トップ > 日本 > 札幌特派員 > 札幌から車で40分。ミズバショウの大群落がある「マクンベツ湿原」(石狩市)

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

札幌から車で40分。ミズバショウの大群落がある「マクンベツ湿原」(石狩市)

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年4月17日

今年2021年は例年より少し早く、ミズバショウの季節がやってきました。
ミズバショウというと、湿原や湿った草原などに自生しており、4月~5月にかけて釧路湿原を歩いたとき、すでにピークが少し過ぎていたのですが、緑色の湿原にポツポツと広がるミズバショウがとても印象的でした。


DSCN2208.jpg
"5月の釧路湿原で / Kushiro Wetland with skunk cabbage in May"


北海道の早春、ようやく木々の芽が膨らみ始める頃にやっとみられるようになる"花"のひとつがミズバショウです。
雪解け水の中にひょっこり顔を出して白い花を咲かせる様子は、道産子が待ちわびていた「春」を象徴するような輝きにも見えます。


そんなミズバショウ、札幌から遠く離れた湿原(例えば釧路湿原など)へ行かなければ見られないかというと、そんなことはありません。
札幌からほど近いところに、なんとミズバショウの大群落がある湿原があります。


それが札幌市に隣接する石狩市にある「マクンベツ湿原」です。


【札幌駅からマクンベツ湿原までのアクセス】


「札幌駅」界隈から車で出発すると、40分ほどで「マクンベツ湿原」に到着します。
「中央バス札幌ターミナル」(大通東1丁目3)から乗車すれば、バスでのアクセスも可能です(バスの場合は所要時間約1時間)。


【中央バス「矢臼場停留所」(「道の駅あいろーど厚田」行き・「トーメン団地」行き】


マクンベツ湿原最寄りの「矢臼場停留所」から湿原木道入口までは、徒歩約10分で到着です。


1_skunkcabbage_P4160471.jpg


「マクンベツ湿原」の駐車場に車を停め、湿原木道入口まで歩いていると、まだ若いフキノトウをみつけました。
札幌市内をはじめ、平地では、フキノトウはかなり成長していますが、ここでは開いたばかりのフキノトウがいくつも咲いています。


2_signature_P4160480.jpg
"Makunbetsu Wetland"


ほどなく木道入口に到着します。


幅1mくらいの木道は、石狩川に向かってのびています。
木道を歩き始めると、すぐ足元近くにミズバショウが、そしてハンノキの森の奥深くにまで、ミズバショウが広がって咲いていました。


マクンベツ湿原は、「低層湿原」という湿原の表面が地下水位よりも低いところにある湿原です。
低層湿原には、ミズバショウが咲いたり、ヨシやスゲという植物が多く見られます。


3_skunkcabbages_P4160490.jpg


4_zoomed_P4160545.jpg
"Asian skunk cabbage"


今年は少し早く開花したようで、ミズバショウの葉は伸びていましたが、真っ白い花が一面に咲いている情景に息を飲みました。


5_baretrees_P4160533.jpg


マクンベツ湿原は、ハンノキの森のエリアとヨシが茂るエリアに分かれており、ミズバショウはハンノキの下に咲いています。
木道を進んでいくと、ハンノキが途切れ、突然視界が開けます。


6_wetlandwithreed_P4160564.jpg


そこにはハンノキとミズバショウの森とうは打って変わり、まるでアフリカのサバンナのような(サバンナには行ったことはありませんが)光景が広がります。


さらに木道を進むと、再びハンノキの森へ入ります。


7_woodenpath_P4160620.jpg


次第に石狩川へ近づいているのですが、こちらの森のミズバショウは、それほど大きく育っていないようです。


8_remainingsnow_P4160603.jpg


見ると、ところどころに雪が残っていました(今日の雨で解けたかもしれません)。


9_riverishikari_P4160590.jpg


そして木道の最深ポイント、石狩川に到着。
川の向こう側には、まだ薄っすらと雪が残っている山々が見えます。
(恐らく樺戸連山だと思います)
川面に波が立っているのを見てもわかるように、風がビュービューと吹いて川べりはかなり寒かったのですが、川と山を臨む広々とした景色に清々しい気持ちになりました。
ちなみにこの日、最高気温は15℃で、この時期としてはかなり暖かい日でしたが、強風のため体感温度は5~6℃くらいに感じました。


10_watery_P4160659.jpg


マクンベツ湿原は、北海道内でも有数の規模を誇るミズバショウの大群落だそうです。
ミズバショウの可憐な姿に癒やされつつ、もうひとつの個人的な楽しみは、水面に映るハンノキの枝ぶりです。
深い色の水とそこに写ったハンノキのコントラスト、さらに白いミズバショウが点在しているところは、よりおもしろい光景だと思います。


11_alongthewalkpath_P4160476.jpg


最後になりましたが、木道を歩かずとも、堤防と湿原に沿って整備されている遊歩道からでもミズバショウを見ることができます。
時間があまりないとき、木道が混んでいるときなどは、遊歩道からミズバショウを背景に記念撮影をする人もいました。


2021年春のミズバショウシーズンは、そろそろ終盤を迎えそうですが、札幌近郊で湿原を堪能したい場合にも、ぜひ「マクンベツ湿原」の木道を歩いてみてください。


【マクンベツ湿原】
・場所: 北海道石狩市船場町 石狩川河口橋堤防沿い
・ミズバショウ開花時期: 4月中旬~5月初旬
・アクセス: 札幌中心部より国道5号線・国道231号線を経由し約20km(約40分)/「中央バス札幌ターミナル」(札幌駅前ターミナルとは異なります)から「札厚線(道の駅「あいろーど厚田」行き)」または「石狩線(トーメン団地行き)」乗車、「矢臼場(やうすば)」停留所下車(所要時間約1時間)、徒歩約10分
(※中央バス「石狩線(石狩行き)」の「矢臼場」停留所からは徒歩約20分)


関連サイト
石狩観光協会
石狩市 公式ホームページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 札幌から車で40分。ミズバショウの大群落がある「マクンベツ湿原」(石狩市)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について