トップ > 北米 > アメリカ > サンタモニカ特派員 > 太陽が欠ける日。日食観測の仕方あれこれ

アメリカアメリカ/サンタモニカ特派員ブログ

太陽が欠ける日。日食観測の仕方あれこれ

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / 天気・気候・気温 / 生活・習慣・マナー / 自然・風景 投稿日:2017年8月23日

アメリカを横断して皆既日食が見れるということで全米興奮気味に始まった8月21日ですが、ロサンゼルスからは60~70パーセントほどの部分日食を観測することができました。午前9時辺りから徐々に日食が始まり、午前10時17分に日食の頂点に到達です。あいにく空には雲が目立ち、太陽は見え隠れしています。朝から鳥のさえずりもなくなり、奇妙な静けさが漂っています。

Eclipse_sky_iPhone.jpg

そして午前9時45分辺りに会社に着くと駐車場で何人かの同僚が早速観測中。日食観測用のフィルターで作られた眼鏡を拝借して除いてみると確かに太陽が欠けて見えるじゃあないですか。分かっていたものの感動を抑えきれず「すごいね!」の一言。そして、日食グラスのない人は双眼鏡を使ってこんな観測の仕方もしています。

Eclipse_binocular.jpg

なかなかよく見えます。そして更に準備不足の人は会社のキッチンから持ってきたリッツクラッカーの穴を使ってこんな観測の仕方も。

Eclipse_cracker.jpg

ちなみに、裸眼で日食を見ることは危険とされており、サングラスを通しても目を傷めてしまうので必ず直接に見る際にはこの日食観測用の眼鏡を使用してくださいとNASAから事前に警告が出ていました。なので、日食グラスを用意して来なかった人はこういった反射を通して間接的な観測の仕方となってしまうのです。これはこれでいろいろな観測の仕方があって面白いかなと思います。
頂点の10時17分には周りの景色に灰色がかり、薄暗いというよりもどんよりとした霧に覆われたかのようです。それもほんの2,3分すると太陽の日が差しすっかり明るくなってしまいました。
やはりiPhoneだとうまく写真が撮れずにフィルターを通してなんとか撮った写真がこんなです。まるで三日月を見ているようでした。

Eclipse_peak_iPhone.jpg

皆既日食には届かない部分日食でしたが、なかなか楽しい経験でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

金子 ゆかり

アメリカ・サンタモニカ特派員の金子 ゆかりが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンタモニカ特派員
名前:金子 ゆかり

金子 ゆかり

ロサンゼルス在住暦20年。カリフォルニア州立大学ノースリッジ校を卒業して以来アーティストとして様々なゲーム制作に参加。参加した作品には、コールオブデューティーやスカイランダーズなどの大ヒット作が含まれます。多忙な制作スケジュールの合間には旅行が趣味。アメリカ国内旅行やヨーロッパ旅行は経験豊富です。地元ロサンゼルスではいつも新しい発見を探し続けています。 DISQUS ID @disqus_qHGdM64Igf

サンタモニカ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンタモニカ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンタモニカ特派員 > 太陽が欠ける日。日食観測の仕方あれこれ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について