トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > コロナ禍の中でも立ち寄りたくなるカフェ~感性コーヒー

韓国韓国/ソウル特派員ブログ

コロナ禍の中でも立ち寄りたくなるカフェ~感性コーヒー

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年1月 3日

明けまして、おめでとうございます。
旧暦でお正月を迎える韓国では、2021年も1月1日の祝日から土日をかけた3連休でしたが今週から通常通りの生活です。


昨年から丸1年、韓国でもコロナ禍一色の1年で、現在も1日1000人以上の新規感染者が発生するなか、今月17日までは5人以上の集まりは禁止、百貨店やマート、映画館などの営業時間は21時まで。ジムやカラオケなどは営業中断、飲食店は21時以降はデリバリーのみ可能、カフェはテイクアウトとデリバリーのみ可能という状況が続いています。


カフェでお茶が飲めない状況ですが、テイクアウトでも立ち寄りたくなるカフェを紹介したいと思います。


その名も「感性コーヒー」! 現在全国で200店舗以上展開しているチェーン店です。
韓国にはいろんなカフェチェーン店がありますが、ここはコーヒーがすごくおいしいです!
そのうえ、コーヒーに特化してるお店だからコーヒー以外のメニューは少ないかと思いきや、さっぱり系からデザートに近いドリンクまでメニューもかなり豊富です。

バリスタがブレンドしたオリジナルのアメリカーノだけでも10種類が揃っており、一つひとつに名前がついていて、その中の6種類にはピノキオやシンデレラなど、童話の主人公にちなんだ名前がつけられています。

感性コーヒー5.jpg

感性コーヒー2.jpg
白を基調とした赤いレトロでモダンなハングル文字の看板が目印。

感性コーヒー.jpg
「こないだの夜思い出して、また寄ってみた」
ふと思い出してまた飲みたくなるようなカフェが、コンセプトのようです。


感性コーヒー3.jpg
またここには、レトロなパッケージのオリジナルのお菓子やミルクコーヒー、キャラメルなども売っており、ついつい手にしてしまいます。


ワッフルやマカロン、ジェラートなども手頃な値段で食べれるのもうれしいです。

感性コーヒー1.jpg
300ウォンプラスすると、この缶の容器に入れてくれます。


カップホルダーも昼間は白、夜は黒のカップホルダーで出してくれるセンスも気に入っています。


早く新型コロナが終息して、早く自由に日韓を行き来できるようになって、今年はたくさんの人がソウルを堪能できるようになりますように祈っています。


2021年も、よろしくお願いいたします!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員の中嶋 一恵が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

韓国韓国/ソウル特派員
名前:中嶋 一恵

中嶋 一恵

1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

ソウル特派員トップにもどる

その他の韓国の特派員

ソウルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソウル特派員トップにもどる

トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > コロナ禍の中でも立ち寄りたくなるカフェ~感性コーヒー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について