トップ > 日本 > 札幌特派員 > ひと足お先に「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」!6月は食と音楽を「ホテルオークラ札幌」で

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

ひと足お先に「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」!6月は食と音楽を「ホテルオークラ札幌」で

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / レストラン・料理・食材 投稿日:2021年6月 5日

「ホテルオークラ札幌」が2021年も「PMF」とコラボレーション
 

2_hotelokurasapporo_P6020193.jpg  

1_PMF_P6020177.jpg
Hotel Okura Sapporo holds the event by cooperating with Pacific Music Festival for a month in June.
 

2021年7月、札幌の夏の風物詩「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」(以下PMF /「PMF2021」は31回目)が2年ぶりに開催されることになりました。
 

そして札幌中心部にある「ホテルオークラ札幌 」では、毎月、北海道各地の食材をテーマに各レストランで特別メニュー("北海道を食べよう"企画)を提供するなか、6月は札幌の食材をテーマにPMFとのコラボ企画「さっぽろ食彩フェア~PMFのメロディにのせて~」を開催しています。
(ちなみに7月は「空知フェア」)
 

3_shokusaifair_P6020002.jpg
Sapporo Shokusai Fair at the restaurants of Hotel Okura Sapporo, one of the events by cooperating with PMF
 

PMFとのコラボレーションのひとつは、「ホテルオークラ札幌」のレストラン、1階の「コンチネンタル」と地下1階の「中国料理 桃花林」でのランチコース。
今回はレストラン「コンチネンタル」の「コンチネンタルランチ~札幌から~」(3000円)を紹介します。
 

音楽の都ウィーン香るPMFコラボ「コンチネンタルランチ~札幌から~」
 

4_bernsteinstatue_P6020012.jpgCardboard cutout of Bernstein, who is a founder of Pacific Music Festival, at the restaurant "Continental."


「コンチネンタル」の入口では、PMFを創設した巨匠「レオナルド・バーンスタイン」がお出迎え。
思わず写真を撮りたくなります。
 

5_continental_P6020171.jpg
Restaurant Continental on the 1st floor in Hotel Okura Sapporo.
 

店内は、スペースを確保できるゆったりとしたレイアウト。
 

6_setlist&bernstein_P6020017.jpg
Palm-sized statue of Bernstein and set menu seat at the table
 

各席には飛沫防止パネルを完備し、よく見ると各テーブルに手のひらサイズのバーンスタイン像も完備!
 

8_BGMlist_P6020123.jpg
List of the BGM by PMF Orchestra
 

店内にはBGMとして、これまでのPMFオーケストラコンサートで演奏された曲が流れています。
レストランに居ながらにして、PMF鑑賞。
 

7_sheet_P6020020.jpg
Table setting with a placemat that has pieces of trivia about PMF
 

そしてテーブルセッティングもPMF仕様です。
PMFにまつわる豆知識満載のランチョンマット付き。
 

7_handwipes_P6020022.jpg
Sanitizing wipes which is set on the table for lunch
 

最近は、携帯用の除菌グッズをお持ちの方が多いかと思いますが、テーブルセッティングには「除菌シート」も用意され、至れり尽くせりです。
 

札幌の食材を使い、「オーストリア」、特に音楽の都「ウィーン」の料理と「PMF」をモチーフに構成した「コンチネンタルランチ~札幌から~」の演奏(ハーモニー)がいよいよ始まります。
ひと品目は、前菜「サツラクピュアブランとニチロ畜産 チキンハムの前奏曲(プレリュード)」
 

8_hors d'oeuvre_P6020025.jpg
Introduction with yogurt paste "Pure Blanc" from Satsuraku and "Chicken Ham" from Nichiro as hor d'ouvre
 

見慣れた野菜(パプリカ・きゅうり・スプラウト)とチキンハムがプロの手にかかると、こんなにおしゃれに。
そしてそれぞれの食材のサイズ、食感で味のバランスが絶妙です。
 

