トップ > 日本 > 札幌特派員 > フレンチの技がエッセンス。カラダにも嬉しいカフェ&レストラン「北豆印商店Cafe&Restaurant」

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

フレンチの技がエッセンス。カラダにも嬉しいカフェ&レストラン「北豆印商店Cafe&Restaurant」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2022年5月11日

2022年5月8日におしゃれで美味しい料理が食べられる「北豆印商店Cafe&Restaurant 」が札幌駅前通のビルにオープンしました。
 

0_P4290052.jpg
 

「北豆印商店」という名前ですが、フレンチ出身のシェフが作るフレンチ・イタリアンな料理を中心に楽しめるカフェ&レストランで、味覚もカラダも喜ぶお店です。
 

CONTENTS

 
 

JR札幌駅から550m。
札幌駅前通のビル地下1階「北豆印商店Cafe&Restaurant」

 

4_building_P4290001.jpg
札幌駅前通の敷島北一条ビル
 


 

JR札幌駅から徒歩約7分。札幌駅前通沿いの敷島北一条ビル地下1階に北豆印商店Cafe&Restaurantがあります。
 

JR札幌駅・地下鉄札幌駅からは、チカホ(地下歩行空間)を利用してもアクセス可能。
チカホ9番出口を出ると目の前が北豆印商店が入っているビルです。
 

4_P4290012.jpg
 

通路からもよく見える店内は、白い壁を基調にした明るい雰囲気です。
 

お店のコンセプトは、北海道産の食材を中心に北海道産大豆をふんだんに使った"美味しくカラダにもやさしい料理"
 

1_P4290030.jpg
 

店内も居心地よいおしゃれなデザインのお店です。
 

目次へ戻る

 
豆太

カフェ使いしたくなる絶品「カタラーナ」

 

ランチやディナーでも食べられますが、ぜひカフェタイム(10:00~11:30/13:30~17:30)に行きたい! と思うスイーツがありました。
 

2-1_catalana_P4290161.jpg
Catalana which is made from soy milk
 

そのひとつが「カタラーナ」(660円・記事内全て税込)。
コクと同時に甘すぎない上品な濃厚さのカタラーナは、札幌のブランド豆腐*「豆太」の豆乳とパティシエールの技による印象的な味。

 

2-2_cassata_P4290163.jpg
Cassata which is made from soy milk
 

さらに「カッサータ」(660円)も!
イタリアンドルチェを豆乳仕様で食べたのは初めてですが、なめらかな口当たりといい、上品な甘さといい、あとを引くおいしさです。。

 

2-3_chiffoncake_P4290157.jpg
Ciffon cake with soy milk powder
 

シフォンケーキもふわふわで美味。こちらは粉末の豆乳が入っているそう。
 

カフェタイムのスイーツは、全5種類。
ドリンクは、コーヒーやカフェラテ(各440円)、ビール(600円)やワイン(500円)がありますが、なかでもおいしかったのは、「無調整豆乳」(440円)。

 

5_soymilk_P4290116.jpg
Soy milk
 

まろやかでとても濃い豆乳ですが、一般的な無調整豆乳に感じる香りのクセがなく、飲みやすいのが特徴です。
いつもはコーヒーを飲むところですが、シフォンケーキと温かい豆乳をいただくのもいいですよ。

 

*「豆太」
北海道産大豆と手稲山伏流水・天然にがりのみを使い、昔ながらの製法で作る札幌のブランド豆腐。
全国とうふ品評会全国大会 木綿とうふ部門で、金賞を受賞したこともあり、豆腐のほか豆乳・粉末豆乳など「豆太」ブランドの大豆製品を作っています。

 

豆乳の味をスイーツとしてより味わうなら「豆花」(770円)。
 

2-4_douhua_P4290155.jpg
Tofu pudding "Douhua" with sweet bean paste
 

蜜やフルーツ、やさしい甘さのぜんざいなどと一緒に。
豆花そのものは甘くないので、よりさっぱりとしたスイーツとしていただけます。
 

このほかに豆花・フルーツ・カタラーナ・コーヒーの「コーヒータイムお得セット」(1000円)もあります。
 

2-5_P4290025.jpg
 

コンセント付きの席もあり、ひとりカフェを楽しみながら、パソコン仕事もできます。
誰かと一緒に、もしくはひとりで楽しみたい北豆印商店のカフェタイムです。

 

目次へ戻る

 

ランチにおすすめ。パスタの秘密

 

3-1_carbonara_P4290097.jpg
Dried bean-curd pasta carbonara
 

北豆印商店のランチメニューのひとつはパスタ(サラダ付き)です。
 

パスタメニューは4種類あり、人気パスタの定番、ボンゴレビアンコ(990円)、ボンゴレロッソ(990円)のほか、カルボナーラ(990円・税込)、そしてリッチなワタリガニのトマトクリームパスタ(1320円)も。
 

