トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 今月のお題『旬の野菜』

韓国韓国/ソウル特派員ブログ

今月のお題『旬の野菜』

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 投稿日:2016年4月14日

韓国にも、春になると春を感じさせる野菜が店に並ぶようになります。
その中の一つが、ナズナです。
日本では春の七草のひとつでもありますが、
私は日本では食べたことがなかったので、
こちらにきてその美味しさを知った野菜の一つです。


薬草と言われるだけあり、期待される効能もたくさんあるようです。


韓国では、テンジャンチゲやナムルとしてよく食べられます。


料理する前にナズナさえきれいに洗えば、
作り方も、それほど難しくありません。


それでは、その作り方をお伝えしたいと思います。


ナズナテンジャンクッの作り方
냉이된장국1.jpg
材料:ナズナ、お米のとぎ汁、煮干し、味噌、ネギ、ニンニク


1.ナズナをきれいに洗います。(以外とおいしく食べるポイントです)
2.鍋に入れたお米のとぎ汁(3回目ぐらいの米のとぎ汁)を火にかけ、煮干しを入れます 。(油をひかずにフライパンで少し炒めてからミキサーで粉にして入れると、そのままカルシウムも摂取できます)
3. そこに、味噌を入れます。
4.ナズナを食べやすく切って、入れます。(多めでも大丈夫です)
5.ネギを刻んで入れます。
6.みじん切りにしたニンニクを入れて、10分ほど火を通せば出来上がり。
7.一度火を切って、食べる前に温めて食べるとより美味しいらしいです。


ナズナナムルの作り方
냉이무침.jpg
材料:ナズナ、塩少々、味噌、一味唐辛子、おろしニンニク、エゴマ油(またはゴマ油)


1.沸騰したお湯の中に塩を少し入れ、きれいに洗ったナズナを茹でます。
2.1分30秒ぐらい茹でたら、冷水で洗います。
3.冷水で洗った後は、しぼって水気を切ります。
4.味噌1スプーン、一味唐辛子適量、おろしニンニク1/2スプーン、エゴマ油(ゴマ油)1スプーンを混ぜ、水気を切ったナズナにまんべんなく混ぜあわせたら出来上がり。


味はお好みで調節すれば、オッケー!


どうぞ一度、お試しあれ~~!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員の中嶋 一恵が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

韓国韓国/ソウル特派員
名前:中嶋 一恵

中嶋 一恵

1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

ソウル特派員トップにもどる

その他の韓国の特派員

ソウルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソウル特派員トップにもどる

トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 今月のお題『旬の野菜』

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について