トップ > 中南米 > チリ > サンティアゴ特派員 > これぞチリの食堂!"ラス・カブラス" 今回は豚足を食す

チリチリ/サンティアゴ特派員ブログ

これぞチリの食堂!"ラス・カブラス" 今回は豚足を食す

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2015年2月12日

チリ料理は色々ありますが、チリに来たら是非行ってみてほしいのがFuente de Soda(フエンテ・デ・ソーダ)
日本で例えるならば牛丼屋や蕎麦屋といったところで、チリ男子や学生に欠かせないチリ定番の食堂スタイルです。一般的な食堂とは違い厨房の周りにカウンター席があるなどの特徴があり、メニューはサンドイッチなどが中心です。


そんなFuente de Sodaを、世界で最も予約の取れないレストランと言われ2011年に閉店したスペインの三ツ星レストラン"El Bulli"で修業したこともあるチリ人シェフJuan Pablo Mellado(ファン・パブロ・メジャード)氏が開業!メジャード氏はチリらしいチリ料理のお店のアイデアをずっと考えていて、それこそがFuente de Sodaだったのです。


そこで、2014年12月にオープンしたばかりの"Las Cabras(ラス・カブラス)"に行ってきました。Cabraは「雌ヤギ」という意味ですが「若い女の子」の意味もあります。
Fuente-Las-Cabras_Local.jpg

1月後半の平日夜8時過ぎ、バケーションシーズンのせいか、そんなに混んでいません。サンドイッチもいいけれど、せっかくだから家庭料理を食べたいな、と迷いながら注文を始めると...


私「じゃあ、崩れるまで煮込んだ牛肉と太めパスタ(Mechada & tallarines)
店員「売り切れです」
夫「俺は、豚バラのレンズ豆添え(Malaya chancho & lentejas)
店員「レンズ豆が終わってしまいました」
私「えー、何が残っているの!?」


と、すったもんだの挙句、このような注文となりました。
Fuente-Las-Cabras_Platos-1.jpg  Fuente-Las-Cabras_Platos-2.jpg

左:スパイシー豚足(Pernil aliñado)コラーゲンたっぷりで美味しい!骨が大きいので食べる量は思うほど多くないのですが、それでも、大きくこってりで完食ならず。
中上:ピリ辛マッシュポテト(Puré picante)手作りでお芋の味がホクホク。辛さは控えめですが、苦手な人は要注意。
中中:手作りポテトフライ(Papas fritas caseras)これも手作りで美味しい。塩はかなりしっかり振られています。
中下:パンとぺブレ(Pan & pebre)料理に無料でついてきます。パンはあたたかく、ぺブレと呼ばれるトマトソースはシンプルでGOOD!(ぺブレには通常、トマトに加えて玉ねぎ・コリアンダー・唐辛子なども入っていて、お店や家庭によって味が違います。)
右:お皿にのったハンバーグ(1 Fricandela al plato)ふわっとはしておらず、しっかりお肉で食べごたえあり満足。
※サラダを頼むはずがポテト2種類になってしまいました。「横の人が頼んだポテトフライが美味しそうだった」と夫は言い訳するものの、濃い味の豚足には野菜が必要です。


メニューは2枚のみ。生ひき肉(Crudo de filete)、豚ホホ肉(Charchas de chanco)、ひよこ豆煮込み牡蠣添え(Carbanzos con ostions)なども魅力的で、次回チャレンジしたいところ。黄色い下線が今回頼んだ料理です。
Fuente-Las-Cabras_Menu-1.jpg  Fuente-Las-Cabras_Menu-2.jpg

この日は二人で写真の料理&生ビール(大)&コーラでチップ込2万ペソ(約3800円)でした。なお、会計は席でします。注文明細には推奨チップ額10%が記載されているので、注文した分を払ってチップを別に残すか、まとめて支払うかします。もちろん、おつりからチップが勝手に引かれている場合はチップをテーブルに残す必要はありません。


お店はそんなに広くありませんが、外にはテラス席もあります。
コスタネラ・センターのすぐ近くあり、旅行者にも出張者にもアクセス抜群でおススメです。
そして、一人でも入りやすいですよ!


Fuente-Las-Cabras_Afuera.jpg 【Las Cabras - Fuente de Soda】
場所:Luis Thayer Ojeda 0166, Providencia
(地下鉄トバラバ駅からショッピングモールCostanera Centerに向かい、モール連絡橋のエスカレーターの手前)
営業時間:毎日13:00~25:00
ウェブサイト:Facebook のみ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Panchita

チリ・サンティアゴ特派員のPanchitaが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

チリチリ/サンティアゴ特派員
名前:Panchita

Panchita

何の因果かチリ人の夫に巡り合い、もうすぐチリ通算10年目。その間、北部都市アリカから南端プエルト・ウィリアムスまであちこちを旅してきましたが、チリは広く未達の地も多く残っています。現在はサンティアゴ在住で、調査や翻訳などの仕事で日々新聞やテレビのニュースと格闘中。たまに温泉に行くことを楽しみにし、どんどん発展していくサンティアゴを体感しながら毎日を過ごしています。 DISQUS ID @disqus_GCSP6HnaGR

サンティアゴ特派員トップにもどる

サンチャゴを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンティアゴ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > チリ > サンティアゴ特派員 > これぞチリの食堂!"ラス・カブラス" 今回は豚足を食す

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について