トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 景福宮の乾清宮、一般観覧開始!

韓国韓国/ソウル特派員ブログ

景福宮の乾清宮、一般観覧開始!

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2007年10月28日

건청궁-1.jpg景福宮の中に98年ぶりに乾清宮が再現され、一般公開されるようになりました。本来乾清宮は、1873年に王の肖像画を保管する目的で建てられたものを朝鮮王朝時代26代目の王である高宗とその后の明成皇后が住まいとして使っていた場所で、その後高宗は日本軍を避けてロシアに行き、またこの場所で明成皇后が殺害されてこの場所が空くようになると、旧日本軍により建物が崩壊されて朝鮮総督府の美術館が建てられていた場所です。特に韓国では、明成皇后の殺害された場所として有名で韓国で一番最初に電気が灯った場所でもあるのですが、2004年から3年をかけて復元され、ついに10月20日から一般公開となりました。中は、王の住まいであった長安堂や皇后の住まいの坤寧閤などの建物が並び、室内もその当時を思い出させる造りとなっています。<誰でも観覧は可能なのですが、景福宮ホームページ (http://www.royalpalace.go.kr/html/guide/guide21.jsp?dep1=1&dep2=2&seq=8)にログインしてからの予約が必要です(ハングルのみ)。あまり急に予約をすると観覧ができない場合があるので、事前に余裕を持って予約をしたほうがよさそうです。(希望観覧日の8日前から予約受付)건청궁231.jpg

アクセス:地下鉄3号線「景福宮」駅からすぐ、景福宮内

お問い合わせ:02-3700-3914(ハングルのみ)

休館:毎週火曜日

料金:2007年12月31日までは景福宮の入場料のみ(大人3000ウォン、学生1500ウォン)

*その後は特別観覧料5000ウォンが追加予定

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員の中嶋 一恵が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

韓国韓国/ソウル特派員
名前:中嶋 一恵

中嶋 一恵

1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

ソウル特派員トップにもどる

その他の韓国の特派員

ソウルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソウル特派員トップにもどる

トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 景福宮の乾清宮、一般観覧開始!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について