トップ > 北米 > アメリカ > シアトル特派員 > シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」⑤ドーナツ編その3(『Mighty-O』)

アメリカアメリカ/シアトル特派員ブログ

シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」⑤ドーナツ編その3(『Mighty-O』)

カテゴリー: 投稿日:2021年4月14日

001.jpg


日本からアメリカに来て半年弱が経ちましたが、「アメリカ暮らしあるある」で、徐々に体重が増えつつある今日この頃です。


好物のドーナツも控えないといけないと思う一方、シアトルには美味しいドーナツ屋さんが多いのが辛いような、嬉しいような・・・と言ったところです。


というわけで、今日も市内でお勧めのドーナツ『Mighty-O(マイティー・オー)』を紹介したいと思います!


2000年に創業した『Mighty-O』は、「サスティナビリティ(持続可能性)」を会社の柱のひとつにしており、原材料の仕入れ先も、環境や人々に配慮した持続可能な取り組みをしているか、オーガニックを実践しているかなどの基準を満たした企業だけを選ぶなど、こだわっています。


「理念は素晴らしいけど、味はイマイチ・・・」なんてこともなく、ドーナツのクオリティは一級で、自信を持って勧められます!


アメリカのドーナツは「とにかく甘さだけで勝負している」ようなものが少なくないのですが、『Mighty-O』のものはそうではありません。しっとりとした繊細な味で、周囲の在米日本人にも、私含め、このお店のファンが多いです。


サイズも丁度よく、ペロリと1個完食できると思います。


d1.jpg


colorful.jpg


ショーケースにはとりどりの商品が綺麗に並んでいます。
ラインナップは約30種類。


私はいつも、ウェブサイトでメニューをざっと確認してから店舗を訪れます。
そうしないと、迷ってなかなか決められません・・・。


ちなみに、人気商品のひとつは『フレンチ・トースト』だそうです。
メープルシロップ×スパイスを組み合わせたユニークな商品です。


しっかりとスパイスが効いてるので、チャイが好きな人は気に入ると思います!


french.jpg
▲フレンチ・トースト(French Toast)


ココナッツ好きの私は、チョコレートベースの生地にココナッツを組み合わせた「ドーナツ・キング」が一押しです。
これを食べると朝から気合いが入ります!


coconut.jpg
▲ドーナツ・キング(Donut King)


みなさんも、いろいろ食べて自分のお気に入りを見つけてみてください。
以上、「シアトルで朝ご飯を食べよう」⑤ドーナツ編その3、をお届けしました。
コーヒーとともに、スイーツで始まる朝を楽しんで下さい!


■Mighty-O (キャピトルヒル店)
・住所:  1400 12th Avenue, Seattle, WA
・営業時間: 月〜金 6:00~14:00、土日 7:00~15:00
・定休日: なし
・URL: https://www.mightyo.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大村 榛菜 さん

アメリカ・シアトル特派員の大村 榛菜 さんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/シアトル特派員
名前:大村 榛菜 さん

大村 榛菜 さん

1991年生まれ、大阪出身。現在は大学院を休学し、シアトルでフルタイムの勤務。旅好きが高じて、2018年から2019年にかけての1年間、アジア~ヨーロッパをバックパッカーとして周遊。香港とタイに在住経験あり。趣味は読書と執筆、ランニング。好きな作家は村上春樹。 DISQUS ID @disqus_x3NCuLDC9F

シアトル特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

シアトル(ワシントン)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シアトル特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > シアトル特派員 > シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」⑤ドーナツ編その3(『Mighty-O』)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について