トップ > 日本 > 札幌特派員 > 映画の世界広がるフォトジェニック&アートなフレンチ・ランチコース「そらのランチ」

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

映画の世界広がるフォトジェニック&アートなフレンチ・ランチコース「そらのランチ」

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 投稿日:2019年1月12日

JR札幌駅近くのセンチュリーロイヤルホテルの「スカイレストランロンド」では、
2019年1月25日公開の北海道・せたな町を舞台にした映画「そらのレストラン」の公開を記念し、
上映に先駆け、1/31までの期間限定で"せたなの恵みをわかちあう「そらのランチ」"を実施しています。


1_hotel.jpg


「そらのランチ」(ひとり\3,500・税抜)は、フレンチのランチコース。


P1120013.jpg


"At the entrance doors on the first floor"


料理が出てくるたびに思わず歓声をあげてしまう「そらのランチ」をご紹介します。


3_lobby.jpg


"Panel Exhibition of the movie "Sora no Restaurant" at the lobby of Century Royal Hotel near the JR Sapporo Station"


センチュリーロイヤルホテル2階ロビーでは、
映画「そらのレストラン」のパネル展を実施中。


映画「そらのレストラン」では、おいしそうな料理が登場する食事シーンや、
北海道せたな町の食材が数多く出てきます。


その映画を実際に見たシェフが、コースのすべての料理にせたな町産の材料を使い、
さらに映画のシーンからイメージを膨らませたフレンチコースです。


4_table.jpg


5_menu.jpg


"Sky Restaurant RONDO on the 23rd floor in the hotel"


こちら↑がセンチュリーロイヤルホテル23階のスカイレストランロンド。


4_view.jpg


"A view of Sapporo from the restaurant on the 23rd floor"


実は、スカイレストランロンドでの楽しみは、料理に加え、
ゆっくり360度回転するレストランでの展望です。


特に冬のこの時期、目まぐるしく天候が変わっていくようすや
空模様ならぬ雲模様をじっくりと堪能できます。


写真↑は、雪が降っているなか、遠くには日が当たってるところ。


6_water.jpg


この日はスパークリングウォーターで乾杯(コースとは別料金)。


7_petitamuse.jpg


"Amuse Bouche: Cauliflower Mousse and Fruits Vineger Drink from Hokkaido"


「北海道産飲むフルーツ酢とプティアミューズ」


この日のフルーツ酢は、北海道産マルメロのフルーツ酢。
やわらかな酸味が食欲を刺激します。


8_mousse.jpg


食べたくなるかわいらしさのプティアミューズは、カリフラワーのムースに
バジルシード、海藻の成分を使った金箔入りゼリー、とうがらしのピクルスでできています。


なめらかなムースはカリフラワーの濃厚な味わいで、酸味と甘みがおいしいピクルスが味のアクセントに。


9_marine.jpg


"Seafoods Marine from Setana Town, in the style of Cloud-in-the-sky"


2品目は「せたな町産のお魚と海の幸マリネ Cloud in the sky 見立て」。
映画に出てくる美しいせたな町の景色、青い大空と雲をイメージした絵画のような一皿です。


10_marine.jpg


気になるふわふわの白い雲はスプーマ。
よく見ると雲に降りかかるきれいな青いパウダー、こちらも手作りだそう!
オーシャンブルーというグレープフルーツ味のドレッシングを一度パン粉を加えて固め、
それを砕いてパウダーにしているそうです。


定番のオリジナルドレッシングは、じゃがいも"シャドークイーン"とともに空にかかる虹に。
見た目だけではなく、海の幸はヒラメ・甘エビ・毛ガニとこちらも豪華。


アートのようなお料理で、いつまでも見ていたくなる気がしましたが、
食べるときはお皿の上で混ぜてからいただくのがおススメ。
海の幸、野菜、ドレッシングがどれを一緒に食べてもおいしく、
混ぜることで、少しずつ異なる味覚を楽しめます。


12_soup.jpg


"Soy and Rice Potage"


「大豆と米のスープ 濃久里夢(こくりーむ)ほいっぷ添え」
湯気いっぱいのスープです。


このスープ、映画で最も印象深い食事シーンのひとつに登場するスープをアレンジしたそう。
個人的には、映画を見て食べてみたい筆頭お料理だったのですが、
ここでそれが実現し、食べる前から感動。


11_bread.jpg


"Spinach Bread and Rice Bread"


スープの上にカタチよく乗っていた大豆ホイップ濃久里夢は、
熱々であっという間に溶けてしまいましたが、
大豆とお米のスープは見た目通りのやさしい味で、体が温まるうえ、
北海道産米"ふっくりんこ"の玄米パンと合う!


