トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 2020年4月1日から全入国者に2週間の自己隔離を義務づけ

韓国韓国/ソウル特派員ブログ

2020年4月1日から全入国者に2週間の自己隔離を義務づけ

カテゴリー:治安・渡航安全情報 投稿日:2020年3月30日

ついに本日、不要不急の入国を遮断するために2020年4月1日0時から出発地や国籍、また長期・短期滞在に問わず、すべての入国者に対し2週間の自己隔離を義務づけるとの発表がありました。
新型コロナウイルスの新規感染者の40%が海外からの入国者であることによる措置のようです。


韓国内に住居地がなく自己隔離ができない入国者に対しては、政府または地方自治団体が提供する施設で生活することになります。
自己隔離の費用については各自が負担することになり、利用施設費など1日に約10万ウォン、14日間だと140万ウォンほどが請求されるようです。
(ただし、公益または国益への損害を最小化するために、重要な経済活動や、医学など学術的または人道的用務を行う場合は例外)


韓国国内でも食料などの買い物や必要以外の外出を避けることはもちろん、特に4月5日までは人との距離を2m以上とるようになっており、集団感染リスクの高い宗教関連施設をはじめ、ジムなどの室内スポーツ施設や娯楽施設などの営業が中断されています。どうしても運営しなければならない場合は施設業種別遵守事項を徹底的に順守しなければならず、これが守られずに感染者が発生した場合は、法的措置が取られるため、ほぼ営業を中断しています。


延期になっていて4月6日からスタートすることになっていた小中高大学の新学期も、今日明日の発表でさらに延期になる可能性があるようです。
いつ始まるかわからない新学期、2020年の今年は夏休みはなくなるかもしれません。


〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
海外に渡航する場合は、渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか必ずご確認ください。状況、環境は日々変化しますので予告なしに入国制限などが実施されることも予想されます。最新情報、情報の詳細は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。

外務省海外安全ホームページ

厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員の中嶋 一恵が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

韓国韓国/ソウル特派員
名前:中嶋 一恵

中嶋 一恵

1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

ソウル特派員トップにもどる

その他の韓国の特派員

ソウルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソウル特派員トップにもどる

トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 2020年4月1日から全入国者に2週間の自己隔離を義務づけ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について