トップ > 北米 > アメリカ > サンノゼ特派員 > 【コミュニティ】 ジェンダーレスの公衆トイレのお話

アメリカアメリカ/サンノゼ特派員ブログ

【コミュニティ】 ジェンダーレスの公衆トイレのお話

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2022年5月31日

ここ数年、ベイエリアではジェンダーレスの意識が高まっているように思います。
例えば、英語の代名詞のShe/Heを使わず、Theyを自分の代名詞に使ってほしい、という要望を電子メールでたまに目にします。生活で一番身近な事例は、公衆トイレのジェンダーレス化かもしれません。


PXL_20220429_214459910.PORTRAIT.jpg


女性マークと男性マークが一緒に並んでいるマークを見れば一目瞭然ですね。このトイレは、女性、男性、どちらの方も使える公衆トイレです、という公衆トイレのドアのマークです。ジェンダーレストイレにはこういう表記マークも使われています。


PXL_20220426_235757536.jpg

PXL_20220429_214517182.jpg

PXL_20220429_214510723.jpg


すべての公衆トイレがジェンダーレスになっているわけではありません。しかし、ベイエリアにいらしたとき、自分とは違う性別の方がトイレから出てきても驚かれないように、心構えをされておかれたら、と思います。


ついでに、こちらでの公衆トイレの設備についてご紹介します。こちらのトイレは日本で言うところの洋式トイレで、便器に直接座るタイプです。そのため、肌の直接の接触をさけるため、使い捨ての流せる便器カバーが各個室に備え付けられています。大体便器の後方か、側面の壁上にこういう取り出し型スタイルで設置されています。


PXL_20220427_191813309.jpg


それを引き出して


PXL_20220427_191824578.jpg


こういう風に便器の上に置きます。


PXL_20220427_191905031.PORTRAIT.jpg


使用後はそのまま便器の中に流してしまって大丈夫です。なお、洗面所の傍らにはこういうペーパータオルや乾燥機も設置されています。アメリカ人はまずハンカチを携行する習慣はないようで、トイレには必ずペーパータオルか乾燥機が設置されています。コロナ禍で乾燥機は使用を控えるよう指示がされたのは記憶にも新しいですね。昨今、手洗いの後はもっぱらペーパータオルを使用して水分を拭き取ることになっています。


PXL_20220427_192003412.PORTRAIT.jpg


こういうマークが有るペーパータオル容器の場合は、この手のイラストにそって、距離をとって(イラストに手が接触している必要はありません。遠隔操作で)手を平行に動かしてください。


PXL_20220427_192007806.PORTRAIT.jpg


こうやってペーパータオルが出てきますので、それを引きちぎって使用します。


PXL_20220427_192022538.jpg


最近は、もしかしたら日本の公衆トイレもこういう仕組みになっていたりするかもしれませんね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

かん

アメリカ・サンノゼ特派員のかんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンノゼ特派員
名前:かん

かん

中国留学をきっかけに、異文化間交流に興味を持ちはじめました。 ヨーロッパ系アメリカ人の夫・子供と一緒に、カリフォルニア州サンノゼ市で仲良く暮らしています。サンノゼ近郊を中心に、心がワクワクする観光名所や美味しい場所、カップルでも家族でも、また仲間とででも楽しい経験ができる情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_IMeUERd8FP

サンノゼ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンノゼ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンノゼ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンノゼ特派員 > 【コミュニティ】 ジェンダーレスの公衆トイレのお話

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について