トップ > 日本 > 札幌特派員 > 北海道・積丹町「余別 浜寿し」で、"夏の海鮮"を楽しむ

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

北海道・積丹町「余別 浜寿し」で、"夏の海鮮"を楽しむ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年8月26日

北海道、特に札幌近郊では、積丹(しゃこたん)町といえば...
恐らく、おいしい旬の「雲丹(うに)」を思い浮かべる人が多いと思います。


小樽から西へ積丹町へ続く町はいずれも日本海に面し、
おいしい海鮮が食べられるエリアでもあります!


File0805.jpg


"The ocean blue at Shakotan Town, which is named Shakotan Blue"


そこで「積丹ブルー(シャコタン・ブルー)の海を見に
積丹町へ出かけた先では、もちろんおいしい海鮮グルメのランチ。


今回訪れた、積丹町の人気観光スポット、神威岬にほど近い
「余別 浜寿し」をご紹介します。


P8032648.jpg


P8032646.jpg


"Sushi restaurant, Yobetsu Hama-Sushi near Cape Kamui"


積丹町中心部から神威岬へ向かう道沿いにあります。
前浜で獲れたネタを中心としたお寿司はもちろん、
豊富な種類の海鮮ちらし(海鮮丼)などをいただけます。


P8032627.jpg


"Sashimi Rice Bowl, Hama-don with fresh raw seafood"


たとえば、こちらは「浜丼」(1,400円)。
生のネタを中心に10種類もの海鮮がちりばめられた浜丼は、
新鮮な海鮮丼を楽しむのに十分すぎる内容です。


「浜丼」は十分すぎる贅沢な内容でしたが、
北海道の旅の思い出に、さらにバリエーションに富む海鮮丼をご所望の方は...


P8032641.jpg


"Extra Special Sashimi Rice Bowl, Tokujo-chirashi with more than 15 kinds of sashimi"


この迫力ある「特上ちらし」(2,800円)はいかがでしょう。


P8032635.jpg


浜寿し特上ちらしの全貌。


浜寿しでは、特上ちらし、上ちらし(2,000円)とあり、
江戸前ちらし、生ちらしとも呼ばれる、いわゆる海鮮丼のメニューです。


特上チラシは、ざっと数えただけでも15種ほどが散りばめられています。


P8032645.jpg


さらに、特上ちらしには、イクラやサーモンの下から、
なんと、高級すしネタとして知られる「シャコ(蝦蛄)」なで隠れています!


季節や天候によって、ネタは多少異なることがありますが、
この海の幸の鮮度とボリューム、おすすめです!


さらに、この時期(~8月下旬頃)の特典は、新鮮なウニ。


P8032622.jpg

"Sashimi Rice Bowl, Shakotan-don with sea urchin, abalone, salmon roe and squid"


ウニ漁がおこなわれているこの時期ならではのウニを中心とした
特別なメニューがいくつかあります。
・うに・あわび・いくら・イカの「積丹丼」(3,000円)
・うに・あわび・平目の「三色丼」(3,000円)
・うにトロ丼(3,200円)
・うに平目丼(2,800円)など。


写真↑は「積丹丼」。
ウニの存在感と人気の海鮮ネタをたっぷり楽しめる海鮮丼です。


道産子は、こちらのさらに特別なウニ丼をめざして積丹を訪れる人は多いのですが、
浜寿しでもウニを堪能できるメニューがあります。
・生うに丼(白/3,900円)
・生うに丼(赤・5,600円)
・赤・白うに丼(ハーフ&ハーフ/5,000円)
というラインナップ。


北海道ではエゾバフンウニを"赤うに"、キタムラサキウニを"白うに"と呼び、
味の違いを食べ比べさせてくれるお寿司屋さんがあります。


積丹半島のウニ漁は6月~8月までだそうで、
お店によって、ウニの在庫がなくなる9月上旬まで季節限定の生うにメニューをいただけます。


P8032617.jpg


ドライバーでなければ、海鮮とビール、
特に神威岬の先端まで歩いたあとのビールは格別です。


【余別 浜寿し】
北海道積丹郡積丹町余別町9-12
TEL: 0135-46-5334
営業時間: 夏期(~9月) 8:00~16:00
定休日: 不定休・冬期休業
※夏期営業最終日等は、電話で直接ご確認ください。
*アクセス*
・車で札幌中心部より札樽自動車道、後志自動車道(余市IC下車)経由、道道229号で約80分
・バスで札幌駅前ターミナルより、9:15発北海道中央バス「高速しゃこたん号」乗車、「積丹余別」停下車(約3時間10分/夏期のみ運行)、徒歩約2分
※バス利用の場合、日帰りの場合、行き、帰り(積丹余別13:47発)とも利用可能な高速しゃこたん号は1便なので留意してください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 北海道・積丹町「余別 浜寿し」で、"夏の海鮮"を楽しむ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について