トップ > ヨーロッパ > フィンランド > サヴォンリンナ特派員 > 冬の音楽祭 スルトン・フェスティバル

フィンランドフィンランド/サヴォンリンナ特派員ブログ

冬の音楽祭 スルトン・フェスティバル

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー 投稿日:2019年1月 5日

新しいフェスティバルのお知らせです。 
かつて多くの文化人が愛したサマーコテージの名にちなんで、スルトン(悲しみのない、の意)・フェスティバル(Suruton Festivaali)と名づけられました。
今回は記念すべき第1回、1月4日から6日の3日間、サヴォンリンナホール(Savonlinnasali)を中心に催されます。


taiteilijat-1024x240.jpg


プログラムの一部をご紹介します。


Linnan Kummitus - Koko perheen konsertti
「お城の亡霊」  ファミリーコンサート
1月5日(土)12時開演 サヴォンリンナホール (45分 10ユーロ) 
サヴォンリンナ芸術高校オペラ・音楽劇コースの生徒によるプログラム、指導・演出は長年同校のオペラコースを指導されている岡部シルヴァスティ千栄子さん。


OMUTE Itä-Savo-Tuija Pauhu.jpg


Gothóni-kvartetti - Kamarimusiikkikonsertti
ゴトーニ・カルテット  室内楽コンサート
1月5日(土)16時開演 サヴォンリンナホール (1,5時間 29,50ユーロ)
Ralf Gothóni ピアノ、Mark Gothóni ヴァイオリン、Suzan Saber ヴィオラ、 Yuko Miyagawa チェロ

00Ralf Gothóni.jpg

(ラルフ・ゴトーニ氏 / 画像提供 Nova Records Oy)


前回の記事でもお知らせしたとおり、2019年は日本・フィンランド外交樹立100周年の年、このコンサートはフィンランド国内においての関連行事、最初のイベントでもあります。

会場はサヴォンリンナ駅からすぐです。駅からホテルカシノへの小さな橋を渡るとサヴォンリンナホールがあります。
当日券の販売は開演一時間前からホールの入り口で行います。


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ラサネン千景

フィンランド・サヴォンリンナ特派員のラサネン千景が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フィンランドフィンランド/サヴォンリンナ特派員
名前:ラサネン千景

ラサネン千景

2002年よりフィンランド在住。
高校生の頃に読んだ一冊の本がきっかけでフィンランドに出会い、気がついたらこの地で生きていくことに。サヴォンリンナ出身の夫、娘二人と暮らしています。日本語クラス、翻訳、観光ガイドなどをしながら異文化の田舎暮らしをいかに楽しむか、いまだに模索中。
あまり知られていない東フィンランド、サヴォンリンナの魅力をお伝えできればと思っています。 DISQUS ID @disqus_3ZYQse1QFO

サヴォンリンナ特派員トップにもどる

その他のフィンランドの特派員

サヴォンリンナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サヴォンリンナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フィンランド > サヴォンリンナ特派員 > 冬の音楽祭 スルトン・フェスティバル

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について