トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 慶尚南道密陽市への旅-観光編

韓国韓国/ソウル特派員ブログ

慶尚南道密陽市への旅-観光編

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年5月10日

今回、密陽の旅で楽しみにしていた場所が【位良地(ウィヤンモッ)】です。


韓国ドラマ【麗~花萌ゆる8人の 皇子たち~】で、ドラマの最初に表示される年齢指定画面の背景や、
7話の最初でヘ・スが女官になりワン・ソに、宮中がどんなところなのか尋ねているシーンで出てくる
ロケ地の池が、位良地です。(ここは宮中の設定として出てきます)


劇中でも大きな樹木に白い花が咲いていますが、この花はモクセイ科のヒトツバタゴの花で、
4月後半から5月の初めがちょうど開花時期ということもあり、密陽のあちらこちらでもヒトツバタゴが
咲いているのがとても印象的でした。


位良地に到着し、まずは位良地を一周しながら池の景色を堪能することに。


ここは別名【ヒトツバタゴの森】と呼ばれているようで、
2016年に美しい森全国大会で優秀賞を受賞している場所です。


위양못6.jpg

位良地の「位良」とは良民(民)を意味し、陽良池とも呼ばれていて、
統一新羅時代から高麗時代(約700年~1300年)の間にできたと言われています。

昔は周囲が2㎞ほどの大きな貯水池だったようですが、
どんどん小さくなり、現在は166mの大きさです。


この池には【宛在亭】というこじんまりとした韓国伝統家屋があり、
池のどこからでも池との調和した景色を楽しめますが、

위양못5.jpg
やはり一番美しいのは、まさにここからの景色です。
フォトスポットもつくられているので、すぐに見つけることができます。

위양못1.jpg
宛在亭の入口にある橋を渡り宛在亭の中に。


위양못4.jpg

宛在亭は、李氏王朝14代王の時代の武士鶴山・権三変(1577~1645)が10年の捕虜生活後、
東屋を建てて暮らしたいと思っていたこの地に戻り、東屋の名前と詩文まで考えていたそうですが、
それを果たせぬまま死を迎え、その後に彼の子孫が1900年に完成させた東屋です。

위양못2.jpg

宛在亭の目の前にあるこの門は、ドラマ「麗~」の劇中で、ヘ・スとワン・ソがこの門を入り、
「宮中は誰も信じられない孤独なところだ」というワン・ソに対して、
ヘ・スが宮中で「私は一人じゃないから大丈夫です。あなたがいるでしょう」と
話しをしていた場所です。


実際、この門から見る景色は、、、

위양못3.jpg
やはり素敵でした!!


最後に、密陽の旅のアドバイスとして、
密陽アリラン大祭り(今年は5月16~19日)が開催される5月頃がおすすめです。


【位良地】
住所:慶尚南道密陽市赴北面位良里
アクセス:密陽市外バスターミナルから【4大項3】バスに乗車後、【位良停留所】で下車し徒歩7分
観覧料:無料

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員の中嶋 一恵が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

韓国韓国/ソウル特派員
名前:中嶋 一恵

中嶋 一恵

1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

ソウル特派員トップにもどる

その他の韓国の特派員

ソウルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソウル特派員トップにもどる

トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 慶尚南道密陽市への旅-観光編

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について