トップ > 中南米 > チリ > サンティアゴ特派員 > カルブコ山の火山灰がサンティアゴに到達!?

チリチリ/サンティアゴ特派員ブログ

カルブコ山の火山灰がサンティアゴに到達!?

カテゴリー:天気・気候・気温 投稿日:2015年4月29日

ニュースで見た方もいるかと思いますが、2015年4月22日にチリ南部のカルブコ山が噴火しました。噴火の瞬間をとらえた防犯カメラの映像がYouTubeにアップされています。画質は悪いですが噴煙が押し出されるように立ち上がっていく様子は迫力があります。ただし、6分近くあるので全部見るのには若干の忍耐が必要です。


今回の噴火は43年ぶりでこれといった予兆もなかったのですが、大量の火山灰を放出して噴火当日・翌日は幾つかの国内/国際便が運航中止になりました。周辺にも土石流の恐れや降灰など被害をもたらしています。ただし、カルブコ山は首都サンティアゴから南に直線距離で900km程の所に位置しており、正直言うとサンティアゴの生活には今のところ直接の影響はありません。


とはいえ、噴火後2~3日で火山灰がサンティアゴに到達するとの予報、さて、火山灰はサンティアゴまで来るのでしょうか。


...2日たっても3日たってもサンティアゴはいつも通りの空気の汚なさでした。
(秋~冬にかけてサンティアゴではスモッグがよく発生します。)


ところが、4日目の4月26日(日)起きて外を見ると、いつもはうっすらと見えるアンデス山脈の稜線が全く見えない!ついに火山灰到達か!?とその日は外出を避けて窓を閉め切って過ごしました。公園からはサンティアゴのコスタネラ・センターのグランド・タワーがかなりうっすらとしか見えません。
201504_Santiago-PlazaLasLiras.jpg  201410_Santiago-PlazaLasLiras.jpg

(左:4月26日/右:昨年10月のほぼ同じ場所から撮った写真)


しかし、気象局の発表によると「これは通常のこの時期の大気汚染で火山灰の影響ではない」そう。「本当か?」「車が灰で汚れた」と文句を言うサンティアゴっ子も多いですが...


火山灰のほとんどは、北東方面、つまり、アルゼンチン~ウルグアイ~ブラジル方面に流れて行っているのです。


という訳で、これからサンティアゴにいらっしゃる方へのメッセージです。

・火山灰はあまり心配の必要はありませんが、いつも冬は大気汚染がひどいです。
・ただし、マスクを着けて歩いている人はいません。
・航空便も現在は通常運行に戻っています。
・むしろ、アルゼンチンの航空便運行状況に気を付けてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Panchita

チリ・サンティアゴ特派員のPanchitaが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

チリチリ/サンティアゴ特派員
名前:Panchita

Panchita

何の因果かチリ人の夫に巡り合い、もうすぐチリ通算10年目。その間、北部都市アリカから南端プエルト・ウィリアムスまであちこちを旅してきましたが、チリは広く未達の地も多く残っています。現在はサンティアゴ在住で、調査や翻訳などの仕事で日々新聞やテレビのニュースと格闘中。たまに温泉に行くことを楽しみにし、どんどん発展していくサンティアゴを体感しながら毎日を過ごしています。 DISQUS ID @disqus_GCSP6HnaGR

サンティアゴ特派員トップにもどる

サンチャゴを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンティアゴ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > チリ > サンティアゴ特派員 > カルブコ山の火山灰がサンティアゴに到達!?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について