トップ > 日本 > 札幌特派員 > 札幌で北海道産熟成肉をおいしいワインで~ローザンヌで腕を振るったシェフの料理をカジュアルに堪能

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

札幌で北海道産熟成肉をおいしいワインで~ローザンヌで腕を振るったシェフの料理をカジュアルに堪能

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年5月10日

肉とワインを楽しみたい方に特におすすめのお店を紹介します。
札幌中心部にある「La Boucherie 29」。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ


"Hokkaido beef restaurant, La Boucherie 29 at the central area of Sapporo"


「ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ」と読みます。
"ヴァンヌフ"は、まるで"ポンヌフ"(パリで有名な橋)にもよく似て、とてもオシャレな響き。


「熟成肉がとてもおいしい!」と聞いていたので、楽しみにやってきました。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ(札幌)


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:ワイン


お店は落ち着いた雰囲気で、パリの写真などが飾られています。
なんでも、シェフがローザンヌ(スイス)でシェフとして働いていたそうで、
そのせいか、お店の照明具合がなんとなくヨーロッパのレストランを思わせます。


ところが店名はなんとダジャレから。
29(ヴァンヌフ)は、"肉"が由来だそう。
ちなみに"LaBoucherie"もフランス語では肉屋さん。
"肉"へのこだわりを感じます。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:キリン一番搾り


メニューにある店名の由来に楽しくなったところで、
最初の一杯「キリン一番搾り」(\500)。
余談ですが、北海道千歳工場で造ったキリン一番搾りは、日本名水100選の水で仕込んであり、
グラスで飲むとよりおいしさを感じられます。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:アミューズ/パートサブレ


"Today's amuse, Pâte sablée"


この日の"アミューズ"(\500)は「パートサブレ」。
ほろほろと口で崩れるパートサブレは、
フォアグラムースとビーツのジュレの上にアーモンドクランブルが乗っていて、
とても芳ばしく、ビールといただいていましたが、赤ワインが恋しくなる風味です。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:前菜の盛り合わせ/自家製シャルキュトリー6種


"Assorted cold-cuts"


パートサブレの余韻を楽しんでいると、追いかけるようにやってきた
「前菜盛り合わせ:自家製シャルキュトリー6種」(\1,200)。


単品の前菜がとてもおいしそうで決めかねていたところ、
お店の方が盛り合わせを勧めてくれました。


この日の内容は、
・パテドカンパーニュ
・鶏モモガランティーヌと白ワインジュレ
・ラベンダーポークハム
・鶏むね肉燻製
・エゾ鹿ベリーソース
・レバーペーストと金柑マーマレード
以上の6種類!


それぞれ異なる風味と味わい深さで、欲張って正解です。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:無濾過秘蔵ワイン


"White wine from Japan"


ここで飲み物を白ワインに。
こちらのお店では、各国のワインがいろいろ取り揃えられていますが、
ワインリストにはないスポットで入荷するワインもあるそう。
お店の方に相談すると、おすすめを紹介していただけます。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:旬の野菜取り合わせ バジル香るグリーンアイオリソース


"Seasonal vegetables with green garlic sauce with basil"


「旬の野菜取り合わせ バジル香るグリーンアイオリソース」(\1,200)は、
野菜たっぷりで食べごたえがあるホットサラダです。


・黄ニンジン
・アンリーブ
・タケノコ
・タラの芽
・アスパラ
・ミニミニチンゲンサイ
・グリーンアイオリ
・山イモ
・ポロネギ


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:バジル香るアイオリソース


春なので、山菜も入っているところがとても新鮮です。
アイオリソースと山菜の相性もぴったりでした。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:SENDA


今度はこの日のメイン、楽しみにしていた肉料理を前に
赤ワインにチェンジ!


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:道産熟成十勝牛と道産黒毛和牛の食べ比べ


"Dry-aged ramp steak from Tokachi in Hokkaido and Wagyu ramp steak from Furano in Hokkaido"


「道産熟成十勝牛と道産黒毛和牛の食べ比べ」(\3,300)


熟成させた十勝牛と富良野和牛の食べ比べです。
いずれもランイチで、黄人参ピューレ、赤ワインソース、カイエンペッパー
自家製マスタードなどをつけていただきます。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:道産熟成十勝牛


"Dry-aged ramp steak from Tokachi"
「道産熟成十勝牛」


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:北海道産黒毛和牛(富良野)


"Wagyu ramp steak from Furano"
「道産黒毛和牛」


どちらもランイチですが、熟成の違いによって、
味がかなり違ってきます。
食べ比べて初めてわかる違いを実感します。


また、いろいろなソースや塩と味を変えて食べられるので、
何度も異なる味を味わえて、とても贅沢なひと皿。


ここまでシャルキュトリー、野菜料理、ステーキと
バランスよくいただいて、満足感いっぱいでしたが、
ここでやめられませんでした。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:泡のパフェ


"Parfait with froth"


あまりに魅惑的だったのでいただいてしまった「泡パフェ」(\580)。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:泡パフェ


"泡"は、スパークリングワインもしくはノンアルコールのスパークリングワインから選べます。
とにかく、おいしい!
〆にぜひいただきたいところです。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:アールグレイ香るクレームブリュレ


"Creme Brulee of earl grey tea"


「アールグレイ香るクレームブリュレ」(\400)。
アールグレイの香りのせいか、後味もすっきりしたクレームブリュレです。
こちらもおすすめ。
本格的デザートが5種類もあり、食後も楽しみなラインナップです。


最後になりましたが、ステーキになる前の北海道産牛の熟成肉を見せていただきました!


18_Tokachibeefrump_P4230085.jpg


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:十勝ホルスタインランイチ

ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:十勝ホルスタインランイチ


"Beef ramp from Tokachi, Hokkaido"


50日以上熟成十勝牛のランイチ。


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:熟成Lボーン


ラ・ブーシェリー・ヴァンヌフ:熟成ホルスタインLボーン


こちらは90日以上熟成十勝産牛のLボーン。


お店の冷蔵ケースにずらりと並んでいます。
おいしいステーキやシャルキュトリーが食べたくなったら、ぜひ行ってみてください。
熟成肉のおしさは、病みつきになりそうです。


【La Boucherie 29】
札幌市中央区南1条西1-13-5
TEL: 011-206-8529
営業時間: Lunch 12:00~14:30(L.o 14:00)
      Dinner 17:30~23:00(L.o 22:00)
定休日: 日曜
*アクセス*
・地下鉄「大通駅」より徒歩約4分
・JR「札幌駅」より徒歩約15分


関連サイト
La Boucherie 29
北一ミート株式会社

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 札幌で北海道産熟成肉をおいしいワインで~ローザンヌで腕を振るったシェフの料理をカジュアルに堪能

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について