トップ > 日本 > 札幌特派員 > "北海道余市"をヨーロッパのエッセンスで食べ尽くす「余市 Bar Loop」(よいち・ばる・るーぷ)

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

"北海道余市"をヨーロッパのエッセンスで食べ尽くす「余市 Bar Loop」(よいち・ばる・るーぷ)

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2021年5月25日

2021年4月、まだ札幌に特別措置要請が出される前に出かけた余市町でのレポートです。
将来の北海道旅の予習として、旅の計画の参考にしてください。
 

余市 Bar Loopって?
 

1-1_entrance_night_P4230538.jpg ▲ "YOICHI Bar Loop" of Yoichi Town in Hokkaido  

2020年9月、北海道余市町にレストランがオープンしました。
「余市 Bar Loop」です。
 
1-2_signature_P4240855.jpg

 
P4230616-2.jpg

 
2階・3階では「ホテルLoop」の客室があり、1階のレストランとともにホテルの運営も行っています。
「ワインを余市産の豊富な魚介や肉、野菜やフルーツとともに楽しめるレストラン」がコンセプト。
 

店名に"バル"とあるように、スペイン料理をメインにお店はカジュアルな雰囲気もありますが、提供する料理は"バル"の料理というよりはレストラン!
アラカルトからコースまで、本格的な料理をいただけます。
 

料理とワインへの力の入れ具合は、スタッフの方のキャリアからも見てとれます。
シェフ、ソムリエ(支配人)ともスペインやフランスをはじめ国内外での経験があり、本場の技術やサービスを提供しています。
 

1-4_blackboard_P4240878.jpg
 

そんなお店のコンセプトが表れているようなボード。
スペイン語とフランス語でメニューや食材名が書かれています。
サラダ、タパス、アヒージョ、野菜、タコ、鴨の燻製など......。
 

もうひとつのボードには、スペイン語とフランス語でメニュー表記がありました。
ボードを見ただけでも異国情緒を感じます。
海外へ来たような気分になり、リフレッシュ感、アップ。

 

余市×スペイン×フランス
 

さっそく、楽しみにしていた料理です。 余市町は、野菜やフルーツの産地で、季節を通して新鮮な魚介がとれるほか、「北島豚」というブランドポークが育てられています。 スペイン料理と深い関係がある「豚肉」「魚介」が手に入ることから、スペイン料理がよりおいしくいただける町かもしれません。  

P4230656.jpg
▲ Kitajim pork and chicken liver pâté de campagne
 

「タパスの盛り合わせ」をと思っていたのですが、メニューに北島豚のパテ・ド・カンパーニュとあり、迷わず「パテ・ド・カンパーニュ~北島豚のもも肉の粗びきと鶏レバーと供に」(900円)。
想像していたより、ふた回りくらい大きなサイズで、食べられるかな......と思ったのも束の間、
 

P4230667.jpg
 

最初はパンにのせず、パテ・ド・カンパーニュをそのまま味わいました。
ひと口食べた瞬間に目がぱっちり開くほど、おいしい!
食べきれないかもしれない心配は杞憂に終わったどころか、あっという間にお腹に消えていきました。
それどころか、まだ食べていたい気持ち。
 

2_P4230684.jpg
▲ Cherry salmon and Asari clams from Yoichi with green sauce as a chef's specialty
 

コース料理だと食べきれないかもしれない、と心配でアラカルト料理にしたのですが、メニューを見ると、魚料理と肉料理、どちらかには選び難く、結局、両方を注文しました。
が、結果的には両方いただけてよかったです。
魚は「スペシャリテ」より、「余市港で採れた本日の鮮魚とアサリのサルサ・ヴェルデ」。
 

4月、おいしいサクラマスが揚がり始めた頃だったので、本日の鮮魚が「サクラマス」と聞いて、迷わずこちらにしたのですが、登場したスペシャリテは、アサリがハマグリのように大きいことにも驚き。
サクラマスが小さく見えるほど。
 

P4230694.jpg
▲ Cherry salmon

ですが、サクラマス、決して小さくはありません。
 

この時期ならではのサクラマスの味と、大きさだけではないアサリの旨味、そしてソースとの三位一体になった味わいは、とても滋味深くもありました。
ソースまで完食は必至。
 

P4230729.jpg
▲ Seafood Paella (small)
 

スペイン料理といえば、代表格のパエリア。
いろいろな料理を楽しみたいと欲張ったので、「魚介のパエージャ」は量を少なめにしていただきました(小パエリアひと皿2200円)。
 

P4230751.jpg
 

ですがレギュラーサイズをいただきたくなるほど、お米に魚介の旨味がギュッと詰まっていて、おいしい!
パエリアは、注文後に生米から炊き始めるので、予約をしていない場合は少し時間がかかりますが、待っていた甲斐があります。
むしろ、待っても食べたほうがよいと思う深い味のパエリアでした。
パエリアは「北島豚のパエージャ」もあるので、次回はこちらも食べてみたいです。
 