加えてヨーグルトペースト「ピュアブラン 」(北海道産牛乳とビートグラニュー糖のみで作ったヨーグルトペースト)をソースにいただきます。
ピュアブランの爽やかな酸味とミルクのコクが食材と相まって、忘れがたいハーモニー。
甘みがあるヨーグルトペーストもハムや野菜とこんな風に組み合わせられるなんて!という新たな発見がある"プレリュード"です。
 

9_salad_P6020040.jpg
Salad
 

色とりどりのフレッシュな「サラダ」は、彩りのハーモニーも美しく、食べ応えがあります。
正式なフレンチコース料理の順序より、少し早めにサーブしていただけるのもうれしい。
(野菜を早めに食べたいお年頃です)
 

10_soup_P6020070.jpg
Vienna-style soup with a baton made of cheese flavored pie
 

今度はどんな音楽と味のコラボレーションでしょう。
次の料理が楽しみなラインアップですが、スープもまた、然り。
 

「オーストリア風じゃがいものスープ 指揮棒(タクト)に見立てたクルトンを添えて」
 

オーストリアには栄養満点のスープが数多くあるそうで、しっかりダシが利いたコンソメスープもそのひとつ。
「フリッターテンズッペ」という細切りクレープを散らしたコンソメスープのようなオーストリア風スープです。
 

11_crouton_P6020074.jpg
 

じゃがいもをはじめ、タマネギ、リーキなどがたっぷり入ったコンソメスープは、食べ応え満点。
さらに「指揮棒に見立てたクルトン」は、チーズが練りこんだパイで、チーズの風味とパイのサクサク食感がおいしい!
 

あまりのおいしさに「指揮棒に見立てたクルトン」だけで食べてしまいそうになりましたが、ハッと気づいてスープに浮かべました。
ほんのりチーズとバターが香るスープの味変も楽しく、香りと食感のハーモニーを堪能します。
 

12_P6020114.jpg
Wiener schnitzel of Sapporo Furukawa Pork with mushroom sauce
 

いよいよメイン、「札幌産古川ポークのシュニッツェルときのこソースのハーモニー」
 

オーストリア、ウィーンの最もよく知られている料理「ウィンナー・シュニッツェル」を札幌市南区・札幌岳の麓で育てられた「古川ポーク」とのコラボレートでいただく満足感いっぱいの料理です。
サクサクとした薄めの衣のシュニッツェルは、見た目以上に古川ポークがしっかりとしたボリュームです。
そしてこちらの料理は、ウィーンの料理に札幌の食材、というハーモニーだけではありません。
 

P6020099.jpg
Pumpkin gratin, lemon and mushroom sauce as a side dish of Wiener schnitzel
 

付け合わせが3種類も。
ウィンナー・シュニッツェルの定番、レモンをはじめ、旨味たっぷりの「きのこソース」に、ミルクで煮込み、チーズで焼き上げた「南瓜グラタン」。
シュニッツェル単独の味はもちろん、どの付け合わせと一緒でも、または複数の付け合わせと一緒でもおいしい、まさに味のソロからデュエット(二重奏)、トリオ(三重奏)、カルテット(四重奏)まで、ハーモニーを存分に楽しめるひと皿です。
 

14_vienna crape_P6020168.jpg
Wiener-style crepe with passion fruit and mango ice cream
 

「オーストリア人といえばデザート!」というくらい、デザート好き国民として知られるオーストリア人。
そんなオーストリアにはおいしいスイーツがたくさんあり、日本では「ザッハトルテ」(チョコレートケーキ)が最も有名かもしれません。
ところが、数あるデザート(スイーツ)のなかでも、料理にもよく使われるという「ウィーン版クレープ」の代表的なものが「トプフェンパラチンケン」(トプフェンはオーストリアのフレッシュチーズ、パラチンケンはオーストリア版クレープ)というそうです。
 

そのトプフェンパラチンケンのコンチネンタル版がこちら「ウィーン風クレープ パッションマンゴーアイスクリームと共に」
前菜にも使っていた「ピュアブラン」をたっぷり使ったクリームをクレープで包み、アングレーズソース(カスタード風味のソース)でグラタン仕立てにしたデザートです。
 

