トップ > 日本 > 札幌特派員 > 北海道東部で食べられている「でんぷん団子」とは?

日本国内日本国内/札幌特派員ブログ

北海道東部で食べられている「でんぷん団子」とは?

カテゴリー:お題 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2015年11月27日

北海道の郷土料理。
代表的なものには「石狩鍋」「ちゃんちゃん焼き」
「ジンギスカン鍋」などがあります。

一方、北海道は開拓時代に日本各地から
入植者がやってきた歴史背景があります。

これにより、お正月のお雑煮をはじめ、
地域で共通というより、各家庭で異なるレシピの料理が
意外と多いように思います。

そのようななか、主に北海道東部で食べられている
郷土料理のひとつが「でんぷん団子」。

私は数年前に初めて知りました。

Potato starch pancake"denpun dango" which is local sweets in Eastern Hokkaido

Potato starch pancake"denpun dango" which is local sweets in Eastern Hokkaido


北海道特有のじゃがいも料理として、
「いも団子」が知られるようになり、
最近、北海道では居酒屋のメニューにもなっています。

同じく昔から豊富に採れたじゃがいもを利用した
昔ながらのスイーツが「でんぷん団子」です。

P1050691-001

澱粉を使うことで、より保存が利く食べ方として
考案されたようです。

P1050693-001

材料は、じゃがいも澱粉と「甘~い煮豆」!

作り方は、煮豆を作る際にできる"煮汁"と煮豆、
澱粉、塩少々をよく混ぜます。
さらに熱湯を加えてよく練ります。

油を引いた鉄板やフライパンで焼くとできあがり!

P1050696

味の決め手は甘い煮豆。

でんぷんのもっちり感が加わり、
とても食べごたえがあります。

焼き立ての熱いでんぷん団子の
香ばしさもおいしさの秘密です。

豆もじゃがいもも、北海道・道東地区の
主要農産物のひとつ。

お赤飯にも甘納豆、という
北海道の地域性も伺えるようなおやつです。

「でんぷん団子」は家庭料理ですが、
最近は道東のお祭りの屋台や、
通信販売を行っているところもあります。

機会があったら、北海道の昔ながらのスイーツ、
「でんぷん団子」を食べてみてください。

(11月お題"豆料理")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

市之宮 直子

日本国内・札幌特派員の市之宮 直子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/札幌特派員
名前:市之宮 直子

市之宮 直子

小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

札幌特派員トップにもどる

その他の北海道の特派員

札幌に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

札幌特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 札幌特派員 > 北海道東部で食べられている「でんぷん団子」とは?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について