トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 韓国の政治大変革「落選運動」の発祥カフェ

韓国韓国/ソウル特派員ブログ

韓国の政治大変革「落選運動」の発祥カフェ

カテゴリー:通信・携帯・インターネット 投稿日:2000年2月16日

 今韓国では久しぶりに、政治のことで国中が沸きかえっている。金大中氏が大統領選を戦っていた頃以来の高潮した雰囲気。4月の選挙を前にその勢いは休まる気配がない。何といっても話題の中心は「落薦・落選運動」
 日本でも議員になってほしくない人に一票入れる「ネガティブ票制度」を導入したらという声を聞いたことがあるが、そんな消極的なもんじゃない。韓国450もの市民団体が集まって、「2000年 総選挙市民連帯」という市民の議員監視組織を作り、議員不適格者名簿を発表、各政党に候補者として公認しないよう呼びかけたのだ。
 現職議員や連続当選ベテラン格議員、政党を代表する顔が並ぶこの名簿は、次のような基準で選ばれた。不正腐敗、選挙法違反、過去軍事クーデターや反人権的公安事件への直接関与、反民主主義・反憲法的な態度をとった者、地域対立感情を助長した者、職務怠慢な議員、改革的な法案に反対した者、兵役回避や財産の変動現況、公約実行有無など。
 この発表は一月下旬にテレビのすべての放送局で生中継された。国民はその朝、テレビにくぎ付け。「市民連帯」のメンバーが徹夜で議論し作成したという名簿を慎重に読み上げると、その姿にみんな感動、共感、カンパの嵐。すっかり国民的運動となったわけだ。
 この名簿によってすでに展開されている「落薦運動」は、別名イエローカードキャンペーンとも呼ばれ、旧正月を前にソウル駅前広場で帰省客相手に「無能な政治家を追放しよう」と呼びかけながら、不適格者の名前入り黄色いカードを渡したのだ。
 各政党の公認が終わった今、不適格と審判を下された議員名簿の半数が公認されたため、次なる運動を展開中。公認取り消しを求める一方で、公認されても落選させる、題して「落選運動ことレッドカードキャンペーン」だ。
 
 さて、この熱い盛り上がりを一目見たい人におすすめのカフェがある。「新しい政治文化元年」を叫ぶ、この運動の中心で動いているのが「参与連帯」という硬派市民グループ。その団体の入っているビルに「哲学マダン・けやき」という一風変わったカフェがある。店内は勉強会や討論会にも使えるようにと大きな長いテーブルがあったり、本があったり、自由に集うマダン(広場)風。最近では「落選運動」の展開について熱っぽく語り合うグループが多い。
 メニューの韓国の伝統茶や軽食はいずれも生協などを通して仕入れたこだわりの味。その辺の喫茶店ではここまできちんとしたものは出てこない。骨董品街・仁寺洞(インサドン)から近いので、買い物に疲れたら立ち寄ってみてはいかが?一人でふらりと入って、ご飯を食べたり、休んだり、手紙を書いたりするのに、ぴったりの場所です。

***「哲学マダン・けやき」***
行き方:地下鉄3号線安国駅下車一番出口すぐ右のビル2階
仁寺洞(インサドン)入り口からは道路を挟んで向かい側になるため、歩道橋を渡る
電話:02−720−1991


817.jpg

 「哲学マダン・けやき」の入り口風景
 右下に「レッドカードキャンペーン」のポスターが貼ってある

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田端 かや

韓国・旧ソウル特派員の田端 かやが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

韓国韓国/旧ソウル特派員
名前:田端 かや

田端 かや

1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

ソウル特派員トップにもどる

その他の韓国の特派員

ソウルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ソウル特派員トップにもどる

トップ > アジア > 韓国 > ソウル特派員 > 韓国の政治大変革「落選運動」の発祥カフェ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について