トップ > 日本 > 札幌特派員 > 春の芽吹きを発見!

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

春の芽吹きを発見!

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年3月16日

今日は、とても地味な写真の投稿で恐縮ですが、お付き合いください。


3月初旬、全国的に大きな被害を受けた地域もあったほど、記録的な爆弾低気圧の影響を札幌でも受け、例年に比べ積雪が少なかった札幌も3月2日には1日で20cm以上の降雪がありました。
積雪は80cm近くになり、春は遠のいたと思っていましたが、ここ数日のプラス気温で、一気に春の兆しが......!


1_P3160437.jpg


道路の雪が解けただけではなく乾いて砂埃が舞いそうなほど(雪解けの過程で、解けて間もない場合、解け続けているときなどは、雪はなくとも道路が濡れています)。
そしてこの時期、車や人の通りが多い道路の雪がなくても、周りには雪がたくさん残っている場合も多いのですが、脇に目をやると雪が解けたところに青々とした野菊の新芽が出ています。


2_P3160439.jpg


さらには解けた雪が再び氷り、地面との間にできた隙間には、青草が育っていました。
おそらく雑草だとは思いますが、この時期、ようやく芽吹いてきた植物を目にすると、雑草さえもかわいらしく見えてきます。
きれいな白い雪が姿を消すのは、これまた少し名残惜しくはあるのですが、春の訪れが待ちきれないこの時期は、わずかでも「色」に敏感になります。


3_P3160416.jpg


こちらは雪が解けて間もない花壇です。
雪の重みで植物が平になっています。


4_P3160418.jpg


そして時間が経つと、ゆっくりと頭をもたげて立体的に。


5_P3160425.jpg


6_P3160375.jpg


さらに視野を広げてみると、花壇の土から芽がいくつも出ていました。


7_P3160392.jpg


こちらは公共施設の敷地に植えられたエリカカルネア。


8_P3160382.jpg


9_P3160399.jpg


雪を割るように咲き始めていました。


10_P3160427.jpg


そしてコニファー。
よく見ると、深緑の葉の先に黄色い新芽が伸びていました。


P1210176.jpg
(1月のナナカマド)


P3040256.jpg


北海道の街路樹に多いナナカマドは、小鳥に実を食べつくされ丸裸状態です。このように木の種類によっては、冬芽も新芽もまったく出ていない植物もまだ多いのですが、道産子は、日照時間の長さや太陽光の強さ、そして小さな芽吹きにわずかな春を感じ始めています。
(撮影:札幌市内)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 春の芽吹きを発見!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について