トップ > 中南米 > チリ > サンティアゴ特派員 > 先日噴火したビジャリカ山の火口を見るツアー

チリチリ/サンティアゴ特派員ブログ

先日噴火したビジャリカ山の火口を見るツアー

カテゴリー:お題 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年3月14日

2015年3月3日未明に約30年半ぶりに噴火したチリ南部のビジャリカ山。
日本でもニュースでマグマが噴き出す画像や映像を見た方も多いのではないでしょうか。


チリ国内に幾つかある"チリ富士"の一つとして誉れ高いビジャリカ山は、富士山とは異なり煙が出ていたり夜には頂上が赤く光っている時もある活火山なのです。
Volcan_Villarrica_5.jpg

このビジャリカ山には、年間を通じて登れるのです!!!
標高約2,850mで途中までリフトで上るので日帰り8~10時間程度、個人で登ることも可能ですが標識や登山道らしきものがほぼ無い雪山なので、ツアーに参加するか個人ガイドを依頼しましょう。ただし、火山活動が活発なときや天候によっては入山が禁止されます。今回の噴火前の2月中旬以降から入山禁止となっており、もちろん現在は登れません。


11年も前になりますが、2004年4月に私もビジャリカ山に登りました。
どのようなものかというと...

6:30頃 ツアー会社の事務所に集合。着替えて出発!
8:30頃 ビジャリカ国立公園内のスキー場に到着、リフトに乗る。前は山頂、後ろは湖と絶景です。
Acenso-al-Volcan-Villarrica_01.jpg  Acenso-al-Volcan-Villarrica_02.jpg  Acenso-al-Volcan-Villarrica_03.jpg

9:00頃 リフトから降りて登山開始。
休憩や昼食を挟むものの、ひたすら禿げた雪山を登るのはけっこう辛かった!
Acenso-al-Volcan-Villarrica_04.jpg  Acenso-al-Volcan-Villarrica_05.jpg

15:00頃 登頂!!!火口を覗き込んだり(運が良いと赤いマグマが見える)、
Acenso-al-Volcan-Villarrica_06.jpg  Acenso-al-Volcan-Villarrica_07.jpg

周囲の風景を見たり、雪と戯れたりですっかり元気回復
Acenso-al-Volcan-Villarrica_08.jpg  Acenso-al-Volcan-Villarrica_09.jpg

その後、下山...と思いきや、「ここからは滑って降りる」と突然急降下させられる。恐怖におののき腰砕け状態の私を横目に、他のツアー客は大はしゃぎ。スピード狂にはたまらない下山方法ですね。
Acenso-al-Volcan-Villarrica_10.jpg  Acenso-al-Volcan-Villarrica_11.jpg  Acenso-al-Volcan-Villarrica_12.jpg

18:00頃 ツアー会社の事務所に到着・解散


普通の登山とは一味違ったビジャリカ山登山、サンティアゴからは少々遠いですが時間があれば、そして火山活動が小康状態になった際にはチャレンジしてみてください!


【シーズン】
年間を通じて可能。ただし火山活動や天候により入山制限や禁止がある。
【登山ツアー(グループ)】
参加費:45,000~50,000ペソ(2015年現在、8,600~9,600円程度)
料金に含まれるもの:ツアー会社-ビジャリカ山間の送迎、防寒着・靴・装備、ガイド(英語&スペイン語)、保険、国立公園入園料 ※リフト代が含まれない場合があります。
料金に含まれないの:昼食・おやつ・水、リュック、登山のできる服装、サングラス、日焼け止めなど
ツアー会社:プコン市中心部にある PoliturTRANCURAAGUAVENTURA 等多数。数は少なくなりますが、ビジャリカ市発着のツアーもあります。


さて、「ここまでどう行くの?」と思った方のために、次回 はビジャリカ/プコンへのアクセス、他のアクティビティについて紹介したいと思います!


(3月お題"国内旅行先")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Panchita

チリ・サンティアゴ特派員のPanchitaが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

チリチリ/サンティアゴ特派員
名前:Panchita

Panchita

何の因果かチリ人の夫に巡り合い、もうすぐチリ通算10年目。その間、北部都市アリカから南端プエルト・ウィリアムスまであちこちを旅してきましたが、チリは広く未達の地も多く残っています。現在はサンティアゴ在住で、調査や翻訳などの仕事で日々新聞やテレビのニュースと格闘中。たまに温泉に行くことを楽しみにし、どんどん発展していくサンティアゴを体感しながら毎日を過ごしています。 DISQUS ID @disqus_GCSP6HnaGR

サンティアゴ特派員トップにもどる

サンチャゴを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンティアゴ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > チリ > サンティアゴ特派員 > 先日噴火したビジャリカ山の火口を見るツアー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について