トップ > 日本 > 札幌特派員 > 春一番に咲く北海道各所の「キタコブシ」スポット

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

春一番に咲く北海道各所の「キタコブシ」スポット

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年3月14日

東京では、3月14日に桜の開花したそうです。
ここ札幌では山はもとより平地でも雪が残っているところが多く、桜の開花はまだ1カ月は先になりそうです。


一方で、道外では1月下旬から梅の花が百花に先がけて先始めますが、北海道では春一番に咲くのはキタコブシ。
梅より、サクラより早く咲きます。
開花時期は、4月中旬から5月下旬頃。


キタコブシは、エゾコブシ、マンサク、ヤチザクラ、シモザクラなどという呼び方をすることもあります。
なお、「マンサク」は、一般的な「まんさくの花」から由来するのではなく、「先ず咲く」から来た名前だそう。
また、本州の「コブシ」とは異なり、花や葉が大きいそうです。


今回は、北海道のあちこちでみつけた「キタコブシ」をご紹介します。
写真の下のカッコ内は撮影日です。その年の気温によって前後しますが、開花時期の参考にしてください。


0418_shiryokan_P4180026.jpg
(4月18日)


「札幌市資料館」の敷地内に咲いたキタコブシ。
大通公園の西端、大通西12丁目にあります。
建物正面に咲くサクラもよく知られていますが、正面玄関の裏手には庭もあります。


0420_hariusu_P4200014.jpg


0420_hariusu_P4200030.jpg
(4月20日)


こちらは札幌の隣、小樽市張碓で。
国道5号線近くの森に咲くキタコブシです。
この時期、周りの木々はまだ裸の枝ばかりで、薄茶色の中に真っ白いキタコブシが光るように咲いています。
札樽自動車道や国道5号線を車で走っていると、小樽市に入った辺りの山肌によく見かけます。


0421_mt.okura_P4210545.jpg


0421_mt.okura_P4210008.jpg
(4月21日)


雪も緑もない茶色い山肌にそこだけ白いキタコブシが咲いているようすもきれいです。
(札幌市中央区の大倉山ジャンプ競技場近くの森で)


0425_nakajimapark_P4252718.jpg


札幌市内中心部でもキタコブシを見ることができます。
こちら↑は地下鉄南北線の駅にもなっている「中島公園」。


0425_nakajimapark_P5010313.jpg


0425_nakajimapark_P5010315.jpg
(4月25日)


サクラが咲き始める頃、キタコブシの花は終わり近くなっていることもありますが、タイミングが良ければキタコブシの白い花とサクラのピンクを同時に楽しめることも。


0510_odori6chome_P5100131.jpg
(5月10日)


大通公園6丁目などでもキタコブシが見られます。
こちらもこの時は咲き始めのサクラとの競演が見事でした。


0428_nakasatsunai_P4280319.jpg
(4月28日)


十勝・中札内村の「道の駅なかさつない 」で遭遇したキタコブシ。
まだ咲き始めで梢にポツポツと開いた花が青空に映えていました。
ここで満開のキタコブシを見てみたいものです。


ちなみに「道の駅なかさつない」は、お菓子で有名な「六花亭」の「六花の森 」が近くにあります。
キタコブシが咲く同じ時期には、「六花の森」では包装紙に描かれている「六花」が咲き乱れるているので、春の花を満喫するならこちらもおススメです。
(六花の森は冬期休業中。2021年のオープンは4月23日の予定)


0430_kairakuen_tsukigata_P4300144.jpg
(4月30日)


札幌から車で1時間ほど北へ行ったところにある「月形町皆楽公園 」。
エゾエンゴサクが美しいスポットですが、思いがけず咲き乱れるキタコブシに魅了されました。
温泉(ホテル)や5月上旬からオープンするキャンプサイトも併設されたスポットです。


0430_yakumo_harvester_P4300012.jpg


0430_yakumo_harvester_P4300014.jpg
(4月30日)


最後にご紹介するのは、道南・八雲町の「八雲バーべスター」の敷地内に立つキタコブシ。
ハーブ鶏のフライドチキンやグリルチキンで有名なスポットです。
遠くに海を見渡せるロケーションにも感動する目にも胃袋にもおいしいスポットで、思いがけず立派なキタコブシに出会いました。


1_erica_P3220527.jpg


ちなみに現在の札幌は、雪が解けたところから顔を出して、唯一「エリカ・カルネア」が咲き始めました。
聞くところによると、マイナス30度くらいまで耐えられる花だそう。
ここからフクジュソウ、キタコブシ、サクラ、というような順序でゆっくりと春はやってきます。
そしてサクラが咲くと、百花が一斉に咲き始めます。


※キタコブシについては、いずれも2020年より前に訪れた際の写真です。コロナウイルスの感染防止対策のため開園時間等を変更している可能性があるので、各施設の開園情報はその都度ご確認ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 春一番に咲く北海道各所の「キタコブシ」スポット

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について