってもご安心できるように力になります。多くの名所や食べ物を一番最新ニュースとして提供させていただきますのでお楽しみにして下さい。 DISQUS ID @disqus_0mFUA3Zzv7

ソウル3特派員トップにもどる

その他の韓国の特派員

ソウルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソウル3特派員トップにもどる

トップ > アジア > 韓国 > ソウル3特派員 > 2019年2月24日までの江華島ワカサギと鱒祭り

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について