ちなみにほんのりグリーンの小麦パンは、ほうれん草を練り込んでいます。
玄米パンとは風味が異なり、パンひとつをとっても違いを楽しめます。


13_window.jpg


お料理の美しさやおいしさ、せたな町産材料の豊富さなどから、
映画「そらレス」の話題まで、夢中で食べたり話したりしていましたが、
気付くと雪が舞っていた空が一転、日差しが差していました。


14_fish.jpg


"Today's fish from Setana Town with Melba toast"


空の変わりように話がまた盛り上がっているところで、魚料理がきました。
「せたな町産のお魚のグラッパ香るブイヤベース メルバトースト添え」


劇中、グラッパやアクアパッツアが登場します。
それをフレンチで表現すべく、ブイヤベースにしてグラッパを使ったそうです。


この日のお魚は、せたな町産のシマゾイ。
そしてカリッカリのメルバトーストは、札幌で人気のパン屋さん「コロン」のパンだそう。


15_bread.jpg


肉厚のシマゾイはもちろん、メルバトーストも濃厚な味のブイヤベースとともに。
ブイヤベースはいつまでも食べていたい旨味が凝縮されています。


16_view.jpg


日差しが指したり曇ったりするなか、お料理の見え方も変化して
それがまた話題になり、話がつきません。


17_porkwothcheese.jpg


"Pork Ragout with UFO pie and cheese, from Setana Town"


そして肉のメイン料理。
「せたな町産豚肉のラグー オレガノの香り 村上牧場のチーズで仕上げてUFO見立てのパイ添え」


18_pork.jpg


20_UFO.jpg


せたな町産のブランドポーク"若松ポークマン」をラグー(煮込み)にした一品です。
こちらも劇中に登場し、登場人物や映画の印象的なエッセンスになっている"オレガノ"と"UFO"が。


そして映画のモデル、せたな町村上牧場のチーズ"カリンパ"(パルメザンチーズ)を
料理の仕上げに振ってもらえる趣向にも魅了されます。


19_pork.jpg


煮込んだ若松ポークマンはオレガノが利いたトマトソースと絡み合って、
いくらでも食べられるおいしさ。


21_porkandUFO.jpg


チーズを振りかけていただき、UFOがお皿に乗っているサプライズを堪能したあとは、
パイをザクザクと崩してポークと一体化させていただきます。


チーズとパイのバターの立ち上ってくる風味、ポークのほどよい甘味とトマトソース、
ポークのやわらかさとパイの歯応え。


22_garnish.jpg


レーズンなどが入ったスイートポテトのような付け合わせもまた、
このラグーにぴったりです。


これまで5品、せたな町産の食材はもちろん、映画の世界を味わいつくした感でいっぱいです。


25_view.jpg


26_view.jpg


山の方からどんどん迫って来た雪雲を発見し、ほんの数分で変化してきた空模様を楽しみながら
最後のひと品とオーガニックコーヒーを待ちます。


23_desert.jpg


"Desert of MOFUMOFU"


そしてデセール(デザート)もよい意味で裏切ってくれました。
ここでも夢いっぱいのアート作品が目の前に。
「海が見えるレストラン」の風景をイメージしています。
「そらのもふもふデセール」


デセールひとつひとつのお菓子がとても凝っていて、それぞれが単品でリピートしたいほどおいしいです。


お日さまをイメージした赤いボールはクーベルチュール。
中がくりぬいてあり、甘酸っぱいフランボワーズソースが入れてあります。


ブルーキュラソーのゼリーと抹茶のクランブルも美味!
大地をイメージした抹茶のクランブルはスポンジから作ったそうで、しっとりしており、
雲のホイップクリームと一緒に食べるとさらに美味です。


24_mofumofu.jpg


メインの雲、もふもふを割ってみると、クリームチーズと北海道産マスカルポーネクリームが。
ベースのさくさくフォンセ(軽いパイ生地)に乗っています。


この"もふもふ"がペロリと食べられるほどおいしいスイーツなのです。
ひとつひとつ手作りのとても手が込んだスイーツで、それぞれを口に入れるたび目が丸くなりました。


P1120104.jpg


そして最後、お皿の上には、なんと虹が。
差してきた日の光がスパークリングウォーターのプリズムで「そらのランチ」を演出してくれました。


北海道映画「そらのレストラン」の世界感を感じるせたな町産食材のフレンチ・ランチコース。
映画を見る前でも見たあとでも、とても楽しめるランチコースです。


いつもは少し気構えてしまうかもしれないフレンチコースも、
「そらのランチ」では、おいしさと楽しさのあまり、いつもより会話がはずむことは間違いありません。


また、そらのランチは、「そらのレストラン」の映画観賞券を提示すると5%OFF(1枚4名まで)になります。
ぜひ映画の前売り鑑賞券を持って、コラボランチを食べに行ってください。


【スカイレストラン ロンド】
札幌市中央区北5条西5丁目 センチュリーロイヤルホテル23階
TEL: 011-221-3008
ランチ利用時間: 11:30~16:00
そらのランチ料金: ひとり\3,500(税抜)
*アクセス*
・JR「札幌駅」西改札口より徒歩約5分(地下直結)



関連サイト
・「そらのランチ 」(センチュリーロイヤルホテル)
そらのレストラン

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 映画の世界広がるフォトジェニック&アートなフレンチ・ランチコース「そらのランチ」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について