トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 新型コロナウイルス感染症に関する韓国の状況

韓国韓国/ソウル特派員ブログ

新型コロナウイルス感染症に関する韓国の状況

カテゴリー:治安・渡航安全情報 投稿日:2020年3月19日

中国武漢から発生した新型コロナウイルス感染症が、現在世界的に大流行しています。


日本同様、韓国も隣国中国との交流が盛んなこともあり、韓国で最初の感染者が2020年1月20日に確認され(中国人女性)、次いで24日に武漢に渡航した韓国人男性の感染者が確認されました。約1ヵ月ほどは大きな変化はなかったものの、2月18日に見つかった31番目の感染者が参加した大邱での礼拝参加者を中心に1日で最大700名の感染者が確認され、緊急事態となりました。感染拡大を防止するために、韓国内では3月2日から始まる予定だった小中高大学の新学期開始延期をはじめ、幼稚園の休園や集会や日曜の礼拝が自粛されました。4月15日には国会議員選挙が行われますが、その選挙運動も電話やSNSなどを中心に行われているようです。


海外からの入国規制については、2月4日に中国を中心とした外国人入国制限措置が出されたあと、3月9日には追加で日本を中心とした外国人入国制限措置が出され、WHOによりパンデミック宣言がなされてからは規制国家がさらに追加され、3月18日付で95の国と地域に入国禁止措置が取られています。
*日本の出入国に関しては、別途にご紹介します。

保健福祉部による2020年3月19日0時の時点の韓国国内の感染者は、8565名(そのうち、大邱での感染者は6241名、ソウルは282名)で、死亡者は91名、隔離中が6527名、隔離解除が1947名となっています。

新しく、大邱の医療機関を中心に100名を超える感染者が確認されていたり、外国からの帰国者による感染者が確認されているので、まだまだ油断できない状況です。


〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
海外に渡航する場合は、渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか必ずご確認ください。状況、環境は日々変化しますので予告なしに入国制限などが実施されることも予想されます。最新情報、情報の詳細は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。

外務省海外安全ホームページ

厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員の中嶋 一恵が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

韓国韓国/ソウル特派員
名前:中嶋 一恵

中嶋 一恵

1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

ソウル特派員トップにもどる

その他の韓国の特派員

ソウルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソウル特派員トップにもどる

トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 新型コロナウイルス感染症に関する韓国の状況

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について