トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 韓国の住宅事情

韓国韓国/ソウル特派員ブログ

韓国の住宅事情

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2010年3月14日

3月のお題でもあります『韓国の住宅事情』について、お伝えしたいと思います。

まず、韓国に家のタイプですが、最近一番多いのが
‘アパート’と呼ばれる15階前後の高層マンションで、
現在もたくさん建設されています。
(韓国にいらっしゃった方は、空港からソウルに向かう道でよくみかけられたと思います)


住宅を利用するには、購入する場合と賃貸する方法がありますが、
賃貸の場合、『チョンセ』と呼ばれる契約時にまとまった保証金(チョンセ)を払い
家主と契約期間を定めて契約が切れる時に全額返金してもらえる制度と、
『ウォルセ』と呼ばれる日本でいう月々の家賃制度があります。

ウォルセだけというところは少なく、やはり一定の保証金を払ってから月々の家賃を払うということが多いです。

以前銀行の金利が高かった時代はチョンセだけというところがかなり多かったのですが、
銀行の金利が低くなるにつれて、最近はチョンセ+ウォルセというところが
多くなってきています。

私も韓国に来てからチョンセという制度に感動して、これはいい制度だと思っていたのですが、
たまにその保証金を返してもらえないケースもたまにあり、
また韓国では不動産の高騰を狙う不動産投資を兼ねたマイホームを買うケースも多いので、
お金があれば韓国では家を買ったほうがいいのかなと思ってしまいます。

ソウル内でも場所によってかなり土地代、家賃などに差があり、
最近はソウルより緑が多くかつ出勤時間も1時間〜1時間半の
ソウル近郊にマイホーム(アパートが主流)を購入して生活する人が、
かなり多くなってきました。


日本と同じように、韓国でもマイホームの夢は大きいようです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員の中嶋 一恵が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

韓国韓国/ソウル特派員
名前:中嶋 一恵

中嶋 一恵

1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

ソウル特派員トップにもどる

その他の韓国の特派員

ソウルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソウル特派員トップにもどる

トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 韓国の住宅事情

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について