実は写真↑のカルボナーラ、フェットチーネに見えますが、麺がプラス200円で変更できる*「豆葉麺」!
これが北豆印商店のパスタの秘密です。

 

3-2_crabP4290112.jpg
Blue crab & tomato cream pasta of the dry bean-curd noodles
 

カルボナーラに限らず、どのパスタ料理でも"豆葉麺"(プラス200円)でいただけます。
 

*「豆葉」(とうよう)
北海道産大豆と手稲山伏流水・天然にがりを原材料に、それをシート状に圧縮した大豆商品。中国などでは「干豆腐」や「豆腐干糸」などとして食卓にもよく上がる食品ですが、「豆葉」は北海道産原材料と無添加にこだわって作っています。大豆から作っているため良質な植物性タンパク質が豊富で、"戻し方"によって食感が変わり、麺の代わりや肉の代わりに置き換えてさまざまな料理に利用できる点が魅力。札幌商工会議所認証の「北のブランド」にも選ばれています。
 

小麦パスタ、美味しいけれど体質などで多くは食べられない、などとという方は、特に一度お試しあれ。
 

植物性タンパク質を無理なくたっぷり摂れる豆葉麺は、小麦パスタより午後の睡魔に襲われにくい、というメリットもあるかも。
 

3-3_mapotofu_P4290080.jpg
Tofu dish with spicy sauce
 

ランチは"ごはん派"という方は、「麻辣豆腐」(880円)をどうぞ。
ランチの麻辣豆腐には五分づき玄米とサラダが付いています。
 

ごはん(五分づき玄米)がとっても進む麻辣豆腐、さらに食欲が出そうな"追い花椒"(ホアジャオ)・"追い辣油"も自由です!
 

3-3_toyomapo_P4290104.jpg
Dried bean-curd with spicy sauce
 

こちらも「麻辣豆葉」(マーラートウヨウ/990円)でいただけます。
麻辣"豆腐"とは食感が異なり、別のお料理にも思えるので、こちらもぜひお試しを。
 

麻辣豆葉にも五分づき玄米とサラダがセットです。
玄米はハードルが高くても、五分づきなら玄米初心者にも食べやすくおすすめです。
 

そして野菜たっぷりの「スープランチ」。
 

北豆印商店の「スープランチ」(北海道産小麦パン1個付き)
・野菜豆乳スープ 880円
・ミネストローネ豆乳スープ 880円
・海鮮ブイヤベース豆乳スープ 1100円
・麻辣豆乳スープ 880円
*専用スープジャーでのテイクアウトサービスを準備中(2022年5月現在)
 

ボリュームが結構あり、野菜豆乳スープと麻辣豆乳スープを飲みましたが、味がとにかく滋味深く美味しいです。
季節を問わず食べたくなる味です。
 

3-5_soupjar_P4290060.jpg
 

現在、スープはオリジナルスープジャーでのテイクアウトサービスも準備中。
これからの季節、屋外でほっこりスープランチができたら楽しそうです。
 

写真のスープは麻辣豆乳スープと野菜豆乳スープ。写真では小さなボウルに入っていますが、通常はパスタプレートに入って提供されるので、かなり多めです。
 

どちらも旨味が凝縮されたスープで、体がぐっと温まります。
その日の体調で選びたい(毎日のように食べてみたい)スープです。
 

ランチタイムには、いずれのメニューでも「ランチのプラスドリンク」(200円)で、コーヒー・ウーロン茶・緑茶・オレンジジュースなど7種類からドリンクをつけることができます。
 

3_beer_P4290135.jpg
 

また、ランチタイムもビールやワインをいただけます。
ビールは「パーフェクトサントリービール」(600円)!
ザ・プレミアム・モルツ(小瓶・600円)やノンアルコールビール(オールフリー・400円)もありますよ。

 

目次へ戻る

 

前菜からパエリアまで。ア・ラ・カルト料理でリッチなディナー

 

ディナーメニューは、ランチメニューのパスタや麻辣豆腐も単品でオーダーできますが、前菜やア・ラ・カルト料理が絶品です。
いろいろな料理をコース料理のようにいただいてみました。

 

4-1_antipasto_P4290049.jpg
Assorted appetizer
 

まずは前菜から。
単品では「自家製ピクルス」(440円)・「フルーツトマトと豆腐のカプレーゼ」(880円)・「ブルスケッタ」(440円)がありますが、おすすめは「前菜盛り合わせ」(1320円)。
前菜3品にブルーチーズとアラカルトメニューの「豆葉の竜田揚げ」をプラスした盛り合わせです。
 

「豆葉の竜田揚げ」は、道産子には馴染み深い味かもしれません。
おつまみにもぴったりです。
 

そして自家製ピクルスのほどよい酸味やブルスケッタの旨味、豆葉の竜田揚げを食べていると、やはりマリアージュしたくなるドリンク。
 

4-4_sparkling_P4290031.jpg
 

例えば「アンジュエール・ブリュット」をグラス(600円)で。
ボトル(3500円)でのオーダーも可です。
 

角ハイボール(500円)や南高梅酒(500円)、モヒート(600円)、二世古や北の勝などの日本酒(600円~700円)など各種あるので、お料理に合わせてお好みで選べます。
 

