トップ > 北米 > アメリカ > シアトル特派員 > シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」①ビスケット編(『Biscuit Bitch』『Morsel』)

アメリカアメリカ/シアトル特派員ブログ

シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」①ビスケット編(『Biscuit Bitch』『Morsel』)

カテゴリー: 投稿日:2021年2月28日

breakfast.jpg


シアトルからこんにちは! 榛菜(はるな)です。


一日のよいスタートを切るのに大事な「朝ご飯」。外国を訪れたときは、いつもと違ったものを試してみるのも旅の醍醐味ですよね。というわけで、「シアトルで朝ご飯を食べよう」と題し、不定期シリーズでいろいろな朝食を紹介していきたいと思います。通常どおりの旅行ができるようになった際には、ぜひご参考にしてください。


第1回目のテーマは「ビスケット」です。

「ビスケットが朝ご飯?」と、ちょっと不思議に思うかもしれません。実はここアメリカでの「ビスケット」は日本と異なるものを指していて、「スコーン」によく似たものだとイメージしてもらえるといいかと思います。実際、イギリスのスコーンとアメリカのビスケットは、材料がほぼ同じだとされています。


ビスケットはもともと南部の農民たちが好んでいたと言われ、その理由としては、気軽に食べることができて腹持ちもよいため、農作業の合間に食べるのにぴったりだったことが挙げられています。アメリカのスーパーでは、オーブンで焼くだけで手軽にできたてのビスケットが楽しめる商品も置いてます。ビスケットが身近な食べ物であることがよくわかりますね。


IMG_20210106_144829.jpg
▲アメリカの人気スーパー「Trader Joe's」に置いてある「バターミルクビスケット」。成形された生地が入っているので、開封してオーブンに入れるだけで、焼きたてが食べられます


ここシアトルではさまざまな南部料理も楽しめますが、ビスケットがメインのお店もあるので、今日はその中からふたつ取り上げたいと思います。


①「Biscuit Bitch」

まずひとつ目が「Biscuit Bitch」です。こちらはシアトル市内に2店舗構えています。


ビス店舗.jpg
▲Belltownにある店舗外観


bisu kao.jpg
▲テイクアウトにした際、かわいらしいキャラクターがあしらわれた包みに入れてくれました


このお店のビスケットの特徴は、なんといっても食べ応えがあること!

ジャムやバターと一緒に食べるシンプルなものも置いていますが、ビスケットの間にボリュームのある具材を挟んだものが人気です。下の写真にあるのは、「ビッチ・ウィッチ(ホットリンク)(Bitchwich /Hot link)」($7.60)というもので、卵、チェダーチーズ、ホットリンクと呼ばれる、南部(ルイジアナ)スタイルのソーセージが入ったものです。


ビスケットからはみ出るぐらい大きなソーセージは、香辛料が効いていてかなりスパイシーなので、辛いものが好きな方にはおすすめです。朝からがっつり食べたい気分のときにトライしてみてください。


ソーセージ.jpg
▲「ビッチ・ウィッチ(ホットリンク)」


また、ちょっと変わったものを食べたい気分のときは「カナディアン・ビッチ(Canadian Bitch)」($6.80)というものがあります。


こちらのビスケットは、ベーコンとたっぷりのメープルビーナッツバターというアメリカらしい組み合わせです。
包みを開けると、メープルビーナッツバターのあまい香りがふわっと鼻腔に広がり、塩気のあるかりっとしたベーコンが、ねっとり甘いスプレッドによくマッチします。あまじょっぱい組み合わせが好きなら選んでみてください。


ただし、ベーコンのしょっぱさよりもメープルビーナッツバターの甘さが勝つので、くどくならないよう、ドリンクは甘い物よりもコーヒーを選ぶのがベターかもしれません。追加料金で好きなトッピングも選べるのですが、この「カナディアン・ビッチ」に関してはバナナを加えるのがお店のおすすめだそうです!


IMG_20210111_123250.jpg
▲「カナディアン・ビッチ」


ちなみにこのお店では飲み物も豊富なのですが、シアトルにちなんだ「Seattle Fog」($3.90~)という名前のオリジナルドリンクが有名です。「シアトルの霧」とは、おしゃれなネーミングですよね。どんなフレーバーなのか気になる方は、ぜひ実際に飲んで味わってみてください。先ほどの写真でも紹介した看板キャラクターをあしらったTシャツやトートバック、エプロンなどのグッズも販売されているので、気に入った方はのぞいてみてください。


■Biscuit Bitch (Belltown 70支店)
・住所: 2303 3rd Ave Seattle, WA 98121
・営業時間: 8:00~13:00
・定休日: なし
・URL: https://www.biscuitbitch.com/


②「Morsel」


ふたつ目に紹介したいお店が「Morsel」です。こちらは「ユニバーシティ地区」にある名店で、筆者のいち押しです。


モーセル①.jpg


モーセル②.jpg
▲店舗外観


「ビスケットとグレーヴィー」($8.25)「チーズビスケット」($8.50)などの定番が人気ですが、個人的に好きなのは、「スパニッシュ・フライ(The Spanish Fly)」($9.75)というひと品です。


モーセル③.jpg
▲スパニッシュ・フライ


サンドイッチされたビスケットの間には、プロシュート、目玉焼き、マンチェゴチーズ、ルッコラ、アリオリソースが挟まれていて、見た目にも色鮮やかで上品です。ビスケットの焼き具合もほどよくきつね色となっていて、バッチリですね。半熟卵のとろっとしたソースが、プロシュートやチーズやビスケット生地に絡んでとてもおいしいです。人気店なのも頷けます。


最初に紹介した「Biscuit Bitch」がほろほろっと崩れやすく、ガツンと大ぶりなビスケットだったのに対し、こちらのビスケットは表面はかりっと、中にはもちっとした食感もあり、サイズはやや小ぶり(日本人にはちょうどいいぐらい)です。ビスケット専門店にもいろいろと個性があっておもしろいですね。


シアトル地元民が好むおいしいビスケットを食べてみたいと思った方、おすすめです。


■Morsel
・住所: 5000 University Way NE Suite D, Seattle, WA 98105
・営業時間: 8:00~15:00
・定休日: なし
・URL: http://www.morselseattle.com/


以上、「シアトルで朝ご飯を食べよう」①ビスケット編をお届けしました。
しっかり朝食をとって、町歩きを楽しんでください!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大村 榛菜 さん

アメリカ・シアトル特派員の大村 榛菜 さんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/シアトル特派員
名前:大村 榛菜 さん

大村 榛菜 さん

1991年生まれ、大阪出身。現在は大学院を休学し、シアトルでフルタイムの勤務。旅好きが高じて、2018年から2019年にかけての1年間、アジア~ヨーロッパをバックパッカーとして周遊。香港とタイに在住経験あり。趣味は読書と執筆、ランニング。好きな作家は村上春樹。 DISQUS ID @disqus_x3NCuLDC9F

シアトル特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

シアトル(ワシントン)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シアトル特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > シアトル特派員 > シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」①ビスケット編(『Biscuit Bitch』『Morsel』)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について