トップ > 中南米 > チリ > サンティアゴ特派員 > 2016年/2017年はチリのサマータイムが復活

チリチリ/サンティアゴ特派員ブログ

2016年/2017年はチリのサマータイムが復活

カテゴリー:お知らせ / 生活・習慣・マナー 投稿日:2016年3月30日

Reloj_EstacionCentral.jpg 昨年、突如として発表されたチリのサマータイム廃止 (夏時間/冬時間の変更が廃止され、夏時間に一本化)。ところが、今年3月16日にまたもや突如として冬時間の復活が発表されました。

2016~17年の2年のみ、夏時間/冬時間は以下の通りとなります。

夏時間 ~ 2016/5/14(土) 24:00(イースター島の場合22:00。以下同様)
→ココで1時間戻って23:00になる
冬時間 2016/5/14(土) 23:00 ~ 8/13(土) 24:00
→ココで1時間進んで翌01:00になる
夏時間 2016/8/14(日) 01:00 ~ 2017/5/13(土) 24:00
→ココで1時間戻って23:00になる
冬時間 2017/5/13(土) 23:00 ~ 8/12(土) 24:00
→ココで1時間進んで翌01:00になる
夏時間 2017/8/13(日) 01:00 ~ この先は未定


夏時間
【チリ本土の標準時間】グリニッジ標準時-3時間(GMT - 3)、日本との時差12時間
【イースター島の標準時間】グリニッジ標準時-5時間(GMT - 5)、日本との時差14時間


冬時間
【チリ本土の標準時間】グリニッジ標準時-4時間(GMT - 4)、日本との時差13時間
【イースター島の標準時間】グリニッジ標準時-6時間(GMT - 6)、日本との時差15時間


チリ海軍海洋情報局の標準時間ウェブサイト でも確認できます。


ちなみに、チリの朝は遅く、夜はなかなか更けません。夏至の頃のサンティアゴは7時前に日の出、9時を過ぎてから暗くなります。冬至に至っては日が昇るのが8時前(冬時間の場合)で、夏時間に一本化された2015年は9時前にやっと日の出だったので、子供たちは真っ暗な中通学しなければならず、実際にやってみてやはりこれは問題があると思う人が増えたようです。太陽と共に目を覚ましたい私としては2時間くらい時間を早めたほうがいいのでは?と思うのですが、チリ人は午後が長いほうがお好きなようです。


なお、今回の冬時間の復活は2年間限定の大統領令で発令されており、2018年以降はどうなるかまだ分かりません。迷走を続けるチリのサマータイム制、多くのチリ人(特に旅行・観光関係者)が「毎年のように直前に変更が発表されるのはもうやめて欲しい」と願っていることは確かです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Panchita

チリ・サンティアゴ特派員のPanchitaが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

チリチリ/サンティアゴ特派員
名前:Panchita

Panchita

何の因果かチリ人の夫に巡り合い、もうすぐチリ通算10年目。その間、北部都市アリカから南端プエルト・ウィリアムスまであちこちを旅してきましたが、チリは広く未達の地も多く残っています。現在はサンティアゴ在住で、調査や翻訳などの仕事で日々新聞やテレビのニュースと格闘中。たまに温泉に行くことを楽しみにし、どんどん発展していくサンティアゴを体感しながら毎日を過ごしています。 DISQUS ID @disqus_GCSP6HnaGR

サンティアゴ特派員トップにもどる

サンチャゴを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンティアゴ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > チリ > サンティアゴ特派員 > 2016年/2017年はチリのサマータイムが復活

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について