P4230757.jpg
▲ Roasted Kitajima Pork from Yoichi
 

そして楽しみにしていた肉料理、余市産「北島豚」のメニューからは、「北島麦豚肩ロースのロースト~余市が誇る北島豚を絶妙な火入れ加減で」(2200円)。
メニューに"絶妙な火入れ加減で"とありましたが、この火入れ加減と北島豚の融合でしょうか。とても柔らかいローストに!
脂も甘く、おなかに余裕があれば、いつまでも食べられそうなローストポークです。
 

ちなみに、「北島麦豚肩ロースのロースト」も調理に時間がかかるので、食事の最初から食べたい場合は予約がおすすめです。
 

ワインは余市産からフランス産・スペイン産まで、こだわりラインアップをグラスでもおいしく
 

3_P4230718.jpg ワインと料理を楽しめるお店とのことで、ワインのラインアップが豊富です。  

地元、余市産・仁木産(余市郡仁木町:余市町の隣町で「余市・仁木ワインツーリズムプロジェクト 」エリア)ワインは、人気の「Domaine Takahiko 」や「Domaine Atsushi Suzuki 」など、常時10銘柄ほどの余市産ワインを揃えているそう。
本場での経験が豊富なソムリエの厳選ワインのラインアップに加え、ワインを"グラスでも楽しめるように"との強いこだわりも。
 

P4230722.jpg
▲ "Coravin™" wine preservation system at Yoichi Bar Loop
 

「コラヴァン™ワインシステム」という抜栓せずにワインボトルからワインを注ぐことができるシステムを採用しています。
このシステムでは、ワインを飲む際、キャップシールをカットしたりコルクを抜いたりしなくても、そのままコラヴァンのニードルをコルクに差してボトルからワインを注げます。
 

このとき、注いだワインと同じ量の"アルゴンガス"がボトル内に注入され、その後もワインが酸素に触れることなく、ワインは引き続き自然な状態で醸成し続けられるそう。
また、「コラヴァン™ワインシステム」のニードルをコルクから抜いても、コルクが自然にニードルの穴をふさぐので、ワインを注いだあとも注ぐ前と同じようにワインの鮮度を保てるという画期的なシステム。
これにより、「余市 Bar Loop」では、これまでなかなかグラスで提供できなかったワインもグラス提供が可能になったそうです。
 

P4230639.jpg
▲ CODORNIU ARS COLLECTA LA PLETA

 

最初にいただいたのは、スペインスパークリング、カヴァ「コドーニュ アルス・コレクタ ラ・プレタ 2009」。
とてもラッキーなことに、この日、貴重なカヴァをグラスでいただくチャンスに恵まれました。
 

P4230636.jpg
▲ HIRAKAWA WINERY NOTRE SIECLE Grande Cuvée 2019
 

そしてこちらは余市の「平川ワイナリー 」「ノートル シエクル グランド キュベ 2019」。
フルーツ感を楽しんだ白。
 

P4230702.jpg
▲ DOMAINE MONT Mont Rouge 2018
 

赤は余市の「ドメーヌモン 」「モン・ルージュ 2018」。
余市産ツヴァイトゲルトレーベル100%で造られた赤で、ちょっとスパイシー。甘い脂の北島豚ローストとおいしくいただきました。
 

飲んでみたいワインは、ほかにもすでにいろいろありましたが、さらに飲んでみたいワインができました。
「余市 Bar Loop」の関連会社「余市川ワイナリー倶楽部」では、現在、ワイン用ブドウを栽培している最中。2021年秋にも初めてそのブドウでワイン醸造を開始し、そのワインは「余市 Bar Loop」で提供する予定だそうです。
自社で手がけるワインと料理、両方がいただけるのは、マリアージュがさらに楽しみ!
 

「余市 Bar Loop」では、その日おすすめの貴重なワインに出合えるチャンスもあります。
選んだ料理との最高のマリアージュのためにも、ぜひ経験豊かなソムリエに相談して、最高のペアリングを楽しんでください。

 

Loop(勝手に)フォトギャラリー
 

「余市 Bar Loop」の印象的なシーンを写真で紹介します。  

P4230716.jpg
 

4-2_P4230711.jpg
 

4-5_P4240863.jpg
 

4-6_P4240875.jpg
 

P4230621.jpg
 

4-4_P4230628.jpg
 

⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂
 
今回はディナーをいただきましたが、「余市 Bar Loop」では、週末の金曜・土曜・日曜のみ、ランチ営業を行っています。
 

5_appearance_P4241230.jpg
 

日替わりランチプレートで、北島豚や魚料理をいただけるそう。
週末、「カジュアルにランチを」というときにも、ぜひ「余市 Bar Loop」を訪れてみてください。
また、営業時間等の詳細は、余市 Bar LoopのFacebookページ でもご確認ください。
 

【余市 Bar Loop】
・住所: 北海道余市郡余市町黒川町4-123
・TEL: 0135-21-7722
・営業時間: Dinner 17:30~22:00(L.O.21:00/drink 21:30)
      Lunch(金曜・土曜・日曜のみ営業)11:30~14:30(L.O.14:00) 
・定休日: 月曜
・アクセス: JR「余市駅」より徒歩約1分(JR余市駅前ロータリー前)

 


 

関連サイト
余市 Bar Loop
余市 Bar Loop (Facebookページ)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > "北海道余市"をヨーロッパのエッセンスで食べ尽くす「余市 Bar Loop」(よいち・ばる・るーぷ)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について