トップ > 日本 > 札幌特派員 > 北海道医師会などが独自の「医療緊急事態」を宣言

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

北海道医師会などが独自の「医療緊急事態」を宣言

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2020年12月14日

304FCF46-B96C-4746-8BA2-02D739FE02D7.jpeg


北海道では、2020年12月14日、北海道医師会や道病院協会などでつくる団体が独自に「医療緊急事態」を宣言し、北海道道民に向けて、さらなるマスク着用や密の回避などの基本的な感染回避行動を取るように呼びかけています。


これに先駆け、北海道医師会では11月30日付で単独の「医療緊急事態」を宣言し、通常診療の支障や入院施設のベッド問題、人員の不足などを訴え、感染回避行動を取るよう呼びかけていましたが、ここへきて、道病院協会などとつくる団体が記者会見を行い、医療における緊急事態を宣言したものです。


北海道では、12月14日に道内各地が雪に見舞われたほか、多くの地域で1日の最高気温が0度以下の「真冬日」を観測するなど、気候も急激に厳しくなっています。


冒頭の写真は、第40回を迎えた「さっぽろホワイトイルミネーション」大通公園2丁目会場。医療従事者の皆さんへの感謝を込めて青色を基調した「ブルーライトアップ」です。


全国的にも感染拡大が拡がっているなか、医療従事者の方々に敬意を表しつつ、私たちは身の回りでできることを着実にやっていきながら、お互いの健康を守っていきたいものです。
多くの皆さんがまた元気に北海道へいらっしゃる日が1日も早く来ることを心から願っています。


関連サイト
北海道医師会

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 北海道医師会などが独自の「医療緊急事態」を宣言

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について