トップ > 北米 > アメリカ > シアトル特派員 > シアトルの老舗カフェ『Cafe Allegro』

アメリカアメリカ/シアトル特派員ブログ

シアトルの老舗カフェ『Cafe Allegro』

カテゴリー: 投稿日:2021年3月28日

シアトルとコーヒーについてはこちら の記事でも触れましたが、今回はこの街のコーヒー文化と切り離せないお店『カフェ・アレグロ(Cafe Allegro)』について紹介したいと思います。


同店のオープンは1975年。シアトルで最古のエスプレッソ・バーです。


シアトル発の世界的コーヒーチェーン・スターバックスの元CEOであるハワード・シュルツ氏は、「カフェ・アレグロはのちのスターバックスの原型となった」と著書の中で語っており、いかに当地のコーヒー文化の発展において重要な役割を果たしてきたのかがよく分かります。


カフェ・アレグロは「ユニバーシティ・ディストリクト(University District)」と呼ばれる、ワシントン大学のすぐ近くにあるエリアに位置しています。


001.jpg


メインの通りから一歩入った路地裏にあるので、知ってないとなかなか見つけにくいお店です。
訪問するときは、うっかり通り過ぎてしまわないようにしましょう!


ビル自体は1909年に建てられたもので、店内の雰囲気がレトロでとてもいいです。
学生街にあるカフェなので、きっと幾世代もの若者たちがこのカフェで語らってきたんだろうな、と歴史を偲ばせます。


物価の高いシアトルですが、このお店ではドリップコーヒーが$2~(税込み$2.2)。
良心的な設定なのが嬉しいですね。


005.jpg


カウンターにはパン類も並んでいて、ついつい目が引き寄せられます。


003.jpg


アート作品の展示&販売もしています。


004.jpg


常連さんらしき人が次々に訪れては、店員とフレンドリーにおしゃべりしながら注文していきます。
コミュニティにとって欠かせない存在なんだろうな、というのが伝わってくる、素敵なお店です。


002.jpg


現在はコロナの影響で店内飲食に制限がありますが、2階に広々としたスペースがあるので、通常時はそこでくつろぐことができます。


シアトルでコーヒーと言えば「スターバックス」だと思いますが、そのスターバックスにも影響を与えたと言われているカフェ・アレグロ。
歴史を感じさせる佇まいがあり、穏やかなひと時が過ごせる空間でした。


■Cafe Allegro
・住所:  4214 University Way NE Seattle, WA
・営業時間: 月~金: 8時~17時 土:9時~17時
・定休日: 日
・URL: https://seattleallegro.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大村 榛菜 さん

アメリカ・シアトル特派員の大村 榛菜 さんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/シアトル特派員
名前:大村 榛菜 さん

大村 榛菜 さん

1991年生まれ、大阪出身。現在は大学院を休学し、シアトルでフルタイムの勤務。旅好きが高じて、2018年から2019年にかけての1年間、アジア~ヨーロッパをバックパッカーとして周遊。香港とタイに在住経験あり。趣味は読書と執筆、ランニング。好きな作家は村上春樹。 DISQUS ID @disqus_x3NCuLDC9F

シアトル特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

シアトル(ワシントン)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シアトル特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > シアトル特派員 > シアトルの老舗カフェ『Cafe Allegro』

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について