トップ > 中南米 > チリ > サンティアゴ特派員 > サンティアゴっ子の足"トランサンティアゴ"を利用するには

チリチリ/サンティアゴ特派員ブログ

サンティアゴっ子の足"トランサンティアゴ"を利用するには

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2014年12月 9日

「サンティアゴで公共交通機関を利用する」
それは旅行者にとって至難の業です。


2007年に政府主導の下スタートした地下鉄と路線バスの統一システムTransantiago(トランサンティアゴ)は、当初、同一運賃で乗り換えができ利便性アップと期待されていたものの、混雑悪化や運賃アップで利用者の不満は高まるばかり。今では悪名高き公共交通システムとなっています。


そして、なぜ旅行者が利用しにくいかというと
「bip!カードが無いと乗れない」この一言に尽きます。


以前は、バスは現金払いだったのがトランサンティアゴ開始後は新しいICカード(bip!)に一本化されてしまったのです。実は、地下鉄のみの乗車の場合は切符が買えますが、窓口やウェブサイトに案内は見当たりません。

という訳で、地下鉄・バスに乗る場合は、まずはbip!カードを買いましょう。裏表同じようなデザインです。
Transantiago_01-1.JPG


地下鉄の窓口かbip!センターの看板のあるところで「ウナ・タルヘッタ・ビップ(bip!カード一枚)」といって「ヌエバ(新しいの)」と言えば通じるでしょう。その後、いくらチャージするか聞かれるので、指で何千ペソか示せばOK。bip!カードは1,400ペソ(カード代、約250円)で1,000ペソ以上500ペソ単位でチャージできます。乗車券を買いたい場合は、地下鉄の窓口で「ウン・ボレト(切符一枚)」と言ってください。料金は距離に関係なく一律ですが、時間帯によって変わります。
Transantiago_02.jpg


リチャージは地下鉄の窓口やbip!のマークのある場所でできます。ちなみにカードの払い戻しはできないと思ってください。公共料金の支払代行窓口のServiPAGでもチャージできます。
Transantiago_03.jpg


ここまでできれば、地下鉄には乗れるはず。地下鉄・バスに入るときはカードをピッとしますが、出るときは何もありません。切符で地下鉄に乗る場合は、改札で切符が回収されます。
Transantiago_04.jpg


現在の運賃は、地下鉄通常時間帯で640ペソ(約115円)。2時間以内の乗り換えなら地下鉄+バス2回かバスのみ3回まで乗れます。ただ、5,000ペソをチャージしても7回しか乗れないので、いつの間にか残高が不足しているなんてことも。そして、料金は年に数回値上げされていますので最新情報や時間帯・乗り換え条件はウェブサイト で確認してくださいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Panchita

チリ・サンティアゴ特派員のPanchitaが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

チリチリ/サンティアゴ特派員
名前:Panchita

Panchita

何の因果かチリ人の夫に巡り合い、もうすぐチリ通算10年目。その間、北部都市アリカから南端プエルト・ウィリアムスまであちこちを旅してきましたが、チリは広く未達の地も多く残っています。現在はサンティアゴ在住で、調査や翻訳などの仕事で日々新聞やテレビのニュースと格闘中。たまに温泉に行くことを楽しみにし、どんどん発展していくサンティアゴを体感しながら毎日を過ごしています。 DISQUS ID @disqus_GCSP6HnaGR

サンティアゴ特派員トップにもどる

サンチャゴを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンティアゴ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > チリ > サンティアゴ特派員 > サンティアゴっ子の足"トランサンティアゴ"を利用するには

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について