トップ > 日本 > 札幌特派員 > 2月4日より「オンラインさっぽろ雪まつり2021」開催!参加型「さっぽろ雪フォトまつり」も実施中

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

2月4日より「オンラインさっぽろ雪まつり2021」開催!参加型「さっぽろ雪フォトまつり」も実施中

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り 投稿日:2021年2月 4日

毎年、200万人以上が訪れる「さっぽろ雪まつり」。
2021年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年のような"来場型雪まつり"の開催は中止になりましたが、「オンラインさっぽろ雪まつり2021」として、ウェブ上でさっぽろ雪まつりを開催しています。


P2082459.jpg
(写真は過去の雪まつり期間中に赤れんが庁舎前で撮影した写真です。今回のオンラインさっぽろ雪まつりとは関係ありません)


オンラインさっぽろ雪まつり2021 」では、市内で製作した小規模雪像4基を写真で紹介。
実際の雪像の作り方を動画でレクチャーするページや、第4回(1953年)からの会場の様子や雪像の規模、プロジェクションマッピングの動画(2016年~)も公開しており、普段は知ることができない内容をウェブ上で楽しむことができます。
また、これまでテレビ局や新聞社が制作したこれまでの雪まつりの様子や札幌の冬を紹介する特別動画も配信しており、家に居ながら臨場感あふれるさっぽろ雪まつりを楽しめる内容です。
さらに通常、開催期間は1週間ほどですが、オンラインさっぽろ雪まつりは、開催期間が2月4日から2月28日までと例年より長くなっています。


また、オンラインで誰もが参加できるイベントも実施中。
さっぽろ雪フォトまつり 」として、インスタグラムやツイッター、ウェブサイト投稿フォームから「さっぽろ雪まつり」など、指定の3テーマに沿った写真を投稿するハッシュタグキャンペーンです。
応募した作品は、表彰や賞品もあります。


「オンラインさっぽろ雪まつり2021」で、さっぽろ雪まつりの思い出を振り返ったり、2022年以降の雪まつりに備えて情報収集するのもよいと思います。
ぜひ、一度アクセスして、コンテンツを楽しんだり、「さっぽろ雪フォトまつり」に参加したりして、2021年は家に居ながら思い思いの「さっぽろ雪まつり」を過ごしてみてください。


【オンラインさっぽろ雪まつり2021】
開催期間: 2021年2月4日(木)~2月28日(日)
URL: https://online.snowfes.com/
【さっぽろ雪フォトまつり】
応募受付: 2021年2月12日まで
応募部門: ・「思い出の雪まつり」部門
      ・「北海道雪景色」部門
      ・「エンジョイSNOW」部門
応募方法: Instagram・twitter・WEBサイト投稿フォーム
URL: https://photocon.snowfes.com/


以下は、過去のさっぽろ雪まつりで撮影した写真です。


2012.2.10 (5).jpg


P1100925.jpg


2012年と2014年の大雪像。
生き生きとした大雪像と、しんしんと降りしきる雪が印象的です。
例年、札幌の2月は、寒さと降雪が多いシーズン。最高気温がマイナスの日も珍しくなく、まさに雪まつりシーズンです。
ただ、時折、急に暖気が訪れ、雪像がとけだして札幌市民はハラハラドキドキすることもあります。


href="https://tokuhain.arukikata.co.jp/sapporo/images/3_P2060121.jpg">3_P2060121.jpg
4_P2050424.jpg 5_P2082551.jpg


自分にとって雪像観覧がしやすい「ちょうどよい」気温や天候にはならず、歩いているうちに足が凍えるほど冷たくなって寒い思いをしたり、そうかと思うと予想以上に気温が高くなり、カイロを体中に貼り過ぎたせいで汗をかいたり。
札幌市民でも、そうそう思うようにいかないことはありますが、放射冷却でぐっと冷えながらもくっきり晴れた青空に白い雪像の精巧な彫刻が映えている様子は、見ると寒さ(暑さ)は吹き飛んでしまう爽快感があります。


6_P1040016.jpg


世界各地から製作チームが訪れる「国際雪像コンクール」。
昨年2020年を振り返ると、国際雪像コンクールは開催されましたが、中国からの製作チームが参加を取りやめていました。
それでも世界各地の製作チーム、それも東南アジアやハワイなど雪がない地域からのチームも含め、デザイン性にあふれる雪像を既定の製作期間内に造っていた様子が懐かしくとても印象的です。


7_P2070331.jpg


白い雪像だけではなく、青く透き通った氷像も雪まつりの目玉です。
ライトアップされた夜の氷像は、何度見てもきれいです。


8_P2070434.jpg


氷像といえば、忘れてはならない、すすきの会場!
通常は交通量が多い札幌駅前通が歩行者天国になり、精巧な氷像がずらりと並び圧巻です。


9_P1190038.jpg


同じ氷でも、こちらはスケートリンク。
最近では、大通公園1丁目、さっぽろテレビ塔の目の前に作られるスケートリンクも雪まつりシーズンの大通公園の風物詩です。


10_P2040317.jpg


チョコバナナやイチゴあめ。
カラフルなフードに目を奪われます。
さっぽろ雪まつり大通会場は、数えきれないフードブースも楽しみのひとつです。
体が冷えてきたら、熱い甘酒やココア、暖かい食べ物を味わいながら、体を温めます。


11_P2070012.jpg


2021年は、過去の雪まつりに思いを馳せつつ、来年以降の雪まつり再開を一緒に願いましょう!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 2月4日より「オンラインさっぽろ雪まつり2021」開催!参加型「さっぽろ雪フォトまつり」も実施中

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について