トップ > 日本 > 札幌特派員 > 札幌に"氷点下"のシーズン到来!

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

札幌に"氷点下"のシーズン到来!

カテゴリー:天気・気候・気温 / 自然・風景 投稿日:2021年12月 3日

2021年12月2日の朝活です。
 

1_snow_PC020500.jpg
Snowfall in Sapporo on the 2nd December, 2021
 

札幌近郊や山間部では、ひと足早く積雪が見られましたが、12月2日、とうとう札幌にも辺りが白一色になるほどの積雪がありました。
 

朝9時の気温は、マイナス2度。
いよいよ、気温氷点下の季節がやってきました。
 

2_lavender_PC020300.jpg
Lavender with snow
 

刈り取られずに残っていたラベンダーにも雪が積もっています。
雪が降り始めの時期は、気温が高めで水分を多く含んだ「ぼたん雪」が降ることも多いのですが、この日は気温がマイナスで寒かったので、粒が小さい軽めの雪がしんしんと降っています。
 

3_rowanberry_PC020474.jpg
 

辺り一面、モノトーンの世界が広がる中、ひと際明るく目に映るのは、ナナカマド。
雪が降るまでに、紅葉した葉がすべて落ちてしまいますが、赤い実だけは、まだ木の枝になっています。
北海道では、ナナカマドが市町村の木になっているところも多く、街路樹として並んでいる場所も結構多いので、冬に来道すると、こんな光景に遭遇することも少なくないかもしれません。
 

4_coroladofir_PC020204.jpg
Cororado fir with snow
 

そしてモミの木は、まるでクリスマスツリーのよう。
大通公園にもコンコロールモミというモミの木があります。
雪が降ったら、町中でも雪が積もったクリスマスツリーが見られます。
 

5_woods_PC020442.jpg
Snowscape in Sapporo
 

6_crows_PC020494.jpg
 

いつもは邪魔にしがちな札幌の元気すぎるカラス。
雪景色の中で見ると、不思議と少し親近感が沸く光景です。
 

7_rowanberrywithsnowcap_PC020450.jpg
Rowanberry with snowcap
 

こちらがこの時期おすすめのショット。
ナナカマドの実は、冬の間中、枝になっていますが、時間が経つにつれて乾燥してきたり、春が来る頃には鳥に食べられてなくなったりします。
 

このため、たわわになる真っ赤な実にふわふわの雪帽子がのっている光景を見るなら、この時期が一番きれいです。
 

イルミネーションに加え、白銀の世界に映える赤い実も、ぜひ歩きながらチェックしてみてください。
 

実は12月3日の札幌は、再び雨模様になり、雪はほとんどなくなっています。
積もったり融けたりを何度か繰り返し、根雪の季節がやってきますが、ここ数日、雪の予報がないものの札幌の最低気温は氷点下が続くようなので、寒さと滑りやすい足もとに気をつけてお過ごしください。
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 札幌に"氷点下"のシーズン到来!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について