トップ > 日本 > 札幌特派員 > 夏とは異なる魅力!「白金青い池」ライトアップ@美瑛町

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

夏とは異なる魅力!「白金青い池」ライトアップ@美瑛町

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年2月16日

夏の美瑛ブルー(コバルトブルー)の水の色と
立ち枯れたカラマツの神秘的な風景が有名な
美瑛町「白金青い池」のライトアップを見に行きました。


美瑛町が行っているライトアップは冬季のみで、
11月~3月まで実施しています。


札幌の中央バス札幌バスターミナルより、
8:30発の都市間高速バスで旭川へ向かいました。


21_1_timetable_P1220166.JPG


20_2_bus_P1220170.JPG


"Intercity expressway bus from Sapporo to Asahikawa by Hokkaido Chuo Bus"


19_3_viewfromabus_P1220188.JPG


"View of the tress with snow from a expressway bus"


北へ向かう高速道路からは、木の枝一本一本に雪がついた
林の風景が印象的です。


18_4_asahikawastatio_P1220192.JPG


冬の道内移動は天候の影響を受けやすく、この日は
高速道路の速度規制があり、1時間ほど遅れの
11:40に旭川バスターミナルに到着。


そこから、1ブロックほど離れたJR旭川駅へ向かいます。
ここから富良野線列車に乗り、30分ほど揺られて美瑛へ。


この日、全国的に降雪があり、特に荒れ模様の道北エリア。
富良野行き普通列車は旭川駅に20分遅れで到着しました。


17_5_bieistation_P1220434.jpg


JR美瑛駅に着くと、思った以上に旅行客が多くいました。


いつもは車で周ることが多い美瑛ですが、
今回は、公共交通機関と美瑛町観光協会が実施している
青い池・白ひげの滝の「ライトアップコース」(大人2,500円)を利用します。


夕方、美瑛駅前にある観光情報センター「四季の情報館」前を
出発するバスツアーの前に、ホテルにチェックインを済ませ、
四季の情報館へ向かいます。


16_6_yamazakidrugstore_P1220482-001.jpg


四季の情報館前に薬局があり、店先に
カイロ各種が売っていたので、思わず入りました。


15_7_hotbag_P1220486.jpg


"Many kinds of pocket warmers which is sold in Hokkaido"


「ホシ山崎薬局」は、朝8:00~19:00まで、元旦以外は
年中無休で営業しているそう。


カイロも多数揃っていて驚きましたが、
コンビニでは売っていない薬はもちろん、雑貨もいろいろあり、
旅行者にとっては、ありがたいお店です。


美瑛に到着してから「思ったより寒い!」と
カイロを購入したいときなどにおすすめです。
外国人観光客をはじめ、旅行者が買い物や道を尋ねに訪れていました。


14_8_infocenter_P1220546.jpg


"Tourinst Information Center in Biei Town"


こちらが四季の情報館。


13_9_infocentersighnage_P1220552.JPG


12_10_panoramamodel_P1220478.JPG


"A panorama model of Biei Town in the Tourist Information Center"


四季の情報館は、美瑛町観光協会が運営しており、
美瑛町の観光に関する情報提供やお土産品の販売を行っています。


11_tourtag_P1220554.JPG


"A Tag of Winter Illumination Course and a luminous mark to wear"


ライトアップコースバスツアーのタグと
目印用の蛍光リングを受け取り、16:50に四季の情報館を出発。


10_12_shirahigefalls_P1220555.JPG


30分ほどで到着した白金温泉街にある「白ひげの滝」。


9_13_bieiriver@shirahigefalls_P1220063.JPG


この時期、青い池は凍った水面に雪が積もっていますが、
白ひげの滝では、滝の水が美瑛川に落ちる辺りの
水しぶきに美瑛ブルーの片鱗を感じられるように思います。


8_14_icefalls_P1220593.JPG


幾筋もの滝が氷瀑に。
天然の氷瀑が豪快です。


このとき、白ひげの滝界隈は気温マイナス9℃。
美瑛駅周辺より2℃ほど低い気温です。


白ひげの滝での滞在時間は約15分。
寒さに耐えきれず、早々にバスへ引き上げた人もいました。


7_15_bluepond_blue_P1220599.JPG


そして白金の青い池へ。
大型バス駐車場から遊歩道を少し歩きます。


遊歩道は、かなり暗いので、何人かがスマホのライトをつけて
前へ進みました。


そして10分間で1パターンのライトアップが展開される
青い池ライトアップに到着!


3_19_bluepond_light_P1220647.jpg


4_18_bluepond_skew_P1220641.JPG


青い池のライトアップは、凍った水に積もった
真っ新な雪面に映し出される木々の影が幻想的です。

ライトが多方向から順に照らされ、
影の伸びる方向や色が変わります。


概ね辺りは暗いのですが、明るくなるタイミングがあるので、
そのときに自撮りをすると、青い池と人物を両方撮影できます。


2_20_bluepond_woods_P1220685.JPG


P1220626.JPG


林越しに見る青い池のライトアップや月もまたきれいです。


青い池の滞在時間は40分のスケジュール。
こちらでも、寒くなった人はバスに戻って待つことができます。


途中、「ビルケの森」でトイレに寄って四季の情報館に戻りました。
(青い池にはトイレがありません)


<1_21_windowice_P1220690.JPG


"Window ice in the bus"


帰り道、曇ったバスの窓を手で拭ったら、
瞬く間に水分が凍っていきました。


0_treeillumination_P1220692.JPG


"A illuminated tree at the station"


四季の情報館に到着。
約2時間のバスツアーはこれにて終了。
いずれもかなり寒かったのですが、行ってよかった!
と思う美しさでした。


写真は美瑛駅前のイルミネーションツリーです。


<0_buttonhouse_P1220693.JPG


0_brokenheart_P1220694.jpg


ツリーの前、四季の情報館の反対側にボックスがあり、
そのなかのボタンを押すと、ツリーてっぺんのハートに
ひびが入りました。


美瑛の夜は、しんと静まり返って、ゆっくりと更けていきます。


関連サイト
美瑛町観光協会
青い池・白ひげの滝・町内ライトアップ(美瑛町公式HP)


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 夏とは異なる魅力!「白金青い池」ライトアップ@美瑛町

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について