トップ > 北米 > アメリカ > サンタモニカ特派員 > ホームレスに声をかけられた場合の対応

アメリカアメリカ/サンタモニカ特派員ブログ

ホームレスに声をかけられた場合の対応

カテゴリー:お金・通貨・両替 / 治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2016年8月18日

夏の観光シーズン。サンタモニカを訪れる観光客も増えているようです。サンタモニカに住んでいると、ホームレスに出会うことはほぼ毎日あります。観光で訪れる方も必ず一度は遭遇するのではないかと思われるホームレスとの一場面。ホームレスだからと言って危険だとか怪しいと決めつけてしまう必要はありません。はっきりと意思表示をするとほとんどのホームレスは問題なく立ち去ります。今回は、日常でホームレスに声をかけられた場合の対応の仕方を紹介いたします。

1.まず物乞いをしてきた場合。
「Do you have some change?」(小銭ありませんか?)
「Do you have some food?」(食べ物ありませんか?)
対応の例。
「I'm out.」(何もありません。)
「Here you go.」(これあげます。)
2.もっと具体的に物乞いをしてきた場合。
「I need to take a bus and I need a dollar. Do you have a dollar?」(バスに乗るために1ドル足りないのです。1ドルありますか?)
対応の例
「I don't have anything. I'm sorry.」(ごめんなさい。何も持っていません。)

個人的に遭遇した例をいくつか挙げますと、このようなものがあります。

まずレストランでの食後に残ってしまった食べ物をテイクアウトにして、外にいたホームレスにあげようとしたときのことです。
私:「Do you want some food?」(食べ物いりますか?)
ホームレス:「Is this seafood?」(魚介類ですか?)
私:「Yes.」(そうです。)
ホームレス:「I don't eat seafood.」(魚介類は食べないのです。)

これはサンタモニカの高級スーパーマーケット、ホールフーズの外で起きた出来事。
ホームレス:「Do you have Kale salad?」(ケールサラダありますか?)
私:「No, but I have a cookie. Do you want it?」(ありませんがクッキーならありますよ。食べますか?)
ホームレス:「No, I want Kale salad.」(いりません。ケールサラダがいいです。)

小銭が手元にあるとあげる場合はありますが、私の場合ほとんど「I don't have anything.」で通り過ぎます。まったく何も言わずに無視するより、はっきりと意思を伝える方がホームレスもすぐに立ち去ってくれます。何も言わないと、もらえるのではないかという可能性に期待して逆にしつこくなってしまうこともあるので注意してください。それでは皆さん安全な旅を。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

金子 ゆかり

アメリカ・サンタモニカ特派員の金子 ゆかりが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンタモニカ特派員
名前:金子 ゆかり

金子 ゆかり

ロサンゼルス在住暦20年。カリフォルニア州立大学ノースリッジ校を卒業して以来アーティストとして様々なゲーム制作に参加。参加した作品には、コールオブデューティーやスカイランダーズなどの大ヒット作が含まれます。多忙な制作スケジュールの合間には旅行が趣味。アメリカ国内旅行やヨーロッパ旅行は経験豊富です。地元ロサンゼルスではいつも新しい発見を探し続けています。 DISQUS ID @disqus_qHGdM64Igf

サンタモニカ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンタモニカ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンタモニカ特派員 > ホームレスに声をかけられた場合の対応

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について