トップ > 日本 > 札幌特派員 > 日本で2つ目の「オリンピックミュージアム」誕生@大倉山ジャンプ競技場

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

日本で2つ目の「オリンピックミュージアム」誕生@大倉山ジャンプ競技場

カテゴリー:スポーツ・観戦 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年3月16日

2017年2月、日本で2つ目となるオリンピックミュージアムが誕生しました。
大倉山ジャンプ競技場にある『札幌オリンピックミュージアム』です。


札幌オリンピックミュージアム


2016年まで「札幌ウィンタースポーツミュージアム」として小学生の見学授業などにも取り入れられていた施設が、
2016年10月、中国・南京市で開催された「オリンピック・ミュージアム・ネットワーク」の総会で承認され、
2017年2月、施設をリニューアルし「札幌オリンピックミュージアム」としてオープンしました。


札幌オリンピックミュージアム


札幌オリンピックミュージアム


"Sapporo Olympic Museum which was redesigned and opened in Feburuary, 2017"
これまでは1972年開催の冬季オリンピック札幌大会の展示品をはじめ、
札幌でのスキーとその歴史など、ウィンタースポーツを紹介していましたが、
オリンピックミュージアムに生まれ変わったことにより、
夏・冬両方のオリンピック・パラリンピックの歴史を
広く資料や映像、展示物で知ることができるようになりました。


札幌オリンピックミュージアム


札幌オリンピックミュージアム


"QR CODE for explanation"
入口は建物2階にあり、入ってすぐ左手から始まる「オリンピック・スピリッツ・ゾーン」では、
スマートフォンで読み取ると音声解説を聞くことができるQRコードが用意されています。


札幌オリンピックミュージアム


札幌オリンピックミュージアム


札幌オリンピックミュージアム


"Olympic Medalist's Equipments"
パネル展示では、古代オリンピックから近代オリンピックまでの流れや、
近年のオリンピックを写真や文字で見て、また、オリンピアンやパラリンピアンたちが
実際に使っていた道具の展示を見ても、テレビなどで観戦応援した
記憶の中のオリンピックがよみがえってきます。


札幌オリンピックミュージアム


"Big screen which the images of Olympics are projected on"
そして圧巻なのは、大きなスクリーンに映し出されるオリンピックの映像。
IOC本部があるスイス・ローザンヌのオリンピック・ミュージアムで流している映像と
同じコンテンツだそうで、来館者は迫力ある映像に見入っていました。


札幌ウィンタースポーツミュージアム


"Winter Sports Simulator Experience Zone on the first floor"
ミュージアム1階は、ウィンタースポーツのシミュレーション体験ができるゾーンです。


札幌ウィンタースポーツミュージアム


"Ski Jump Simulator, Ski Jump Mt. Okurayama"
ボブスレーやアイスホッケーのゴールキーパー体験、クロスカントリースキーレースなど、
いろいろなシミュレーターがあるなかで、ひと際歓声が上がっているのが
「スキージャンプ大倉山」。


札幌オリンピックミュージアム


実はこのとき飛んだのは、1994年リレハンメルオリンピックのノルディック複合団体で
金メダルに輝いた阿部雅司札幌オリンピックミュージアム名誉館長です。
飛距離は堂々の139m。
子どもが飛んでも大人が飛んでも、金メダリストが飛んでも大きな歓声があがります。
臨場感あふれるシミュレーターですが、スカート姿でも挑戦できます。


10_P3030378.JPG


同じく1階フロアでみつけたのは、元フィギュアスケート選手、小塚崇彦さんのスケート靴。
2017年2月開催の冬季アジア札幌大会開催期間中、札幌オリンピックミュージアムにも来館されたそうです。


札幌オリンピックミュージアム


札幌オリンピックミュージアム


札幌オリンピックミュージアム


リニューアルされてから、「五輪リストバンド」など記念グッズの販売もしています。
見て読んで体験する「札幌オリンピックミュージアム」、大人も子供も楽しめます。


※記事中の写真は許可を取って撮影・掲載しています。


【札幌オリンピックミュージアム(旧・札幌ウィンタースポーツミュージアム)】
札幌市中央区宮の森1274(大倉山ジャンプ競技場内)
TEL: 011-641-8585(総合案内)
開館時間: 夏季(4/29~11/3) 9:00~18:00
      冬季(11/4~翌4/28) 9:30~17:00
定休日: 年中無休
入場料: 大人600円/中学生以下無料/65歳以上450円
駐車場: 無料(大型車15台/普通車113台)
*アクセス*
・バス: 地下鉄東西線「円山公園」駅下車、2番出口「円山バスターミナル」より、
JRバス[円14]荒井山線「大倉山競技場入口」下車 (所要時間:10~15分)、徒歩約10分
・タクシー: 地下鉄東西線「円山公園駅」より約10分(約1,200円)、札幌市内中心部より約20分(約2,000円)


関連サイト
札幌大倉山展望台
オトナも子供も夢中。札幌ウィンタースポーツミュージアムin大倉山

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 日本で2つ目の「オリンピックミュージアム」誕生@大倉山ジャンプ競技場

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について