トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > チョガッポのある風景

韓国韓国/ソウル特派員ブログ

チョガッポのある風景

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2003年7月30日

暑中お見舞い申し上げます。
いよいよ夏本番。
梅雨がずいぶん長引きましたが、8月を目前に暑い、暑い。
街を歩く人たちも見るからに暑そうです。
韓国では真夏にサムゲタンで夏ばてをふせぎます。
サムゲタンを食べてさらに暑くほてりだしたカラダで街を歩いていると、なんとも涼しげな風景が目に入ってきました。
チョガッポのある風景っていいですね。
見た瞬間涼しい風が吹き抜けていくような清涼感です。

韓国語でチョガッポはチョガッは端切れ、ポは風呂敷の意味。
もともとは夏の衣類や布団などに使う麻布の切れ端をとっておいて、パッチワークしたものなのですが、
今では大変な高級品です。
おそらく窓を覆うくらいの大きさなら、
100万ウォン以上はするでしょう。
つなぎ合わせるときの針仕事の難しさで伝統を受け継ぐ人が減っているからでしょうか。
高級ブティックのインテリアになってしまい、
日常からは縁遠いものになってしまいました。

仁寺洞に行くと、質のいいチョガッポが売られています。
小さなもので10万ウォンくらいからあります。
2万ウオンくらいで手に入るランチョンマットをテーブルコーナーのようにして使うのもなかなかです。
格安で手に入れたい方は東大門市場の麻布売り場に行ってみましょう。
大小さまざまなチョガッポが売られています。
値段を交渉してまけてもらいましょう。
また、麻布の切れ端を安く売ってもらい、
自分でパッチワークするというのも手です。

2028.jpg

仁寺洞で見かけたチョガッポ
麻布の微妙な色彩の違いがなんとも風流

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田端 かや

韓国・旧ソウル特派員の田端 かやが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

韓国韓国/旧ソウル特派員
名前:田端 かや

田端 かや

1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

ソウル特派員トップにもどる

その他の韓国の特派員

ソウルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソウル特派員トップにもどる

トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > チョガッポのある風景

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について