トップ > 北米 > アメリカ > シアトル特派員 > 郵便屋さんのフードドライブ

アメリカアメリカ/シアトル特派員ブログ

郵便屋さんのフードドライブ

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 生活・習慣・マナー 投稿日:2014年5月11日

毎年5月の第2土曜日はナショナル・レター・キャリアー・フード・ドライブ(NALC=National Letter Carrier Food Drive)といって、郵便の配達の時に各家から出された食料品の寄付を集めていってくれる日です。
Letter Carrierというのは手紙を運ぶ人、郵便屋さんのことです。


Stamp Out Hunger Food Driveとも呼ばれ、切手のStampとStamp Out=撲滅をかけてあります。


うちでも前の週の土曜日に入れてくれていた専用のショッピングバッグに色々入れるつもりがすっかり忘れ、当日の今朝になってあわててあり合わせのものを詰めて、郵便受けの脇に置きにいきました。

DonationBag.JPG

集められた食品は地元のフードバンクやその他のチャリティー団体へ寄付されます。


フードバンクやフードドライブは日本でもここ10年ほどで活動が広まって来ているようですね。
フードドライブをやっている場所やフードバンクに直接持っていったりすればいいんですが、ヒマを見つけてとか言っているとなかなか行動にうつせません。
でもただ集めて置いておけば持っていってくれるというのは出す方としても手間が省けるし、集まりやすくもなるのではないかと思います。


このフードドライブは時期を決めて学校でやったり、スーパーの出入り口に専用の入れ物が置いてあって寄付を募っていることもありますし、中学や高校になるとクラブ活動の一環として近所をまわって食品を集めていくこともあります。


一番盛んなのはクリスマスシーズンなので、初夏のこの時期は逆に寄付が少なくなる季節なのだと思います。


この時に出せる食品はNon Perishable Foodと呼ばれる「常温で長期保存が可能な食品」です。
缶詰、瓶詰め、フリーズドライその他インスタント食品。
ベビーフードや粉ミルクなどは常に品薄だそうです。


帰宅してみると、郵便受けの中にサンキュー・カードが入れられていました。

ThankYouNote.JPG

寄付を出す側としても、買ってみたけれど誰も食べなかったなどという食品を整理するチャンスですし、こちらからもお礼を言いたいぐらいです。
捨てる神あれば拾う神あり。
One man's trash is another man's treasure.
うちでは消費できなくても、誰かの大好物かもしれませんから。


日本でのこういう活動に疎い私、フードバンク、フードドライブについて確認していて見つけたサイトがあります。
よろしかったらご覧になってみてください。


農林水産省/フードバンク


All About/あまった食品で、フードドライブしよう!



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
クリックしていただくと励みになります。いつもありがとうございます。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Eko

アメリカ・旧シアトル特派員のEkoが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/旧シアトル特派員
名前:Eko

Eko

シアトル特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

シアトル(ワシントン)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シアトル特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > シアトル特派員 > 郵便屋さんのフードドライブ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について