13_vienna crape_P6020131.jpg
 

さらに贅沢なことに、「パッションマンゴーアイスクリーム」とフレッシュフルーツ、音符形のクッキーとの盛り合わせです。
デザートもまた、それぞれのスイーツとのハーモニーをたっぷりと楽しめます。
 

15_raffle_P6020013.jpg
Raffle chance after having the lunch set menu
 

対象メニュー(レストラン「コンチネンタル」のコンチネンタルランチ、オークラランチ、「中国料理 桃花林」の楊貴妃ランチ、広東美食ランチ、料理長特撰プレミアムランチ、広東美食紀行)を楽しんだあとには、お楽しみ「さっぽろ食彩フェア抽選会」があります。
抽選で、PMFのコンサートCDや卓上カレンダー、札幌の特産品が当たるチャンスです。
 

PMFスクリーンコンサートや生演奏をホテルオークラ札幌で
 

16_hall_P6020006.jpg
 

15_screenconcert_signage_P6020004.jpg
PMF Screen Concert at Hotel Okura Sapporo
 

PMFとのコラボ企画は"食"だけではありません。 ホテルでの食事や宿泊、ラウンジ、バーの利用、スイーツのテイクアウトなど、ホテル利用者限定で6月中に全18回の「PMFスクリーンコンサート」を開催。  

P6020120.jpg
Schedule of the events by cooperating with PMF
 

利用時にもらえる入場チケットで45分間のPMFスクリーンコンサートを自由に視聴できます。
過去のPMFの演奏に加え、PMFの歴史やエピソード、若手音楽家のインタビューなどを視聴できる盛りだくさんの内容なので、PMFを知らない方にもおすすめです。
 

P6020009-2.jpg
Hotel Okura Sapporo will provide Picnic Concert 2021 on the 31st July by live-streaming for the users of Hotel Okura Sapporo at the hall in the hotel.
 

また、PMF会期中の7月31日には、札幌芸術の森で開催される「ピクニックコンサート」のオンライン生配信をホテルオークラ札幌の宴会場で視聴できる企画もあります。
ホテルオークラ札幌を利用したら、PMFを象徴する「ピクニックコンサート」を一緒に楽しんでください。
町なかのホテルオークラ札幌で、芸森のピクニックコンサートが楽しめる絶好のチャンスです。
 

18_posterexhibit_lP6020185.jpg
 

19_posterexhibit_P6020191.jpg
▲ 地下1階での「PMFパネル展」/ PMF poster exhibit in Hotel Okura Sapporo
 

最後に......
 

ホテルオークラザッハトルテとPMFCD_影-2.jpg
Sachertorte in the rhythm of PMF melody, that serves at Lounge Precious on the first floor
 

1階の「ラウンジ プレシャス」で提供している「ザッハトルテ~PMFのメロディにのせて~」(540円)は、テイクアウトもできます。
ウィーン発祥のチョコレートケーキ、「ザッハトルテ」。上品で濃厚な有機チョコレートとバターを使い、アプリコットジャムと生地に入っているオレンジピールがアクセントの絶品スイーツです。
ぜひ、PMFのコンサートCDを抽選で当てて、PMFのメロディにのせて好きな場所で"スイーツタイム"を堪能してはいかがでしょう。
 

【さっぽろ食彩フェア~PMFのメロディにのせて~】
・場所: ホテルオークラ札幌(札幌市中央区南1条西5丁目)
・期間: 2021年6月1日(火)~6月30日(水)
・協力: 公益財団法人PMF組織委員会
・コラボイベント:
 ・PMFスクリーンコンサート(6月10日・6月20日・6月30日の11時、12時、13時、14時)
 ・PMF修了生弦楽トリオ生演奏「開業18周年記念アニバーサリーコンサート」(6月15日・6月25日の16時、17時、18時)
 ・ピクニックコンサート in ホテルオークラ札幌(7月31日)
・アクセス: 地下鉄「大通駅」「3番出口」より徒歩約1分/JR「札幌駅」より徒歩約15分

 

関連サイト
ホテルオークラ札幌
PMF (パシフィック・ミュージック・フェスティバル)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > ひと足お先に「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」!6月は食と音楽を「ホテルオークラ札幌」で

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について