トップ > 北米 > アメリカ > サンタモニカ特派員 > サンタモニカ旅行、気になる食費は?

アメリカアメリカ/サンタモニカ特派員ブログ

サンタモニカ旅行、気になる食費は?

カテゴリー:お金・通貨・両替 / レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年4月20日

海外旅行では、やはり外食も食文化の経験ということで旅行日程の中では楽しみの一つなのではないかと思います。米国では特にチップ(心づけ)の制度が浸透しているため、正規の値段に税金とチップを加えると、最終合計額は元の値段に30パーセントほど上乗せした額になります。サンタモニカの消費税は10.25パーセント。そしてチップは基本的に、税金を含む前の合計額に対して15パーセントから20パーセントほど上乗せして払う習慣になっています。なので、例えば10ドルの食べ物を注文したなら税金が1.025ドルで、チップが1.5ドルから2ドル程度。合計が12.5ドルから13ドル程度になります。チップの計算は面倒なので、最近では伝票の下に参考になるチップの額が書かれている場合があります。「15パーセントはこの額で20パーセントはこの額です」といった具合に分かりやすく表示されているのです。そして気になる外食の相場ですが、具体例を挙げてみるとこのようになります。

Food_pic_1.jpg

一般的なレストランでお昼を食べた場合、主食の一品が12ドルから25ドルほどかと思います。ドリンクは3ドルから5ドルほどです。例えば、14ドルのサンドウィッチと3ドルのアイスティーを注文したなら合計額が17ドル(1825円)ですが、そこに税金が1.7425ドル加わり、チップを3ドルほど置いたなら、21.725ドル、つまり22ドル(2362円)ほどになります。レストランでお昼を食べる場合はこのような額が典型的かと思います。

Food_pic_2.jpg

そして夕食を一般的なレストランで食べた場合は、主食の一品が18ドルから30ドルほど。お酒はカクテル一杯13ドルから18ドルほど。ワインのグラス一杯が14ドルほどです。デザートは一品、8ドルから14ドルほどです。レストランで28ドルのステーキと赤ワインを一杯注文したなら、合計額が42ドル(4509円)です。4.3ドルの税金と8ドルのチップを含めると最終合計額が54.3ドル(5830円)になります。

Drinks_pic_1.jpg

Food_pic_3.jpg

セルフサービスのサラダバーやテイクアウトの食べ物だと、チップを残さなくても良いので節約になります。またお酒は、ハッピーアワーを利用すると安く済みます。旅行の予算計画に参考にしてみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

金子 ゆかり

アメリカ・サンタモニカ特派員の金子 ゆかりが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンタモニカ特派員
名前:金子 ゆかり

金子 ゆかり

ロサンゼルス在住暦20年。カリフォルニア州立大学ノースリッジ校を卒業して以来アーティストとして様々なゲーム制作に参加。参加した作品には、コールオブデューティーやスカイランダーズなどの大ヒット作が含まれます。多忙な制作スケジュールの合間には旅行が趣味。アメリカ国内旅行やヨーロッパ旅行は経験豊富です。地元ロサンゼルスではいつも新しい発見を探し続けています。 DISQUS ID @disqus_qHGdM64Igf

サンタモニカ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンタモニカ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンタモニカ特派員 > サンタモニカ旅行、気になる食費は?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について