トップ > 日本 > 札幌特派員 > おいしい料理をお酒とともにゆったり、粋に。"そな田"の「き箱、前菜盛り込み」

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

おいしい料理をお酒とともにゆったり、粋に。"そな田"の「き箱、前菜盛り込み」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 夜遊び・クラブ・お酒 投稿日:2018年6月17日

おいしい料理をゆったりと、自分たちのペースで楽しみたい!
そんなときにおすすめのお店が札幌市中心部にある「そな田」です。


20_0_signage_P6140133.jpg


"Japanese tea, Sake, Wine and Japanese Cuisine, SONATA"


お茶、日本酒、ワインと料理を楽しめる「そな田」は、
お洒落というより「粋」なお店です。


その一端が玄関口にも...。
写真に見えるワラは、玄関に大きく掲げられた"茅の輪"です。
神社に行ってくぐる方もいらっしゃいますね。


6月ということで茅の輪を作ったそうです。
というわけで、こちらをくぐって思いがけず厄祓いもできました。
粋な計らいに入口からすでに気持ちが高揚。


20_0_ceiling_P6140124.JPG


幻想的にも感じる照明のトーンとお店のしつらえに
時間がゆっくりと流れている感じさえします。


19_1_box_P6140079.JPG


"Boxed hors d'oeuvre with seasonal delicacy"


今回のイチオシがこちらの「き箱、前菜盛り込み」(\2,500)。
茅の輪が乗ったき箱が運ばれ、その佇まいの美しさに目を見張ります。


18_2_horsd'oeuvre_P6140081.JPG


"Fresh sliced fish, stewed whelk, stewed mackerel with Japanese plum,
sea urchin, miso-flavored lamb and mantis shrimp, as hors d'oeuvre"


蓋を開いてさらに息を飲みました。
少量ずつ(とはいえ、全ていただくとちょっとしたボリュームです)、
いろいろな種類の味わいを楽しめる旬の料理の宝箱です。


この日は、
・サメガレイとコハダの刺身
・ツブ煮
・サバの梅煮
・ウニ
・仔羊の肉味噌
・シャコ

このラインナップの豪華さに感嘆しつつ、一緒にいただきたいのはお酒です。


17_3_sparklingbottle_P6140085.JPG


15_5_sake_P6140089.JPG


そな田では、常時、日替わりのグラスワイン、日本酒が5~6種類楽しめるので、
それぞれが好きなお酒で乾杯!
(1/2ボトルワインもオーダーできます)


前菜が6種類もあると、おしゃべりをしながら、お酒を楽しみつつ、
ゆったりと過ごせてとても贅沢な気分に。


"き箱"ひとつで、前菜にも、2次会の酒の肴としてもぴったりです。
ひとつひとつが味わい深く、ちょっと得した気持ちです。


14_6_yamecha_P6140091.JPG


"Green tea, Yamecha from Fukuoka"


こちらのお店のオシメニューのひとつは、日本茶。
こちらは「八女茶」(\800)。


新茶ならではのお茶の産毛が浮かんでいます。
これが浮かんでいると、質が高い新茶の証だそうです!
もちろん、お味は、普段、飲み慣れているお茶がほかの飲み物に感じます...。


16_4_sparklingglass_P6140095.JPG


"Cold green tea, Karigane, from Kyoto"


おしゃべりと料理とお酒を楽しみつつ、その合間には、極上の日本茶で口直し。
こちらは水出し茶です。スッキリとした飲み心地!
甘みの次に旨味が口の中に広がる京都の玉露「雁ケ音茶」(\700)。


12_8_dish_P6140103.JPG


ここで、アラカルト料理をいただきます。
陶製クロッシュとともに運ばれてきました!


11_9_seatoad_P6140107.JPG


"Natural anglerfish meuniere with its liver sauce, from eastern Hokkaido"


「道東沖天然鮟鱇のムニエルとその肝の共和えソース」(\1,200~)
天然アンコウの肝がソースになっている贅沢なひと品。
ほどよい濃厚さで、ボリュームもありましたが箸がどんどん進みます。


13_7_whitewine_P6140101.JPG


白ワインとともにいただくアンコウ。


10_kariganetea_P6140109.JPG


"Green tea, Sayama, from Saitama"


そして日本茶とも一緒にいただいてみました。
埼玉の「狭山」(¥800)です。


お茶の苦みで、口の中にスッキリ感が広がります。
あん肝にぴったりの組み合わせ!


9_11_italianwitewine_P6140113.JPG


さらにいただいたイタリアの白。
こちらも味わい深く、どちらかというとフランスワインのような風味です。


8_12_stewedlamb_P6140111.JPG


"Stewed lamb from Setana in Hokkaido, seasoned with Japanese pepper, with potato puree"


「瀬棚仔羊の山椒煮、男爵のソース」(¥1,200~)


いつも口にする羊の印象とは全く異なる繊細な口当たりの仔羊肉と、
男爵いもの滑らかな舌触りに驚きながら、


7_13_redwine_P6140120.JPG


赤ワインとともにいただきます。


6_14_eggsandwitch_P6140121.JPG


"Egg sandwitch"


夜はあっという間に更けていき、おいしい料理と飲み物に気持ちもお腹も満たされていたのですが、
お土産としても人気の「タマゴサンド」(¥1,500)をいただかずには帰れませんでした。


5_15_eggsandwitch_P6140126.JPG


翌日になっても水っぽくならない出汁巻きタマゴが
トーストしたパンにはさまれ、タマゴとトーストのバランスに、
口にした途端、これまで食べたタマゴサンドとは、全く別物!と思わずにはいられません。
それと同時に懐かしいような香りと味で、最後にほっこりした気持ちに。


お土産としても、翌日まで冷蔵庫に入れ、いただく前に電子レンジで温めなおしても
そのままおいしくいただけるそうです。


P6140128.jpg


"Green tea, Gyokuro"


タマゴサンドは、今日の日本茶のハイライト、「玉露」(¥1,000)とともに。
とろんとした全く角がないまろやかな舌触り。


3_17_whysky_P6140131.JPG


たくさん食べて飲んで、最後は希少なアグリコールラム、
サンテティエンヌで〆ました。


食事をいただくにも、アラカルトの一品でお酒を楽しみたいときにも
とてもおいしく時を過ごせるお店です。


アラカルト料理の量などは、予約をする際に人数などの要望を伝えると、
いろいろと対応していただけます。


女子旅の最後は、落ち着いた雰囲気の粋なお店で、
お酒も料理も楽しんでみてはいかがでしょう。
ぜひ、予約をして訪れてみてください。


【そな田】
札幌市中央区南3条西8-12-10(一軒家)
TEL: 011-272-6055
営業時間: 18:00~26:00(L.o 25:00)
      ※酒肴以外の料理・おみやげのL.oは22:00)
定休日: 日曜(日曜が祝日の場合、月曜に振替)
*アクセス*
・地下鉄東西線「西11丁目駅」より徒歩約8分(約600m)
・地下鉄「大通駅」より徒歩約13分(約1,000m)


関連サイト
そな田


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > おいしい料理をお酒とともにゆったり、粋に。"そな田"の「き箱、前菜盛り込み」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について