トップ > 北米 > アメリカ > サンノゼ特派員 > 【公的情報】カリフォルニア州からの帰国者等の検疫所指定施設での待機期間等の変更

アメリカアメリカ/サンノゼ特派員ブログ

【公的情報】カリフォルニア州からの帰国者等の検疫所指定施設での待機期間等の変更

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 投稿日:2021年12月31日

在サンフランシスコ日本国総領事館より、2021年12月27日(月) 16:10の時点で、在留届・たびレジ・メルマガの登録者向けの配信メールを受信しました。
昨今のオミクロン株の感染状況を鑑みて、カリフォルニア州から日本に入国を希望する場合の検疫所長の指定する場所による待機日数が、3日から6日に変更される旨の通知でした。以下、転載いたします。


●米国カリフォルニア州に居住・滞在し、令和3年(2021年)12月30日午前0時(日本時間)以降に日本に帰国・入国するすべての方は、ワクチン接種証明書の有無にかかわらず、入国時に検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で、「6日間待機(入国日は含まず)を求められ、入国後3日目及び6日目に改めて検査を受けていただく」ことに変更になる旨発表されました。2回の検査の結果、問題が無かった場合は、残りの期間(入国翌日から起算して14日間)は自宅等での待機となります(30日午前0時よりも前に入国した場合には3日間の宿泊施設での隔離+自宅等での隔離)。
○新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(外務省)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C171.html


●日本への帰国・入国にあたっての基本的な流れ(出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明の提出、誓約書の提出、スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用、質問票Webへの登録、到着時のコロナ検査等)に変更はありません。
○水際対策に係る新たな措置について(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html


【問い合わせ窓口】
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
 日本国内から:0120-565-653
 海外から:+81-3-3595-2176(日本語,英語,中国語,韓国語に対応)
○出入国在留管理庁(入国拒否、日本への再入国)
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446,4447)
○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)一部のIP電話からは、03-5363-3013


在サンフランシスコ日本国総領事館
Consulate-General of Japan in San Francisco
TEL:(415)780-6000
HP : https://www.sf.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
■本お知らせは、ご本人にとどまらず、家族内、組織内で共有いただくとともにお知り合いの方にもお伝えいただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

かん

アメリカ・サンノゼ特派員のかんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/サンノゼ特派員
名前:かん

かん

中国留学をきっかけに、異文化間交流に興味を持ちはじめました。 ヨーロッパ系アメリカ人の夫・子供と一緒に、カリフォルニア州サンノゼ市で仲良く暮らしています。サンノゼ近郊を中心に、心がワクワクする観光名所や美味しい場所、カップルでも家族でも、また仲間とででも楽しい経験ができる情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_IMeUERd8FP

サンノゼ特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

サンノゼ(カリフォルニア)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

サンノゼ特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > サンノゼ特派員 > 【公的情報】カリフォルニア州からの帰国者等の検疫所指定施設での待機期間等の変更

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について