トップ > 中南米 > ドミニカ共和国 > サント・ドミンゴ特派員 > 離婚をして有名に?

ドミニカ共和国ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ

離婚をして有名に?

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2009年10月28日

ドミニカ共和国の宗教はカトリック教。国民の9割以上がカトリック教だといわれている(本当の信者はどの程度いるのか疑問だが…)。カトリック教会では伝統的に信徒の婚姻関係は神の前で結ぶものであり、それを解くこと、すなわち離婚はできないと教えてきた (Wikipediaより)。かと言って、ドミニカ共和国では離婚する人が少ないかと言うと、そうでもない。


私がこっちに来ておもしろいと思ったのは、離婚の公表の義務である。離婚した人は全て、弁護士の承認のもと離婚が成立したとの記事を新聞に、しかも実名で掲載しなければならない。だから、新聞一面が離婚の公表記事になることもある。世間の恥だと思ってしまうが、こっちではそれが法律化されていて、公表の義務がある。


離婚した後の再婚は可能。しかし、二度目は教会で式を挙げることはできない。いくら相手が初婚であっても、バツイチの人と結婚するときは、教会婚ができないのだ...。カトリック教の人とこっちで結婚するときは、必ず既婚の有無を確認するように。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員のmonalisitaが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドミニカ共和国ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員
名前:monalisita

monalisita

サント・ドミンゴ特派員トップにもどる

サント ドミンゴを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サント・ドミンゴ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > ドミニカ共和国 > サント・ドミンゴ特派員 > 離婚をして有名に?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について