トップ > 日本 > 札幌特派員 > 北海道のナナカマド

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

北海道のナナカマド

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年8月29日

北海道でも2021年8月27日から9月12日までの期間、緊急事態宣言が発令されました。
飲食店などの営業時間を短縮するなど、再び生活環境が変化している状況ですが、町角で見かけるナナカマドは今夏の降水量不足にもかかわらず、変わりなく色づき始めました。
 

北海道内の市町村の木、ナンバーワン
 

「ナナカマド」は全国の山地に自生しているそうで、北日本を中心に街路樹にナナカマドを植えている市町村があるようです。

北海道では、ざっと数えたなかでは、179市町村中34の市町村でナナカマドを「市町村の木」に指定しています(「市町村の木」をふたつ以上指定している市町村を含む)。

ちなみに「イチイ」(オンコ)を指定している市町村も26と多く、北海道ではナナカマドとイチイがなじみ深い木といえるのだと思います。

 

0_august_appearanc_e_P8270691.jpg
"Rowan berry tree that is popular as a street tree in Hokkaido"
 

ナナカマドを市町村の木に指定している自治体が多い北海道では、街路樹にナナカマドを植えているところがとても多く、日常的に目にする樹木のひとつです。
 

名前の由来が「七回、竈(かまど)に入れても燃え尽きることがない」ことから「七竈」(ななかまど)と呼ばれるようになったと聞いています。
赤く色づいたナナカマドの実は、子供の頃よく集めては"ままごと"でご飯に見立てて遊んでいました。
家の近くの街路樹にナナカマドがあり、秋になると実があちこちに落ちていたからです。
 

身近なナナカマドは、15年ほど前からスーパーフードなどと呼ばれ北海道で栽培されている「アロニア」の仲間だそう。
栄養価が高いアロニアは、そのまま食べることはできませんが、ジュースやジャムに加工しアロニアジュースをメニューにしているお店にときおり遭遇することがあります。
 

ナナカマドについては、ヨーロッパなどのナナカマドはジャムにして食べるられる種類の木があるそうですが、北海道のナナカマドはどのように調理しても、まだ食用にできる調理法は見つかっていないようです("ナナカマド酒"には利用されているようです)。

真っ赤な実が印象的なナナカマド、札幌で見かけるナナカマドの1年を追ってみました。

 

可憐な花

1_april_rowantree_P4190142.jpg
"Young leaves on the rowan berry tree in April"
 


3月には、すっかり葉が落ちて裸の枝ばかりだったナナカマドも4月に入ると一気に小さな葉が出始めます。
"春紅葉"でもあるのか、赤い葉も目立ちます。
 

2_may_rowanflower_P5190049.jpg
"Flower of rowan berry trees in May"
 

5月のナナカマド。
真っ白で可憐な花が咲きます。
花の時期は短く、1週間くらいで美しい花は終わってしまいます。
 

毎年、気をつけていなければ、じっくり見ないうちに花の時期が終わってしまいますが、緑の葉のなかに無数に咲く白い花は、ナナカマドの赤い実と肩を並べるほどきれいです。
 

3_june_youngfruit_P6200553.jpg
"Young fruit of the rowan berry tree in June"
 

花が終わると、すぐに若い実ができていました。6月のナナカマド。
 

4_august_green_orange_P8200157.jpg
 

そして8月には、実が色づき始めます。
緑の葉に赤い実がなっている様子は、コントラストがとてもきれい。
 

5_october_redleaves_PA280110.jpg
"Autumn leaves of the rowan berry berry trees in October"
 

10月になると葉の色が真っ赤になり、ナナカマドは紅葉と赤い実で全体が真っ赤に。
夕日に照らされたこの時期のナナカマドは、燃えるような赤い姿になります。
 

6_october_rowantree_P1210166.jpg
 

10月下旬から11月にかけて、どの木も紅葉(黄葉)した葉はすっかり落ちてしまいますが、ナナカマドの実だけはしっかり枝に残ります。
ナナカマドの実が印象的なのは、葉が落ちた裸の木が多いなか、唯一、木と空のコントラストのなかに彩りを加えているからかもしれません。
 

7_november_withsnow_PB190241.jpg
"Rowan berry trees with snow"
 

雪が降り始めると、ナナカマドの赤い実は、一層その存在感が増します。
ナナカマドの赤い色が真っ白な世界にある唯一の色味になるからです。
 

8_march_barerowantree_P3040254.jpg
"Bare rowan berry tree in March"
 

3月。どんな風雪にも耐えて木の梢に残っていた赤い実がひと粒もなくなくなっている季節です。
人間には苦くて食べられないナナカマドですが、実は栄養価が高いそう。
 

食べ物がなくなる冬、野鳥がエサとして食べており、よくヒヨドリやムクドリがナナカマドの実をついばんでいる様子を目撃します。
それにしても、見事なほど食べ尽くされ、毎年いつのまにか実が何もなくなっている木を見て驚きます。

 

8月、色づくナナカマドの実
 

10_august_yellow_orange_P8200384.jpg
"Rowan berry starts to changing the color."
 

2021年もナナカマドの実が色づき始めました。
 

11_august_youngfruit_P8200607.jpg
 

日当たりの良しあしの影響か、イチョウの黄葉と同様に木によって色づき方が異なります。
同じ日に撮影していますが、オレンジに色づいている木があれば、まだ黄色になったばかりだったり......
 

12_august_gradation_P8200500.jpg
 

かなり赤に近く色づいている木もあり、この時期だけはナナカマドの実が色づいていくグラデーションを目にすることができます。
 

9_august_autumncolor_P8200600.jpg
 

今年は降水量が少なかったためか、例年のこの時期に見られる「濃い緑色に赤い実」のナナカマドよりは実の色付きが少し遅く、紅葉は早いように見えます。
まだ夏日が続いている札幌ですが、ナナカマドの色は少しずつ秋色になり始めました。
 

全国的には猛暑が続いていたり、北日本では季節の変わり目だったりと、体調を崩しやすい環境になっているところが多いと思います。
どうぞ皆さん、ご自愛のもとお過ごしください。

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 北海道のナナカマド

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について