トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 韓国の「ペット事情」

韓国韓国/ソウル特派員ブログ

韓国の「ペット事情」

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2010年9月11日

韓国では雨の多い日が続いています。
今月のお題である「韓国のペット事情」をお伝えしてみたいと思います。


2000年ぐらいから韓国でも犬を飼う人が多くなってきたと思います。それまでは'犬を飼う=滋養のために、または丑の日に食べるため'というような感覚もなきにしもあらずだったのですが、次第にペットとして犬を飼う人が増えてきました。しかし、ペットを飼う人が急増するにつれて、簡単に愛犬を捨てる人が増えてきている問題もあるようです。。。


その他よく飼われている動物としては、「ハムスター」とか「ウサギ」、「ハリネズミ」、「カメ」、「魚類」とかでしょうか。韓国にはアパート(マンション)が多いので、基本的には公共住宅でも飼えるような動物で飼い易いものがよく飼われており、大型スーパーでも販売されているので手軽に購入することができます。
ちなみに、うちにもせがまれて買った「ハムスター」に「ヤドカリ」、「グッピー」を飼っています^^

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員の中嶋 一恵が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

韓国韓国/ソウル特派員
名前:中嶋 一恵

中嶋 一恵

1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

ソウル特派員トップにもどる

その他の韓国の特派員

ソウルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソウル特派員トップにもどる

トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 韓国の「ペット事情」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について