トップ > 日本 > 札幌特派員 > すすきのナイトは、女性ひとりでも行きたい食事も充実のオーセンティックバー「THE LONG BAR」で。

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

すすきのナイトは、女性ひとりでも行きたい食事も充実のオーセンティックバー「THE LONG BAR」で。

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 夜遊び・クラブ・お酒 投稿日:2020年1月23日

ススキノで女性がひとりでも楽しめるオーセンティックバーをご紹介します。


1_HOTEL_P1150087.jpg


ホテル「ANAホリデイ・イン札幌すすきの」1階にある


2_longbar_P1150341.jpg



「THE LONG BAR」!
ホテル内1階からも入店できます。


4_BOTTLES_P1150170.jpg


5_roundtable_P1150208.jpg


6_GLASSES_P1150202.jpg


店内に入ると、美しく並んだお酒やバカラのグラスが目に飛び込んできます。


3_counterbar_P1150160.jpg


が、この長いカウンターバー!
黒御影石でできており、11mもあります!


7_COUNTERTABLE_P1150332.jpg


雰囲気に感動しつつ、カウンター席に着いて思わず黒御影石を堪能。


8_craftbeer_yonayonaale_P1150220.jpg


"Craft beer, YONAYONA ALE from Karuizawa in Japan"


ギネスブックにも載りそうな数のドリンクの種類に圧倒されながら、最初の一杯は、クラフトビール「よなよなエール」(900円)で。
(お店のHPにメニューがかなり詳しく載っていますが、全メニューの一部です)


9_fishandchips_P1150128.jpg


10_fish_P1150149.jpg


"Fish and Chips"


そしてこちらのお店、オーセンティックバーですが、フードメニューが本格派!


写真↑は「フィッシュ&チップス」(1,200円)。
肉厚のフィッシュフライが印象的です。


11_kamenote_P1150152.jpg


"Boiled Percebes (shelfish, goose barnacle)"


そして初めてお目にかかった珍味「カメノテの塩ゆで」(1,500円)。
フジツボの仲間だそうですが、本当に亀の手のようで驚き、その味にもびっくり。


12_finger_P1150217.jpg


魚介の旨味をすべて凝縮したような濃厚なダシが塩ゆでしたカメノテから出ています。
お酒と一緒に楽しみたい、まさに珍味。


13_afterdark_P1150230.jpg


"Craft beer, Afterdark from SPRING VALLEY BREWERY"
クラフトビール「アフターダーク」(スプリングバレーブルワリー/900円)。


14_gnocchi_P1150328.jpg


"Fried Gnocchi with ground meat, which is made of pumpkin from Hata Fram in Yuni Town, Hokkaido"


期間限定のメニューもありました。
「カボチャと挽肉のフライドニョッキ」(1,300円)


北海道由仁町産のおいしいカボチャを入荷したとのことで、この日は、このカボチャを使った期間限定ドリンクやフードを提供中。


ドリンクは「自家製コーヒーラムとかぼちゃのフローズンカクテル」(1,600円)、フードはこのほかバーニャカウダ(1,600円)やチーズペンネ(2,000円)、「カボチャのカタラーナ」(1,300円)のスイーツもありました。


15_gnocchi_P1150334.jpg


北海道産かぼちゃのラインアップはどれも魅力的でしたが、今回はフライドニョッキをいただきました。


ひき肉の味がローズマリーの香りで引き立ち、カボチャとの相性もこの上なく良い劇的においしいニョッキです。


フードの通常メニューはアヒージョなどの前菜やピッツァやパスタなど、地中海料理をメインに北海道産食材を使った期間限定メニュー、その日の仕入れ状況による日替わりのこだわりフードがあるので、食事をする際は、ぜひ、スタッフの方に尋ねてみてください。


16_craftbeer3_P1150264.jpg


クラフトビールは、上記のほか「水曜日のネコ」(写真左)、「インドの青鬼」(各900円)の4種類をいただけます(2020年1月現在)。


個性あるクラフトビールと、そのクリーミーな泡を飲み比べながら料理とのマリアージュをじっくり楽しめます!


17_fruits_P1150185.jpg


数あるドリンクメニューの中で、今回はクラフトビールをいただきましたが、カウンター越しに気になっていたフレッシュフルーツ。


こちらのお店では、フレッシュフルーツを使ったカクテルもたくさんあり、最後に一番のおすすめをいただきました。


18_P1150232.jpg


"Short Cocktail of strawberry SACHINOKA from Hata Farm in Yuni Town, Hokkaido"
「さちのかのショートカクテル」(1,600円)


由仁町の畑農園が栽培する「奇跡のいちご」とも呼ばれるいちご「さちのか」を贅沢に使ったカクテルです。


カクテルが目の前に置かれると、口元へ運ぶ前から、その芳しい香りにびっくり!
これまで体験したどのいちごよりも甘く、魅惑的な香りなのです。


19_creamybubbles_P1150237.jpg


口に含むと、その味と香りに目が丸くなりました。
畑農園の「さちのか」いちごのメニューは、このほかロング(2,000円)、フローズン(1,600円)、シャンパン(2,200円)、ピンクシボレー(2,500円)とあります。


いちごそのものをシャンパンなどといただきたい場合は、2Lサイズの「さちのか」を一粒(500円)でもいただけます。


この甘さと香りは、一度は体験してみることを強くおすすめします!


20_carvingice_P1150317.jpg


P1150200.jpg


22_appearance_P1150345.jpg


夜の街、すすきのの雰囲気をお洒落に味わうお店として本格的な食事も楽しめる「THE LONG BAR」はいかがでしょう。


なお、グループで、よりプライベートな時間を楽しみたい場合は、個室の利用も可能です(ルームチャージ1時間5,000円)。


【THE LONG BAR】
札幌市中央区南5条西3-7 ANAホリデイ・イン札幌すすきの 1階
TEL: 011-215-0677
営業時間: 18:00~27:00(翌3:00/L.o 26:00)
定休日: 日曜・年末年始
     ※連休の場合は最終日
テーブルチャージ: 500円(税別)
*アクセス*
・地下鉄南北線「すすきの駅」より徒歩約3分
・地下鉄東豊線「豊水すすきの駅」より徒歩約2分


関連サイト
THE LONG BAR


近隣のホテル・施設
・ANAホリデイ・イン札幌すすきの(徒歩0分)
・スーパーホテル札幌・すすきの(徒歩約2分)
・メルキュールホテル札幌(徒歩約3分)
・札幌東急REIホテル(徒歩約4分)
・東横INN札幌すすきの交差点(徒歩約4分)
・東横INN札幌すすきの東(徒歩約7分)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > すすきのナイトは、女性ひとりでも行きたい食事も充実のオーセンティックバー「THE LONG BAR」で。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について