4-2_summerroll&carpaccio_P4290042.jpg
Summer roll and seafood carpaccio
 

そしてこちら。フレンチコースのアミューズ的(順番は前後していますが)に楽しめる「豆葉入り生春巻き」(660円/サラダメニュー)と「本日の海鮮カルパッチョ」(750円/アラカルトメニュー)。
 

生春巻きには豆葉も入っており、ソースは麻辣味噌をつけていただきます。
食べ応えがある生春巻きと、麻辣味噌の甘辛さがぴったり。

 

4-3_ahijo_P4290066.jpg
Today's ajillo
 

そしてメインとしても、アルコールのおともとしてもいただきたい「本日のアヒージョ」(990円/アラカルトメニュー)。
嬉しいほどにワインが進みます。

 

4-5_fish_P4290078.jpg
Grilled cherry salmon as Today's fish plate
 

「本日の魚料理」(1650円/アラカルトメニュー)。
 

この日、フレンチとイタリアンを得意とするシェフおすすめのメインディッシュは旬のサクラマス!
季節を感じる香ばしいグリルです。
その日、どんなお魚が入荷されているかが楽しみになるメニュー。

 

4-6_dumpling_P4290118.jpg
Potstickers(Gyoza) with dried bean-curd
 

こちらもアラカルトメニューから。
メインディッシュでいただきたい「豆葉水餃子」(660円)。

 

4-7_dumpling_P4290126.jpg
 

水餃子の餡の3分の1がひき肉、3分の2は豆葉(クラッシュ)を使っているそう。
ひき肉100%の水餃子とほとんど区別がつかない味ですが、個人的には豆葉入りの水餃子はより食べやすく感じます。

 

4-8_paella_P4290091.jpg
Seafood paella with brown rice
 

そしてシメに「海鮮玄米パエリア」(1320円)。
海鮮の旨味と玄米の香ばしさがおいしく、一般的な玄米のイメージとは異なり食べやさも印象的です。
何人かで訪れた場合は、ぜひとも食べたいひと品。

 

2-5_pannnacotta_P4290153.jpg
Panna cotta that is made with milk and soymilk
 

最後は、おなかいっぱいでも味わいたい「パンナコッタ}をデザートに(440円)。
 

牛乳と豆乳を使っているというパンナコッタは、すっきりとした甘さの味わいがなめらかなデザートです。
しっかりとごちそうを堪能したあとも、食べやすい味とサイズのスイーツで、満足度はさらにアップ。
 

前菜の「トマトと豆腐のカプレーゼ」やア・ラ・カルト料理の「本日の海鮮カルパッチョ」をはじめ、ソース使いや盛り付けがフレンチの雰囲気もあり、カジュアルなイタリアンとおしゃれフレンチのイメージで大豆や玄米を使った料理をいただける"イイトコ取り"のようなディナーになりました。
 

目次へ戻る

 

お土産にも食卓にも。北豆印商店のショップコーナー

 

5_shop_P4290014.jpg
 

フレンチ出身のシェフによるフレンチ・イタリアンな料理を中心に、誰もがおいしく味わえそうな人気の料理をラインアップした「北豆印商店」。
 

使っている食材「豆葉」や「粉末豆乳」や大豆ミート入り「麻辣味噌」などは、店頭で販売もしています。
 

P5020039.jpg
 

お料理やスイーツを食べて気になる食材があったら、帰りがけにエントランス近くのショップコーナーをチェックしてみてください。
 

また、近隣在住・勤務の方に限られますが、豆太ブランドの濃い「豆乳」のサブスクサービス(月額2160円)もおこなっているそう。
 

最後に...
個人的な感想ですが、おなかがいっぱいになるまで、かなりしっかり食べて飲んだのですが、翌日、いつもの食べ過ぎのときとは全く異なる体の軽さでした。
もしかすると、豆葉や豆乳などを使ったお料理を中心にいただいたせいかもしれません。
 

P4290181.jpg
 

そういうわけで、「北豆印商店」、オトナ女子に特にご紹介したいお店です。
 

目次へ戻る

 

■北豆印商店
・住所: 札幌市中央区北1条西3-3 敷島北一条ビル B1F
・電話番号: 011-211-8988
・営業時間: Cafe 10:00~11:30 / 13:30~17:00
      Lunch 11:30~13:30
      Dinner 17:00~21:30(土曜のみ14:00~21:30)
・定休日: 日曜・祝日
・URL: https://www.kitamamecafe.com/
アクセス: JR「札幌駅」より徒歩約7分、地下歩行空間9番出口より徒歩約1分
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > フレンチの技がエッセンス。カラダにも嬉しいカフェ&レストラン「北豆印商店Cafe&Restaurant」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について