トップ > 中南米 > ブラジル > サンパウロ特派員 > ブラジルの宗教人口統計

ブラジルブラジル/サンパウロ特派員ブログ

ブラジルの宗教人口統計

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2009年3月11日

DSCN2578.jpg
ブラジルはカトリック教の国といわれています。
現に、「Carnaval(カーニバル) が終わったら、次はPáscoa(イースター) 」という風にキリスト教にちなんだ行事が目白押しです。


ブラジル地理統計院(Instituto Brasileiro de Geografia e Estatística=IBGE)が発表した国勢調査(2000年)によると、ブラジルのカトリック教人口は全体約1億6987万人のうち、73.6%の約1億2498万人。
続いて、プロテスタント教が15.4%の約2618万人、心霊主義のスピリティズム(Espírita)が1.3%の約226万人、アフリカの民間信仰を起源とするウンバンダ・カンドンブレー(Umbanda・Candomblé)が0.3%の約53万人となっています。


国勢調査では、宗教人口統計を男女別、識字・非識字別、所得別、就学年数別など様ざまなカテゴリーで計算しています。


15歳以上を対象とした就学年数別宗教人口統計をみると、就学年数1年未満はカトリック教が77.4%と全体指数より増加、その他の宗教は若干少なくなる程度。
一方、就学年数15年以上になると、カトリック教は74.0%で全体指数とほとんど変わらず、プロテスタント教は9.3%と減少する代わりに、スピリティズムが6.7%と多くなります。


次に、10歳以上を対象とした所得別宗教人口統計では、最低月給(注1)1/2ヶ月分の低所得者層はカトリック教が79.4%で全体指数より増加、プロテスタント教が12.3%で微妙に減少しますが、劇的なのはスピリティズムで0.3%まで少なくなります。
ところが、最低月給30ヶ月以上の高所得者層になると、カトリック教が75.0%で全体指数とほとんど変わらないのに、プロテスタント教が8.2%と減少、反対にスピリティズムが5.1%と増加するのです。


就学年数や所得などの社会格差が宗教と関連しているなんて、興味深いですね。


注1) 最低月給(Salário Mínimo)とは政府が決めたブラジルの労働者の最低限の月給のこと。2009年2月から465レアル(約19614円、R$1=42.18円)


(写真説明:ブラジルの結婚式はキリスト教会で行うのが主流)


[参考サイト]
IBGE『国勢調査2000』宗教人口統計表

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

門脇 さおり

ブラジル・旧サンパウロ特派員の門脇 さおりが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブラジルブラジル/旧サンパウロ特派員
名前:門脇 さおり

門脇 さおり

島根県松江市出身。2003年4月から、ブラジルはサンパウロで暮らしています。鹿児島県奄美大島やサンパウロで新聞記者を経験。サンパウロの大学で経営学部貿易専攻を卒業後、マーケティング調査関連の仕事に携わっています。ラテンアメリカ最大の国際都市、サンパウロを定点観測、その魅力を皆様にお伝えします。ご意見・お問い合わせはこちら

サンパウロ特派員トップにもどる

その他のブラジルの特派員

サンパウロを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンパウロ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > ブラジル > サンパウロ特派員 > ブラジルの宗教人口統計

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について